マイナス心理

e0001663_18223538.jpg
マクロもミクロも、経済のことはなんも解らん。景気対策の切り札としての「マイナス金利」。銀行が日銀に預金を預けると、金利どころか手数料取られるとの政策・・・ま、手元に持ってても減るだけだからどっかに貸すなりなんなりして市場におカネを回しましょうね、さもなくば株でも買いましょうね、の、触りだけ聞くととても解りやすいような景気、株価の浮揚策。が、何と言うことでしょう、日経平均土砂崩れの今日この頃。なんか間違えてるような気がするのは素人だから?

銀行として、持ってるお金に維持費がかかるなら、預かってるお金に付ける金利を下げて・・・と、既に0.00000何%しか無い金利。1000万預けての利息10円がゼロになっても影響僅かだよね。どっかから収益得ようとすると、貸してる利息を上げないと、とは思わないのかな。

私のささやかなお仕事の体感として、市況が落ち着いてきてる・・・落ちてきている(?)株価なんぞの上下がすぐ影響する世界ではないが、マイナス金利と言うよりマイナス心理が働かねばよいのだがな。
by cegero116 | 2016-02-14 18:22 | 世情 | Comments(0)