お婆ぁ、負けや。

e0001663_21213773.jpg日本人にはよーわからんニュース。上下院のねじれでアメリカの予算が止まり、一部の政府が閉鎖。債務上限引き上げも共和党が多数を占める下院で採決してもらえず、大国アメリカがデフォルトの危機とか。これが当該法案の是非で対立してるわけではなく、共和党がとうに通った医療保険改革法案を停止か骨抜きにする為に政局にしてるってのが世界中が首を捻ってる理由。

オバマケア、と呼ばれてるこの法案、国民健康保険作るとかの抜本的なものでは到底なく、民間保険に入らせない経営者が罰金取られるとかの「はじめの一歩」的なものだったんじゃないかな。何故にそこまで抵抗するか?銃規制の件と併せて二大米国の謎と思う。

自分の身は自分で守る、政府は自由競争、自然淘汰の妨げを行ってはならない…建国以来のネイティブな思想、宗教のようなものなのだろう。大金持ちになって武装して豪邸に住むのが人として価値あること、とはなるほど普遍的だが、発達した社会主義体制を誇る日本からはオバマケアへの声援が多かろうね。

世界に少しでも目をやれば共和党さん、あんたの負けや。お婆ぁ負けや…お婆ぁは民主党に居たっけか。ちと無理なタイトルでした。
by cegero116 | 2013-10-08 21:22 | 世情 | Comments(0)