おながさんの勝ち

e0001663_21332299.jpg米軍基地辺野古移設可否、その一点で当選した翁長沖縄県知事、当選以来何度上京しても門前払いを食わす子供じみた対応に批判が集まると見るや、政権の要、菅官房長官が沖縄を訪れ、初めての会談をしたとの報道。丁々発止、と言えば聞こえはいいが、聞く限り知事の圧勝。現政権では唯一の筋の通った知性、なんでAloeなんかの参謀務めてるのかよくわからん菅氏にして、どうにもならない筋悪の案件なんだな。

「粛々と・・・」「この期に及んで・・・」「選挙は基地だけでは・・・」ひと言発する度に失点を重ねる。終始一貫、知事の発言にぶれない筋と周到に準備された文言が光ってたね。

ネットの世界では、知事批判が圧倒的。「地方の知事如きが国策に口出すべきではない!」「代替案も出さずに無責任」「反対ばかりしてカネはしっかりとるんだろ」等々。同じ現象を原発問題でも散見する。「反原発は科学的根拠に基いていない」「エネルギー問題をどう考えているのか」「反対するなら電気を使うな」・・・中韓になるといきり立つネトウヨさん、その実態は社会から疎外され世を恨む引きこもりさんたちが多いんだろうけど、この両テーマに対してはなんか違うような気がする。政権を失って以来、マスコミ操作こそ最も重要と気づいて蘇った影に、夜を徹して政権擁護の書込みをしている国営工作員のお仕事とみた。この二点、それだけ筋悪だという証明なり。
by cegero116 | 2015-04-06 21:33 | 世情 | Comments(0)