許し難い暴言

スマートフォンならケータイサイトではなく普通のパソコンサイト書けると気がついての初投稿。入力方向が違うわけではないので、ストレスは変わらない。ひょっとして、使う端末で思想まで変わってしまうかも…軽い思想だ。

ま、書く練習なので他愛もない時事ネタ…いつだって他愛もないネタ^^。ちょっと前ではあるが、菅首相のいと勇ましき発言「許し難い暴挙」について。この方が何を考えて総理大臣を務めておられるのかがよくわかるお言葉であったから。

そもそも市民運動家出身の叩き上げのリベラル、が持ち味でここまで来られたのではなかったのかな?首相になって、学べば学ぶほど領土問題の重要さに目覚めた、と言うならそれもよかろう。官僚の作文を朗読しただけ?…いや、佐藤優氏曰くの愚かな日本外務官僚でもこうは書くまい。北朝鮮のテレビでピンク服着たおばさんが使う用語に近い。あ、思想的出自がそこだからか。

櫻井女史や高山教授、マンガ小林が何を言ってもそれはひとつの意見。野の論客だった時はひとつのご意見居士でよかったと思う。首相ってのは役人の頭目、「為政者」の名のごとく何かを為すために行動せにゃならんのよ。「許し難い暴挙」と、宣戦布告みたいな言辞で挑発して何か腹案でもあるのかな?言うべきことをちゃんと言っといたもんねー、だけでは屁のつっぱり。歴史的にどうこう高説垂れても「戦争で獲ったからわしのもんじゃ。」と居座ってる相手から取り戻す戦略の欠片も見えん。

今思えば、米国本土が買えるくらい金持ちだったバブルの頃、困窮するロシアの足元を見て「北方領土、買えばいいずら」と宣ったあの下品な金丸先生に先見の明があったということか。あの頃だったら島民みな日本に帰属したがったはず。いくら下品でも戦略には違いない。聞けば島の共同開発構想もお断りしたとか。ロシアの主権を認めることになるから…、でどうしたいの?信ずる道を貫けば結果がついてこなくても本望、てな考え方大嫌い!

3、4国で共同開発するうち断然優れる日本人に、この際主権を委ねようではないか、のう皆の衆…ってのは楽天すぎるかな。すぎるな。
by cegero116 | 2011-02-17 08:49 | 世情 | Comments(0)