半端ない

e0001663_14335769.jpg最近よく聞く言葉「半端ない」…最近ではないかもしれないが、違和感のある台詞だ。半端ではない、半端じゃないを縮めて「スゴい」の意味らしい。半端がないのならきっちり割り切れるのだね、ともとれないか?

「半端者」の語感からは、標準よりかなり出来の悪いレベル示していると思うので、半端じやないなら普通であって特にスゴくないのでは?との意見もネットにあった。尋常じゃない、並大抵じゃないなら普通より上でスゴいと言えると思うのだが、尋常ないとか並大抵ないとかは言わないようだ。

ついでに、状態・程度を示す名詞に「じゃない」を続けて、かつ慣用句となってるものを思いだそうとしたが、意外と無い。苦しんでやっと思い付いたのが「容易じゃない」…なんで苦しまなければならんか解らんが…これなども「容易ない」と縮めて「とても難しい」の新語になるのではないかな。

【用例】
半端ない原発事故の処理を、東電だけで対応するのは容易ない。

…「用意ない」としか聞こえないな。それでも意味は通ってるが。
by cegero116 | 2011-04-12 14:33 | 世情 | Comments(0)