ハマコー逝く

e0001663_20221427.jpgこんな人でも死ぬんだ…そんな感想は失礼極まりないとは思うが、つい最近までTVでぶいぶい言わせたり、ツイッターで「監獄なう」なんて呟いてお茶目で元気な老人だと思ってた。詐欺だか恐喝だかで捕まった時も、そのヨボヨボ感がどう見ても同情を買うための演技だと確信していた。それでも人は亡くなるんだなぁ、メメント・モリ、だよなぁ。

良くも悪しくも昭和の政治のプロトタイプ。右も左もどんな綺麗なことを語る政治家も、その正体は全てハマコー。一、二枚薄皮をかぶったのが野田で四、五枚化けの皮で変装してるのが橋下。仕上げを取り払ったコンクリート打ち放しビルみたいな政治家だったのだな、ハマコー。

毀誉褒貶、と言うより毀と貶ばっかりな気もするが、退場させてしまうにはとても惜しい政治家。ご冥福をお祈りします。
by cegero116 | 2012-08-06 09:26 | 世情 | Comments(0)