笹井なことではない

昨日午後より大阪へととんぼ返り。相も変わらぬ砂漠にての宝石探し…砂地に水を撒いている~小蟻が山を引いている~の歌詞がよぎる。しかし、大きな夢の第一歩…負けんもんねー。

e0001663_15352136.jpg新幹線で読んだ週刊新潮、小保方博士と笹井教授の失楽園云々の薄汚い記事…昨日伝えられた笹井教授自殺の衝撃ニュース、記事差し替えが間に合わんかったんだな。中韓に向けて民度がどーの偉そうなこと言ってる日本の実態はこれ。泣き虫ののちゃん県議なんか問題にならん、世界を嘆かせる卑しさだ。

どのくらい凄いのか全然解らんのに言うのもなんだけど、世界の再生医療にとって計り知れない損失だとか。で、同じように解らん輩が論文捏造だとかコピペだとか恩師との関係が怪しいだとか服が気に入らんとかアクセサリーが気に食わんとか、解る範囲の下品な好奇心で叩きまくり、この事態を招いてもなおその責任を小保方博士になすりつけ、後追い自殺をワクワクと心待にしとる。NHKなんかメールを盗み出して番組で読み上げたんだぞ!指導者としての優しい励ましのメールをいかにもいわくありげに紹介したらしい…下道!

ま、便所の落書き程度のやっかみを気にして自死を選ぶのも弱きに過ぎる、気がしないでもないが、そんなとこまで打たれ強くなくてもいいと思う。二つと無いような絶対的な才能には二つ目の才がついてなくていい。大谷君は勉強できなくていいし、羽生名人は足遅くていい…どっちもよく知らないが(^^)たったひとつの宝石は、百万人の非才で守らねばならんのだ。

煮えくり返るように哀しい事件だ。
by cegero116 | 2014-08-07 15:36 | 世情 | Comments(1)
Commented at 2014-08-09 01:42 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。