ならぬカンニング?

なんか書こうと思ってる間に旧聞になってしまった京大入試のカンニング事件。ここへ来て山形の予備校生に対する同情論が大勢を占め、刑事告発した大学に批判が集まる傾向となっている。キャンパスに官憲を入れるな!と戦ってた学内の闘士は今回どんなスタンスなのかな?

みんな色々言っている。当初、そのトリックが判明する前は、ハイテク機器を用いた組織犯罪だとかなんとか…犯人に辿り着くのは困難であろうとかなんとか…権力がその気になれば、いとも簡単に真相にたどり着いた。コナン要らず。

しかも机のかげでケータイピコピコの原始的手口。偽計業務妨害とは、見破れなかった方の意趣返し。ついでに「カンニング」の呼称すらそぐわなく聞こえるね、竹山クン。
e0001663_1250945.jpg
更に、ネット経由で誰かが即座に答えてくれるような知識なら、覚えることないじゃん、wikiも知恵袋も駆使していいから創造的な思考を試すような試験があってもいいじゃん、とね。歩く電卓付き百科事典ばかりでは国家の未来が危うい、とね。

どんなくだらぬ課題であっても全力を尽くして解決にあたる愚直さこそ、これが日本の生きる道〜との意見もなかなか説得力があり、教育問題として多様な議論が必要でしょうな。

で、私見ですが、そこまでして入ってもあんまり大したことないよ、その大学。その熱意とテクニックがあれば、もっと別の道でもやってけるって。めげるな、ファイト!
by cegero116 | 2011-03-10 12:50 | 世情 | Comments(0)