なんか感じ悪いよね

e0001663_1365883.jpgずいぶん古い話。安倍応援団の若手チンピラが第一弾の報道弾圧事件起こした際に、石破地方創生相が「政策というよりも、自民党なんか感じ悪いよね」と思われることを懸念しておられた。防衛オタクにしてバリバリの保守政治家と思ってたが、「ボク、党では左だと思われてるんだよね・・・」てな世相に対して、的確な卓見を最大限抑制して語ったというところ。今回の法制が思い切り筋悪で、氏の目指す憲法改定など遠い彼方に行ってしまったことに、心の底で泣きたい気分なんだろうな、と。

馬鹿の連鎖は続くもので、「Seal’sなどが語る、戦争に行きたくないじゃん、とは利己的、個人主義的な思想で、戦後教育はこんな人間を育てたのか!」なんてのも現れる。当然のごとく「お前が行け!」との反応が出ると、「政治家が戦場へ行ったら指揮を取る者がいなくなる~」・・・卑怯者とは、若干でも知能を有する者の中から現れる。なんじゃ、こいつは?「平和主義、国民主権、基本的人権の三原則が日本をダメにした!」とは、トランプさんでも街宣車でも言わんぞ。こいつはもともと、嘉田知事人気の頃、縁もゆかりもない滋賀県にやってきて反原発演説などかましながら、民主党に入れてもらおうとして断られ、自民党に拾ってもらった奴。ののちゃん西宮市議の方がましだな。

なんか感じ悪いよね、は持続し続けてくれるのかな?TV、新聞は完全に統制下に入ったと見え、デモの報道はほとんどなされなくなった。誰が授けたか世論誘導のテクニックだけは上達した政権、新国立の建設白紙とか、辺野古埋め立ての一ヶ月中止とか、害にもならぬポピュリスティックを捲いたあと、本日~15日に発表されるという「戦後70年談話」でちょっと巻き返そうとしてると見ておる。政権の向かう方向、なんか感じ悪いよね、と思う層のなかに、昔は全部中華帝国だったと言って、ひとんちの店先まで埋め立ててる中国や、何回詫びても何回賠償しても、しつこく絡みついてくるお隣に不快感を感じる層が重なっておる。

予想するに、戦前の日本の行為に対して痛切な反省を述べた上で、オワビもアワビも入ってるんだか入ってないんだか、国会答弁並みの通訳不能なのらりくらりな官僚言葉で煙に巻くんじゃないかな。信念を素直に語るから、ではなくそれに対するレスポンスを期待、安保法制の議論の中にぶち込むことで、なにがなんだかわからんようにしてしまう作戦。鳩山なんかも露払いでミッション帯びてあんな行動したんじゃないかな。案の定、「国賊!帰ってくるな!」の声が高まっとる。「強い安倍政治」アピールの地ならしになっちまったじゃないか!

折しも、規制委員会と地元行政が決めたこと、と責任かぶらずに川内再稼働させちまった。政権交代前の野田氏を思い出すに、政権選択などなんの意味もないのだなぁと虚無感すら感じる。特定秘密治安維持法の成立、財界待望の消費増税と円安誘導、国民総背番号制改めマイナンバーと、労働派遣法改正による選択的志願兵制度への道筋・・・「徴兵は憲法が禁ずる苦役に当たるのであり得ません」・・・そうでしょうとも。「法的安定性は関係ない」と言った尻からお里が知れる。今のうちにやりたいことみんなやっとけ!と性急な姿勢に若干の不安を覚えた石破さんの直感、当たってることを願う。

一人ぼっち、お盆出勤の腹いせでした。
by cegero116 | 2015-08-14 13:07 | 世情 | Comments(0)