2017年 10月 13日 ( 1 )

e0001663_14461440.jpg
某警察署にて打合せ。建設を計画しているビジネスホテルが風営法に規定されているラブホテルに該当しないことの念のための確認。

アポをとっての午後1時、受付で申し出て通されたのがこんな取調室…さすがにスマホで撮影する勇気は無かったので、これはネットから。被疑者を照らす電気スタンドは無かったし、カツ丼も出てこんかった(^^;…ただ一言一句をメモしている若い刑事(?)はテレビのまま…供述調書?いえ、ただの議事録だってば。

残念ながら設計者としてもユーザーとしてもラブホテルの知識皆無、天井は鏡かとかベッドは回るかとか、あとでネタにしてやろうの面白い質疑応答…すみませんなぁ、私らどうしても犯罪者の目でしか見られんもんで…と、デカ長さん(?)

ボクシングの村田涼太君が、どっかの警察のイベントで一日署長を仰せつかり、「捕まる側にはなるかも、と思ってたけどまさか署長になるとは!」と言って笑いをとってたのを思い出す。願わくば今後の人生でこの部屋に正しい目的で座ることがありませんように。