難く捜索

e0001663_23332588.jpg溢れるニュースの中で、ここ数日のトップニュース。滋賀県皇子山中学校生徒の自殺(?)に派生した教育行政と学校に警察の家宅捜索が入る。できれば触れずにすませたかった陰湿ないじめ事件。やりきれない事実を無視してしまいたい気持ちが流されてしまう、津波のように。

一種、考えられない光景ではある。学内で爆弾作ってても人殺ししてても、官憲の介入は許さん、なんて言ってたぞ、わしらの頃。なんのしがらみがあったのか、被害届を三回門前払いして批判されてた警察も面子があるわな。…しかし、捜索された側に犯罪者の自覚が見られない。なんか普通に公務員のクレーム係務めてるかの如し。ご指摘を真摯に受け止め適切に対応したいと思います…度し難し。

いじめなど昔からあった。いじめられて死ぬ方がダメなのであって、遅かれ早かれ淘汰される人間だったと思おう…よくは知らんが初年兵で上官からの虐待を生き抜いた方が喝を入れておられるのだろう。その頃はよい時代だった?ネットなんぞがいらんこと囃すからこんなことになるんじゃ、嘆かわしい…度し難し。

この件に関してはネットがあったからほんの少しだけ正義に振れたのだと思う。いじめ加害者の実名や住所、親の勤務先まで晒され、社会的制裁を受けてる…法的不公平はこの際置いといて、、絶対的見せしめに供するのが落としどころでいいかな。自業自得?…因果応報?

書きたくなかったな。
by cegero116 | 2012-07-13 23:33 | 世情 | Comments(0)