コンゴともよろしく

e0001663_14543549.jpg
昨日夜見てたTV。世界で一番服にお金をかける国…コンゴの特集。なんか内戦のイメージしかないぞ。TV番組なので、そのまま受け取っていいのかどうかだけど、収入の大半をファッションに注ぎ込み、颯爽と街を闊歩する男たちが「サプール」と呼ばれ、皆の尊敬を集めているとか…ほんまか?舗装されてない土埃の道を半裸の子達が駆け回ってる環境だぞ。

ただその子達、将来サプールになりたいとインタビューに答え、常々は運転手や電気作業員を生業とするご当人たち曰く、サプールは武器を持たない、人を殺さない、平和なコンゴの国造りはサプールが担う、と誇らしいもの。写真の彼氏は服にお金を使いすぎて妻に逃げられた…と誇らしげ(^_^;)フランス植民地だった頃の気質が深く残ってるのかなぁ。

グレートブリテンからパクスアメリカーナ、次世代はBRICKSと言われた中でCHINAが突出しつつある21世紀。私が生きてるうちに見ることは無さそうだが、時流益々加速して、必ずアフリカが世界をリードする時代が来るんだろうな、の、どこか底抜けのエネルギーを見ましたな。

その時は日本をよろしくお願いします。
by cegero116 | 2014-12-05 14:53 | 世情 | Comments(0)