闘え大和、お前の死命~

北海道より信じられない朗報。7歳の男児大和君がしつけのためと山中に置き去りにされ、行方不明となって6日後に無事救出された。雪のちらつくヒグマうろうろの北海道の原生林。自衛隊も出動しての大捜索隊も縮小、誰もがもうだめと思った矢先の発見。不明当日に山中を10kmも歩き、閉じられていた自衛隊施設に身を寄せマットにくるまり水道水を飲んで凌いだと!…なんと言うサバイバル、生命力だろう。自らの死命を制する緊急判断、天晴れ大和!で、こんなタイトル、レッツゴーレッツゴー大和♪

e0001663_19545598.jpgしかし謎も多いな。置き去りにして5分で両親は戻ったと・・・まずそこ嘘じゃない?ほんとに7歳が寒中行軍10km可能?誰か連れ去ったやついるんじゃね?某氏の説によると、おかしなお風呂屋さんで頭のでかい守銭奴の老婆にこき使われ、口の大きい黒い怪物と追いかけっこしてたはずと…。うむ、これに負けない説を何か一つ。

さらば~ヒグマよ~旅立つ坊や~霧中生還ヤマト~…と、これは説ではない、ただの替え歌、
by cegero116 | 2016-06-03 16:12 | 世情 | Comments(0)