e0001663_09094372.jpg
大谷翔平君、数あるMLB球団の殆どから招聘を受け、書類選考で7球団に、更に面接を経てロサンゼルス・エンゼルスへの入団をスピード決定、昨日ド派手な入団会見を行ってた。本命視されてたヤンキースが書類選考で落ち、7球団の中でも本命だったマリナーズ、ドジャースを差し置き、あまり目立たなかったエンゼルスが選ばれたことに、アメリカさん理解できぬと驚愕なさってるとか。二年待てば200億…を蹴っ飛ばして年俸3000万で海を渡る…日本的感覚だと拍手喝采なのだが、これを称賛する文化はアメリカにはないと…ほっといて。

今のところ、誰もがベストチョイスと誉めてる。他のオフシーズンの交渉に迷惑かけたくないとのスピード決着。入団会見の振る舞いといい、ちょっといい子すぎて疲れないか心配になるくらい。咥えタバコでパチンコやってたダルくらい図太い方が長続きするのに。

と言いつつ、昨年も一昨年も身内のタイガースよりもファイターズの試合ばっかり気になってた。今も早く寝すぎて眠れぬ夜は、大谷になって四番投手スタメンで、一回表から順に妄想試合してる。毎試合パーフェクト三振の山で打率10割…4回くらいで寝ちゃうけどね。

だって夢だもの~みんな夢だもの~~…夢を現実にしてくれる奴なんて、他にこの世にいないもの。
e0001663_18492455.jpg
日曜日。午後から鶴巻温泉の陣屋様へ。多忙なM社長を捕まえ、みっちりと3時間打合せ。また一年をかけた大工事が始まる。お出会いから7年、一時も休まずなんか工事なさってる。そのエネルギーにも、まぁ、よくこんなこと思い付くわい、の発想力にも感服する。

社長を待つちょっとの間、冨月池端に残る真紅の紅葉を眺める。今年最後の紅葉狩りですな。
e0001663_12575485.jpg
2歳の女の子の駆けっこ阪神ジュビナイルフィリーズ。大好きだったオルフェーヴルの娘さんが二頭出てて本命視されてる。当然この二頭を軸に馬券を…配当がもの足りん…もうなんでもよくなって自暴自棄に走る。

女の子だろ、サヤカチャンにマドモアゼル…ええ名前やんか、この二頭軸でいったれ。二軸マルチなのでヒモにオルフェの二頭入れてもたったの1,200円。ドブに捨てたつもりで行ってみよう。


そしてそこにドブがありました。
e0001663_14503165.jpg
今度は書道だそうで…茶道→茶道→犬道(?)と道を渡り歩き、農業やら体育を経て辿り着いた家人の道(?)…柔道、剣道には立ち寄らなかった模様。

実はこれ、私がとてもやってみたいお遊び。クロッキーとて作品として独立したものもあるが、絵画の習練、下絵の要素が強い。書道は書いたらおしまい、手直しの余地はないし後から着彩することもない、書く行為そのものを含めて作品になってる感じ。インスタレーションつうかインプロヴィゼーションつうか。

書いてる姿は製作というより田植えの如し…おもろいので写真を撮ろうと跨いだ弾みによろけて踏んづけてしまい、気付かずに家中に墨汁の足跡を残してしまう…ここへわんこが乱入したらすごいことになるだろな(^^;
e0001663_19084111.jpg
パピプペポ~…それはバイキンマン。

たまたまどこの現場も同じような工程が重なる。ここもたまたま基礎の配筋中…と言って私が検査するわけではない。足場の上から、いっぱいあるなー、鉄筋と眺める程度。

学校出たてのパシリ監督員の頃、明けても暮れても鉄筋見てた時期があった。「いちいち本数数えることはないんだぞ。かぶりとピッチと圧接と定着見て、誠実にやってるかどうか見て、あかんかったら何個かバラさせとけば後は真面目にやるから。」と私を教えてくれたO先輩…同じ事をわが社の若いのに言ったら、今、それでは通用しません!と断言されてしまった。40年前とは比べようもなくシビアになってるのね。

「落ちてる鉄筋の欠片があったら型枠に放り込んでおけ。鉄筋比が上がる♪」と教えてくれたH先輩…むちゃくちゃですがな。牧歌的だったんだねー。
e0001663_13450606.jpg
東京オリンピック・パラリンピックのマスコットが三案に絞られたとの発表があった。ロゴマークでさんざんミソをつけたあとの再コンペと同じ手法…本命をあらかじめ決めておいてカス案を二つ混ぜる…できの悪いポケモンのア、イ案、誰が選ぶ?…だと言うのに絞りに絞ったウ案が「こんのすけとポンタやん!」とネットでツッコミ。こんのすけはよく知らんが、妖怪ウォッチにこんなの居たような気はする。

