受けて立つ

あと20日、5月5日になると日本国内の原発がすべて止まる。こどもの日とかぶってるのが残念なので、翌日6日を原発駆除の日として国民の祭日とし、連休を更に大型にしてはどうだろう…と思っておった。ゼロにしてしまったら再稼働は更に難しくなると、関電に言われたかヨネクラに脅かされたか、課税夫のノダが大慌てで大飯の原発は安全です、とエダノを使いに出して福井県にお願いに出かけさせる。醜態!んなもんを、目先のちっちゃなスケジュールで決めるなよ。祖父さまの誕生日に間に合わせようと、半端なミサイル撃ってぼちゃんの三代目と発想が変わらんぞ。

専門家が安全とは言わんもんだから、政治判断・この四人が責任持つ…って、何万年責任持つのん?たぶん半年で誰も居らんし。また上手いことこの波を捉えて「許さぬ!民主党を倒す!」と国政進出の奇禍とした橋下くんに、「受けて立つ」と輿石東幹事長…挑発に乗って相手のフィールドに降りて行く愚、喧嘩下手じゃなぁ。まぁ、受けて立つって顔ではない。貧乏神、というより死神?というより死に化粧する前のご遺体、白い布がよく似合う。歌丸師匠に犯罪者の弟が居ればこんな感じか?
e0001663_23471431.jpg
なんて、見た目にイチャモン付けててもしゃあないな。トリックスター市長の挑発を受けて立つのに、日の丸君が代問題で対峙するならまだわかる。そもそも反戦反核の日教組の闘士でなかったの?原発と増税のごり押しで「あの戦争に突き進んだ政治と同じだ」なんて言われてるんだぞ、あの橋下に。

総括の日は近い。
by cegero116 | 2012-04-15 23:47 | 世情 | Comments(0)