薄煕来被公訴

e0001663_20573697.jpg
土曜日、ホテルの部屋に届けられた新聞広州日報。少し前の政争に敗れ獄中の人となった薄煕来氏の公訴がトップ記事。大権力者薄一波氏の子息で、主席とか狙える立場にいた人じゃなかったっけ。打黒(?)とかの綱紀粛正キャンペーンが、共産主義の原点回帰と嫌われ、世俗派(?)に汚職の罪で断罪されこうなったとか…全くニュースうろ覚え。全然違ってるかも。

ただ、何となくこの感じ、昔見たなと。あの四人組一斉摘発の時だ…まだ学生だったが、結構驚いた覚え。江青、王洪文、張春橋、姚文元だっけか。なんも知らんのに毛沢東の正当な後継者たちで、特に王洪文氏は輝ける青年指導者だと思ってた。直前まで批林批孔だの批林批鄧だの、綱紀粛正キャンペーンやってたのが一夜にして罪人に。今思うと、当時衝撃を受けたワタクシは毛沢東が偉い人で鄧小平が悪い人だと思ってたのだね。なんとも…。

四人組当時の中国を知っている訳ではないが、その鄧さんのおかげでこんなにまで爆発発展した国でワタクシ、お仕事させていただいてる。何もかもが変わったに違いない、がこの新聞の被告写真を見て、40年前と変わってない部分もあるのだな、と。それこそが根幹の部分かもしれないな、と。

仕事してるとまったくわからないんだなぁ、これが。
by cegero116 | 2013-07-30 20:57 | 世情 | Comments(0)