明日がベスト?

e0001663_19475562.jpg
なんて駄洒落てる場合ではない。アスベストによる健康被害で病に就いたり命を落としたりした方が、石綿メーカーと国を訴えた訴訟で初めてその訴えが認められ、メーカーに賠償を命ずる判決下る。 今までは、どのメーカーのアスベストか特定できんと、門前払いされてた裁判。有罪判決が下った今日の記事でもメーカー名は伏せられてるな…9社だそうだ。

近々に新築に伴う解体工事がある。鉄骨2階建て店舗併用住宅の解体、解体費が1000万そこそこなのだが、アスベスト処理費だけで1100万!…昭和55年の建築で、アスベストが禁止されて何年もたっとる…最初に含有量5%のものを禁止し、次に1%、それから0.1%と段階的に禁止範囲を拡げ、メーカーの在庫がはけるのを待って最終的に全面禁止したのだとか。除去工事は黙って吹付けられた建築主の負担(__;)

メーカーもアスベストや石綿の名を隠すためにCIを図り、日本アスベストがニチアス、朝日石綿がエーアンドエーマテリアルと改名・・・今回の被告さんたちかな・・・今はアスベスト除去工事で巨万の利を得てるようだから、1億や2億の賠償は痛くも痒くもなかろう。一粒で二度美味しい。

明日とは言わず、今日にでも賠償するのがベスト、いやベターですな。

by cegero116 | 2016-01-29 19:47 | 世情 | Comments(0)