寂しいね、サッチャー

e0001663_8503045.jpgサッチャーがね、遠くへ逝くってほんとかな…と、現代英国中興の祖、鉄の女マーガレット・サッチャー元首相の訃報を聞いて、こんなつまらん地口を思いつく。お付き合いがあったわけではないのでとくに寂しくはない。

新聞にはレーガン氏とのツーショット。当時日本はは中曽根内閣だったかな。冷戦末期、ソビエト・中共に対抗して西側が最も右寄りに団結していた時代。サッチャー語録が掲載されてる中で「英国を社会主義で治そうとするのは、白血病をヒルで治そうとするようなものだ。」が秀逸。ヒルに血を吸わせても白血病は悪化しないのでは?と、深く味わうと意味不明だが、インパクトあり。

冒頭の戯れ歌の元歌「さっちゃん」、実は10番まである怖い歌だとの都市伝説。曰く、さっちゃんは駅で人に押され線路に転落、電車に轢かれて亡くなり、遠くへいっちゃう…下半身を失ったさっちゃんは怨みを抱いて君のところへ足をもらいに来る…これを避けるのにはバナナを供えて同じ内容のメールを10人に送る…よくあったチェーンメールの一種。

話がそれてしまった。
by cegero116 | 2013-04-09 08:50 | 世情 | Comments(0)