大阪都抗争、終結

e0001663_20272038.jpg大阪市を解体、五つの特別区を設けて府と合体させよう…との大阪都構想の賛否を問う住民投票が昨日行われ、0.8%の僅差で否決、市の存続と橋下の政界引退が決まる。大っ嫌いな愉快犯としか見てないお方だが、今回はその手腕に脱帽であった。天晴れ!

そもそも大阪の二重行政に目をつけたのがとてもシャープ。どっから見てもどうしようもない都構想…にもかかわらず69万票も獲得したのは、輪をかけて府や市の行政が腐りきってる…のを誰もが知ってるから。今回反対に回った中に腐敗物にたかる専門家…が何匹かいたので危ないところだった。専門家…マンションの反対運動にも湧いてる。

そもそも、目をつけただけで二重行政を解消して大阪を良くしようなんて爪の先程も考えてはおらんだろうし、僅差の敗北を潔く受け止め身を引くことで、引き際が見事とか逸材を失ったとか、今頃快感に打ち震えてることだろうね。

もともと改憲に信念があるわけでもなし、維新なんて組織にもなんにも未練はないだろう。あー面白かった、と会見でも仰ってたことだし、なまじ賛成可決されて十字架背負うより遥かに望ましい結果を得た、爽やかな笑顔でしたね。おめでとうございます、橋下さん♪
by cegero116 | 2015-05-18 20:28 | 世情 | Comments(0)