2016年 03月 15日 ( 2 )

e0001663_20514341.jpg「頭の体操」シリーズで一世を風靡した多胡輝さんの訃報が伝わる。享年90歳、大往生だ。

私が中学1年の折り。第1集がでて爆発的ヒット、第何集まで出たんだっけ。とにかく、我が亡き父と共に熱狂した思い出深い書だ。まだうちにあったっけなぁ?だんだん薄らいでいる父親の思い出の中の鮮明なやつ。

懐かしくなってネットを検索。簡単だけど、とても有名な問題を一つ見つけた。そのまま転載はいけないと思いつ、有名だからいいやと転載。

Q:荷車を引いている人に「後ろで押しているのはあなたの息子さんですか?」と尋ねると「そうだ!」と答えたが、後ろへ回ってその息子に「前で引いているのはキミのお父さんだね」と言うと「とんでもない!」と言われてしまった。さて、この二人の関係は?

答え
e0001663_1351369.jpgさても本を読まなくなったものだ。リハビリ代わりにこんなものなら読めるのではと、エロスの手練れ石田衣良さんの小品購入。たしかにすぐ読了。

フランス書院やグリーンドア文庫(←古いかなぁ、今もあるのかなぁ?)よりもずっと扇情的。渡辺淳一さんよりお洒落。もうこの線ひと筋なのだろうが、物語として何の新鮮味もない。上手いなぁ、はJazz Clubでのインプロヴィゼーションではなく、健康ランドの歌謡ショーの趣き。それでいいんだ、それでいいんだ~・・・売れてこそなんぼ、と仰ってたもんな、私の仕事ぶりの目指すところなり、とちょびっと自虐。

なんかもうちょっと探すか、Kindleでも買うか・・・そう言う問題か?