白紙の愛した数式

e0001663_21563346.jpg
先日、設計の中間報告に訪れる日がクライアントH社長の60+ん歳のお誕生日であることを知り(ご本人から言われた)、ささやかなプレゼントをと(ご本人からねだられた)…訪問直前にお近くの喫茶店で「太目のローソク6本入れといてね♪」とケーキを購入する。社長に「ケーキの移動距離50mやなぁ」とお慶びいただき、ハッピーバースデーの儀を執り行えた。

その歳の喫茶店の領収書。金額3,420円とは消費税はどうなってんのかな?たしか3,000円のケーキ頼んだから、420円は待ってる間に私が飲んだコーヒー代?これも経費で落としても良いのだろうか?宛先も金額もちゃんと書いてあるからいいか…。

さて本題。豪腕官房長官やアベの側室陸海軍大臣が集金パーティーを行った際に、白紙の領収書何百枚を同じ人間の手書きで記入したことが発覚…金額の上乗せはしていないので全く問題はない、と言い切っておられる。そうだったのか…3,420円でもちゃんと会社名名乗って書いてもらってるのに…。

これから各党がルールを決めて対応するように…って、ルールって法律でないの?金額にもよりけりだが、追徴で済むのか逮捕・起訴されるか、いずれにしても刑事事件じゃないのかな?税法は政治資金規正法の下にある、とでも?

角栄さんや小沢さんが、金まみれと批判される際、何億貰ってもいい、いっぱい仕事してくれとひねくれエール出してた私。スケール的に縁遠い世界だから言ってたんだな。こう言うコス辛い不正、しかもせっせと領収書貰って伝票を書き、税理士の先生に見てもらい申告し、それでも何年に一回かお上の検査をくぐる…大小問わずあらゆる企業の痛覚の芯を食うような所業。

「こども手当なんか軍事費にまわして徳川を迎え撃つのよー」なんて、少し頭の弱いチンピラヤンキーはこの際潰れてもらって構わん。が、菅さん、あなた叩き上げの苦労人で民間の痛みが解る方と思ってたんだけどな。民間の知恵が白紙、でしたか。



サイバラ画伯不朽の名作「脱税できるかな」トビラの漫画です。著作権…あちこちに画像あったから、いいよね?
e0001663_10193067.jpg

by cegero116 | 2016-10-09 21:55 | 世情 | Comments(0)