税収源ここにあり

e0001663_1449076.png
消費税を上げて法人税を下げて、庶民から大企業への税負担移転を図ってなお、まだ全然足りんとな。宗教とか医療とか、怖いとこには手はつけられんと、携帯電話に課税してみるか…などシルエット男爵並みに知恵を絞って、ついに「パチンコ税」の話題が出てきた。知恵なんざ絞らずとも普通に思い付くでしょ。

拾ってきたこのバナー広告みたいなの、なにかな?100%課税で21兆円!は現実味のないただの暴論だが、今回の提言は1%で2100億円だそうな。それでもすごいね。弱いものいじめとの批判がすでにあるが、弱いもの、か?球1個1%上がって利用控えるか?10%は大丈夫じゃん。

ま、高額所得者、富裕層がパチンコに嵌まり込んでると言う話は聞かんから、庶民の娯楽なんだろ。ならば1000円使って1時間くらい楽しめて5回に一回くらい2000円になる、程度の娯楽に戻そうぞ…学生時代の私とて、そんな時代のパチンコのささやかなお客であった故。

そんなショボい産業にしてしまっては税収上がらん…で、カジノ構想ですな。自民党政策ではこれに大賛成。わたしが嵌まるのは困るので、チップ1枚10万円から、くらいにして世界からお客様をお迎えしよう。人民共和国から大挙しておいでになるよ。

パチンコの闇換金を完全合法化することに法的整合性が…とか、売上から徴収ればいいじゃん。売上を完全捕捉されることに抵抗が、とか…説得力ありません。業界になんらのダメージを与えることもないし、誰が怖くて踏み切らんのじゃろ?
by cegero116 | 2014-06-22 14:19 | 世情 | Comments(0)