ついて違憲

e0001663_1862553.jpg一票の格差が2.何倍のまま行われた先回の衆院選が、憲法の下の平等に反するとの訴訟、選挙のたびの行事となり、違憲だが無効ではないとのいつもの判決。制度改革を促すために有効なのかもしれんが、いいかげん時間と費用が無駄ではないか、と何故誰も言わん?あんな沢山の弁護士先生と裁判官の給料、誰が払ろとるん?

所詮、議員の選び方。風向き次第でどうなと変わる。きっちり国民の一票が等価値だったら民主勝ったの?出た結果が民意が正確に反映したことになるのん?リベラル語るのが商売ならそれはそれで方丈が馬の口。結果解ってて公金食うな。

一票の平等、で目の敵にされてる田舎の議員、国民の数て割るからいかん、議員数を選挙区の面積で割るとわしらは都会に差別されとるんじゃ、と…なるほど、国土を守るのも政治家の義務じゃもんな。
by cegero116 | 2013-03-07 18:05 | 世情 | Comments(0)