蟷螂のオスプレイ

e0001663_9353157.jpg
沖縄普天間米軍基地に軍用ヘリコプター「オスプレイ」が配備される。計画発表以来、知事、市長はじめ県民一体となって猛烈な抗議活動が続けられてたにもかかわらず…その抗議、蟷螂の斧ですらないな。そう言えばこやつ、カマキリに似てなくもない。

TVではその飛来光景をまるでスーパーマンのように伝える。「ビルだ、ジェット機だ、いや、オスプレイです。」のノリ。名前までいかがわしく感じるのだがOspreyをオスプリーと表記してれば少しはましだったのではないかな。そこじゃないか。

そもそも戦闘用ヘリ。遊覧船ほど安全第一に設計されてるわけではないと思う。こやつを追っ払って、老朽化したポンコツヘリが飛んでる分には構わない…わけではないだろう。そもそも小さな県の中心街普天間に基地があることに根本の問題があり、何十年訴えても何一つ進めない本土の政府に対する憤りが、こいつに向かってるだけ。中国の反日暴動と似た構図。サイバラ画伯は「好きでたまらないコのバンツを盗んで恍惚に浸るうち、そのコのことは忘れてパンツだけを愛でるようになるようなもの。みんな、具を見直そう!」と…的確なのだが、なんか…。

そんな危ないもの、運転してるアメリカ人が一番怖いと思う…は家人の意見。米国の想いはこれに近いんじゃないかな。こんな遠いとこまで出掛けて護ってやろうつってんのに、もぉ。わしら、ほんまに居らんようになってええの?てなとこ。我慢強いと思うよアメリカ。

罪はなんの根拠もなく「十分な安全が確認されました。」とその場しのぎの嘘を吐く日本政府。根拠がないだけではなく、先への展望にも全く欠ける。軍用機なんだからいずれ落ちる。その時はほんとに取り返しのつかないような基地反対運動が燃え上がって、戦車でデモ隊踏み潰すような事態になるぞ。「想定外の事態であって、安全宣言そのものに誤りは無かったと考えます。」…原発事故とも同じ構図だ。

最低でも県外、と言って撤回して沖縄を愚弄した最低な総理も居たが、これも枝葉。地政学的に沖縄に米軍駐留してほしいのが日本だということを認めた上で、沖縄に何がしてあげられるか…案はあるが、言うと怒られるから言わない。
by cegero116 | 2012-10-02 09:35 | 世情 | Comments(0)