はい、甘い

指揮官が暴力団利益供与事件で逮捕され、6月以降の試合が全てエキジビションになってしまったセ・リーグ。あろうことかエキジビションとは言えその指揮官が胴上げされると言う茶番があったらしい。深刻な事態への無反省を示す出来事だ。

これと同病なのが代表戦という名の野党の党首選び。なんの盛り上がりもなくそそくさと終わった。有力そうな対抗馬は潰して員数合せに小物見繕って選挙のふりだけ整えたものの、表に出て一回ブーイング浴びただけで即中止。現状の深刻さに背を向けた無反省を示しており、負けようとしてるかの如くみえるが、邪謀遠慮の総理の確たる戦略が浮かんでくる。
e0001663_8373866.jpg
打って変わって盛り上がってるのが自民党総裁選。「あたまはいいこ」からタコが抜けたので、「いまは愛」?「まあ、位牌!」?「は?あいまい」…意味を為さないな 。「はい、甘い」くらいか。今朝も病気療養候補(?)の「ま」を除いた四人がみのの朝ズバに雁首揃えて出ていた。ま・ぬけになった^^。みのもんたの失言誘導にぼろぼろの対応しかできとらん石原に替わってみのさんが出ると「みいはあ」で辻褄が合うのだが・・・。

安倍某の言葉も相変わらず。以前首相を務めた時の実績ばかり語るものの、主語・述語がパラパラで最終的に何言ってるかわからん。潰瘍性大腸炎は人を成長させる病ではないのだな。「なんやこいつ、にゃあにゃあと!話し方教室からやり直せ!」とは、我がクライアントY社長の箴言。

石破さんも相変わらず。「伝える力」は池上さんにも比肩。この丁寧なもの言い、物腰が長老どもに不人気なのだそうだ。未だになぜあの時政権を失ったのかが解っていない。・・・顔以外は合格です、石破さん。

マラソン一般参加の川内クンみたいな林候補は置いとく。で、近未来を予想してみると、長老ご愛顧のサティアン石原が地方票トップの石破を逆転、自民党総裁となるも、総選挙では完全にそっぽを向かれ、圧勝のはずの総選挙で中途半端な勝利。再会国会では野田氏に手もなくひねられ、保守合同党新総裁野田佳彦となるとみた。既に党を売り渡してしまった野田氏の邪謀遠慮ここにありと思っているのだが・・・当たったら哀しい予想だな。
by cegero116 | 2012-09-24 08:37 | 世情 | Comments(0)