タイガーマスク運動

今年に入って、各地の児童養護施設に「伊達直人」の名前でのランドセルの寄付が相次いだ。テレビ報道で派手に取り上げられたこともありあっと言う間に拡がりを見せ、ついに全国制覇とか…タイガーマスク=伊達直人では目立たぬと、星飛雄馬、鉄人28号、伊達政宗。寄付品も現金や金塊まで登場、「祭り」の様相を示してる。
e0001663_14254879.jpg
いや、悪いことじゃないよねぇ。なにか違和感を覚えるとの意見の方、おそらくは純粋な寄付の志より面白がってる「ノリ」が勝ってるのが嫌なのだろうが、形にならない志ではお腹は膨れないのだよ。たとえば、もし仕掛けがパチスロタイガーマスクのSANKYOだったとしても、現実に施設に寄付が渡り、ノリの寄付者もいい気分になり、ニュースの視聴者もほのぼのする…良いことずくめではないの。

いやいや、この現象になんかムカついている層が別に居るぞ。本来、この国では弱き者に手を差し伸べるのは「お上」でなくてはならないと考える方々なり。民が努力して財を得るのはあくまで「お上」の下請けの立場をわきまえてのこと。これを配分する聖なる権限を民の分際で行使するとは怪しからん・・・と。

欧米に比べ、寄付という行為に対する税制の優遇が整備されていないのはそういう思想に基いてると思われるので、ランドセルに贈与税課税しようと寄付者の割り出しに取り掛かっているのではないかな。・・・地検特捜部の出番?
by cegero116 | 2011-01-16 14:01 | 世情 | Comments(0)