出る杭はひとまず抜こう

e0001663_1436567.jpg
才能・手腕があって抜きん出てる存在は、とかく人から憎まれやすい…が「出る杭は打たれる」の語意。ふと、何故「杭」なんだろうな?と。

建築物を支える杭ならば、しっかり支持地盤に到達していなければその役を果たさない。一本だけ飛び出してるとこれを打ち込むのは杭工事業者の義務である。また、境界を明示する「杭」だとしても、中途半端に出っ張っていては蹴られて曲がったりでその用をなさない。これを打ち込むのは土地家屋調査士の業務である。いずれも出っ張った杭の才能・手腕を妬んでのことではない。諺のアイテム選択がおかしいぞ。

大阪都構想、なる政治目標が議会の抵抗で頓挫しそうと再びか三度か職を投げ出し、改めて市長選をやろうとの橋下某の行動、めげないのはえらい、「出る杭は打たれ強い」と言いたいところ。が、出っ張って打たれることで、自らに才能・手腕があることを誇示したいだけのことだね。建物も支えず境界も明示しない杭が通り道に意味なく出っ張ってたら、打つのではなく一度抜いた方がよいな。

登場時よりその行動様式は一貫してぶれておらず、偉いもんだと思う。大阪府と大阪市の二重行政の無駄、府民、市民が永年苦々しく思ってきたことを目敏くピックアップして政界に潜り込む。世の中のやや右寄りの風潮を嗅ぎ付けると、何処からか必ず批判の声が上がる修飾を加えて発言。いずれも理念なき行動だが、同じような行動をとるそのまんまさんのように考える脳がないのではなく、理念などに価値はないとの理念だからだね。

ゴキブリ喰うてくれるからと、気色悪いけどドブネズミの繁殖を支持した府民、市民。共倒れにならんかなぁと思うとることだろうが、そろそろ別の獲物の方へ行きたそうだぞドブネズミ。ゴキブリが生き延びるのは残念だけどね。
by cegero116 | 2014-02-08 15:10 | 世情 | Comments(0)