追悼、ネルソン・マンデラ

e0001663_1045328.jpg
何度も容態悪化が伝えられ、驚異的に持ちこたえていたと聞いていたアフリカの父、ネルソン・マンデラ氏の逝去が伝えられる。ずっと以前、この方を釈放したデクラーク氏を讃える記事を書いたことがあったが、訃報と共に記される詳細を読むにつけ、マンデラ氏の偉大さを改めて知る。

27年の投獄生活を耐えてなお、釈放後に憎しみを捨て人種融和を主導される。指導者としてこれほどのカリスマは二度と現れまい、波瀾万丈なだけではなくこの上ない慈愛に満ちた人生だったと。宗教に根ざして指導者となったにも関わらず、憎しみの戦争ばかりしてるなんとか師にこそ見習ってもらいたい。

しかしこの写真、逮捕・投獄前の肖像のようだが、大頭領としての温和な姿からは考えられないコワモテの印象。牢獄の看守には「女子供も平気で殺す恐ろしいテロリスト」と伝えられていたとか。そう、マンデラ氏だって誰だって、テロリストと名付ければ、法律に基づいて拘束することができるのだね、今日からは。
by cegero116 | 2013-12-07 10:44 | 世情 | Comments(0)