制裁決議

中国歴代帝王系譜、中世〜近世までのヨーロッパ興亡史、共通するのは血筋を守り権力を子孫に伝えることが究極の目的であること。日本史も例外に非ず。いわば、動物が子孫を残すことを唯一の目的として命を繋いでることの単純な延長線なのだね。いや、植物だって同じか。

歴史はこのDNAに逆らってか昇華させてか、君主制を捨てて民主制や共和制を産んだ。ロシアやフランスのように血塗られた交替と、英国・日本の軟着陸と、若干差はあるが国家統治システムにおいて概ね人類はDNAを克服したと見える。

そんな中、佐渡島のトキより珍しい独裁世襲の国家、民主主義でゆも人民でも共和国でもない北朝鮮の三代皇帝が、人に食い物恵んでもらいながら人工衛星の発射を行うらしい。言わずもがなの弾道ミサイル実験。語るに落ちることは自分でも解っていての、核開発と併せより多くの支援を引き出すための瀬戸際恫喝戦略なんだと。

どんな言葉使って非難しても、その言葉の虚しさに脱力せざるを得ないアホらしさ。三代目がこれまでの誰に似た最期を迎えるのか…

・夏桀殷紂
・煬帝
・カダフィ
・ルイ16世
・ムソリーニ?

なんてことを考えてて、昨日のテロップサイトにこんなの発見。制裁決める会議も脱力してるなぁ。

e0001663_2343343.jpg

by cegero116 | 2012-03-18 23:04 | 世情 | Comments(0)