甘利に誰かを待ち過ぎたあげくに~

e0001663_18442649.jpgもう幾つ目の遠回り道、行き止まり道、
手に提げた札束が、辞めようと言う、帰ろうと言う
うなずく私は、帰り道もとうになくしたのを知っている~

一小節、まるまる書いちまった。

はめられたとか盗撮目的だとか告発者は怪しい素性とか、いつものゲスの極み擁護が飛び交うなか、なかなか潔い辞任だった甘利さん。原発屋にして国民総背番号の親玉、とても同じ天を抱く方とは思えぬのだが、愚かな将に仕えTPP交渉で強大残忍な敵と孤軍奮闘する姿に少しだけ応援してたのにな。はした金の管理怠って退場と相成ってしまった。替わり居るのかなぁ?

しかしスケール小さっ!どうせやるなら、田沼とか田中の濁り恋しき、だぜぃ!(暴言)


続報:替わり居るのかなぁ?・・・に、こともあろうに最後は金目のナマポサティアン男が拝命と・・・終わりの始まりであることは甘利にも明らかなり。
by cegero116 | 2016-01-28 18:44 | 世情 | Comments(0)