オカマの馬鹿

e0001663_1441124.jpgオカマは決して馬鹿ではつとまらない。誤解めさるるなマツコさん…民主党代表選の話です。

まるで回転ドアのように日本の首相は交替する、とお嘆きのアメリカは、一年以上もかけて予備選を繰り返して一人づつ脱落させ、最後に大将同士の一騎討ち制度。番組としては絶対こっちの方が面白いし、候補も切磋琢磨されたのが残る。首を捻るのはよくわかるが、トップなど誰であってもちゃんとやってゆけるくらい成熟しているのだよ、我が国は…とでも言っておこう。

んで、また馬鹿の顔から「樽」が脱落してオカマの馬鹿。昨日になって小沢軍団が海江田氏の支持を決め、前原誠司氏との勝負になった模様。小沢一郎さんとしては来年に向けて軽めの帽子か古めの帽子がお望み、藤井・輿石・西岡、諸翁にもお声掛けだったとか。まこと、総理選びは人気投票に非ずと看破しておられる。今回もおそらく一年草の落葉樹。で、私の寸評と予想。

オ:鋭仁さんではな。一郎さんならな。脱落一番手。
カ:海江田さん。…根拠なく原発の安全性を確認した超人。泣くやつはダメ!
マ:前原君。ディフェンスがなってない。すぐに火だるま。菅ほどもたぬ。
の:自民党と霞ヶ関の擁立候補…と呼ばれる行動、空気読めてない野田。
馬:次か次の次、だな。が、オバマにならんとも限らぬ。かすかな期待。
鹿:誰それ?

馬淵君がイチローさんと組んだらな、と思いつつ、たぶんあり得ないので一年くらい海江田氏でもしゃあないか…と、なんか怪しげな投資商品の提灯持ち経済評論家に見えるのは私だけ?ま、いいか、一年くらい。
by cegero116 | 2011-08-27 14:41 | 世情 | Comments(0)