2017年 10月 08日 ( 1 )

e0001663_21090973.jpg
日曜日。事務所でやらにゃならんことは山積、なれど大事なお客様を伴い、まだ未踏だった温浴施設「東京染井温泉Sakuara」の見学に訪れる。ソメイヨシノ発祥の地ということでSakuraと命名、とか。

巣鴨駅徒歩7分、というのに送迎バスがお出迎えしてくれる。さすがお婆ちゃんの原宿巣鴨。とげぬき地蔵からも至近、高齢者向きなのかな?と、いわゆる和モダンのおされスーパー銭湯であった。山手線の駅から徒歩圏、はなかなかないよな…敷地にも建物にもあまり余裕はないようだけど、とてもコンパクトにまとまってる。入浴料1,296円だけど、結構な人の入り…岩盤浴も体験してみるか…と、男女各3床しかなく、25分入れ替え制で風呂の付帯施設となってる…ちょっと珍しいね。1,080円も強気の値段設定。

泉質は関東標準の茶色い強塩化物泉…塩っぱい~…食べなかったけど、レストラン内装は力入ってる…おされデザイナーさんの手になってるね。ロビーまでは手が回らなかったようだけど。ごろ寝座敷もリクライナールームも備えてはいるけど、どちらもキャパオーバー。10個くらいしかないリクライナーは、空くことあるのかな?パウダールームも男性は5個…空きませんでした。

巨大な施設ばかり見たり手がけたりしてるので、足りないところばかり目につく(^^;)…アイテム、少し絞るのも大事ですな。が、都心での取り組みの一つとしてとても勉強になりました。