2017年 10月 29日 ( 3 )

e0001663_20065171.jpg
ホテルの豪華バイキング朝食をたらふく詰め込んで10時に出発、本日の最初の目的地五稜郭へ…すぐ着いた。今回の移動距離の短さは幹事の自慢なり。まずは五稜郭タワーへと登り庭園全景を見下ろす。タワー自体はゴミ焼却場の煙突みたいな色とプロポーションだが、眺望は東京スカイツリーよりかなり良くできてる…怖いくらい。
e0001663_21264067.jpg
見下ろす五稜郭公園黒船撃退の守り固めで箱館戦争の激戦地、とあるが、西洋かぶれの殿様が道楽で作ったんではないか?とのI教授の説がとても説得力。アメリカさんに媚びたのではないかと思うほど。館内は土方歳三讃歌一色、函館では大スターなのね。いつものような銅像の前で同じポーズで撮影してみる。
e0001663_21265576.jpg
見学を終え散歩を終えて12時。朝飯食ってまだ二時間…もう食えん、胃がもたれると言ってた7名の64~5歳、目についた回転寿司「函太郎」に入店する。えー、まだ早いやん!と言うたやつ8皿、胃腸の鍛練か!と言うてたやつ生ビール2杯…ネタが半端なく美味かったのと、各位の胃腸が半端なく鍛えられてるせいだろな。
e0001663_20065331.jpg

e0001663_19454775.jpg
夜景を堪能したあと宿の湯の川温泉へ。今年はいつものこの旅に似合わぬおされスパリゾート。実は和風の温泉旅館を三ヶ月位に前に押さえておいたのに、飛行機のチケットが全く取れぬ…ひと月くらいチャレンジして遂に諦め、宿もキャンセル、函館諦めようかな、と言う時にパックツアー見たらなんぼでも取れる…チケット、旅行会社が全部買い占めてたのね。で、パックについてるおされホテルとなった次第。

いや、おされなだけで、料理は美味いし温泉は絶品、部屋からは津軽海峡かぶり付きの非の打ち所がないホテルでした…おされなだけで(^^;…古いホテルを買い取った外資系ファンドがたっぷりお金をかけてリニューアルしたのではないかな。

今年は飲み方セーブ気味にして、晩飯即爆睡、は避けられ、昔日のごとく夜っぴいてお喋り…と言っても12時くらいまで、だけどね。
e0001663_11292135.jpg
コンパクトを心掛けた今回のツアー、定番観光の函館山夜景眺望へと足を運ぶ。高いことで有名なロープウェイ、定期点検でおやすみ…あり得ぬお役所仕事…バスで頂上へ。恐らくは夕刻この時間帯、函館に来てる観光客の全てがここに登ってるのでは?との懸念大当たり。展望台までの階段は鈴なり劇場で立錘の余地もなし。

いずこの観光地の例に漏れず中国よりの方がよく目立つ。100万ドルの夜景を楽しんだあと土産物屋を物色。店員さんと中国人さんの会話…「中国は別料金で割高になります!」と聞こえる…なんという差別、日本国民として恥ずかしい!…と、送料のことでありました…ほっ。