億千万もあるアニメ、ゲームキャラの何物にも似ていない、なんてのが至難の技なのはよく解る。世界のどこにもないけどなんてつまらん…ものを出してもしょうがないしね。もはや国威高揚なんて時代錯誤ではなく、純粋に建設需要喚起のため開催される最後の五輪。マスコットで国民の関心を…の発想も既に時代錯誤、だが、一部業界とは言え新しいマーケットに期待は高いのだろうな。

ウ案だろな、にはキャラのデザインとは関わりのない「キツネとタヌキ」なるコンセプトがきっちりしてるから…残念なのはパラリンピックのタヌキが赤いこと。せっかくなので開催地東京の知事にちなみ緑色にしておけば「緑のタヌキ」で、筋の通ったコンセプトワークになったのにな…と。

誰だ?「若いキツネと淫らなタヌキ」なんて言うやつは?
# by cegero116 | 2017-12-07 19:44 | Art | Comments(0)
e0001663_23011202.jpg
本年最初の忘年会。発足ほやほやのご近所G会の5人が、幹事Pさんのお骨折りで市川「藤」にて開催さる。まずは生ビールにて乾杯の様子。

私以外全員お仕事お休み…で、なんと4時からの開会がセットされ、戦場のような事務所と戦闘員をあとにそそくさと退出。なんとか間に合う。たまたま住まいが近いのでご近所会と名付けられておるが、余多居るごっちゃ煮のような曲者連の中で、ほっこり和むメンバーが自然抽出されたような温かい集い。第一弾の忘年会を楽しむことができた。

早く始めたので早く二次会のカラオケへ…皆様の熟練の芸に脱帽する。うーむ、曲者を抽出すると芸人になるんだなぁ…いやいや(^^;
e0001663_19424951.jpg
スマホのイヤホンジャックが壊れ、差してもスピーカーが切れぬ。ウォークマンもとうに壊れ音楽聴けなくなってたここ半年くらい…みゆきさんのニューアルバムを聴き込まねばならぬのに~と、Bluetoothで繋げるワイヤレスイヤホンを購入してみる。両耳を繋ぐコードはただの落下防止、耳にだけつけるタイプもあったのだが、紛失必至と思いこちらにする。

これも一種のWi-Fiなのだね。音質、音量とも申し分なし。ラジオだって電話の通話だって使える♪…と、やはり電化製品、充電が切れると使えない…てか、調子に乗って映画見ながら競馬中継を聴いてたら、いきなりスピーカーに戻りおって慌てて退出したではないか!たった2分聴こうとしただけだよ…しかも負けたし。どっか変なとこ触ったのかな…ごめんなさい、もうしません。
e0001663_20213608.jpg
少し前の土曜日、銀座の通りがかりシネスイッチで引っ掛かった映画。「8人の女たち」「スイミングプール」のフランソワ・オゾン監督作品。どちらも毒のあるお洒落コメディ…だったような気がするが、どちらも10年以上前の作品、あまり良く覚えてない。本作の舞台、はとてもお洒落とは言い難い第一次世界大戦直後のヨーロッパ。

モノクロの画面、あたかも当時のフィルムを回しているが如し。髪型も服装も音楽もよく考証されている…その時代知らんけど。走ってる車、T型フォードだもんな。時折差し挟まれるカラー画面は主人公の心象風景?…オーディションで採用された主演のパウラ・ベーアさん、ほぼ新人らしいがえらいこと美しい。スペルはBeerさんだけど、無理やりベーアさんと…ビールさんね♪ 肝となる謎はすぐ見えてくるが、一応ミステリー仕立てなのでネタバレMORE欄に書きます。



ネタバレ
e0001663_12485338.jpg
日曜日の銀座Sビル現場。作業は休日、という事で、施主様と一緒にじっくり回る。隣地のビルとは100mmも離れておらず、常々ちっちゃいちっちゃいと言っておるが、鋼板サンドイッチパネルで施工するK君のアイデアで、4階リビングまで登るといや、なかなかの豊かな空間…それでも間口二間、床版にALCを採用して極限の小さな柱で部屋の内法を確保している。

現場、ここまで来るとあとは速い。3ヶ月ほどで完成、銀座の街の風景の一つになる…光栄にして楽しみ。頑張って仕立てよく仕上げてください、I組さん。


e0001663_14005059.jpg
日曜日、Sビル月イチ定例会議で朝から銀座へ…しかも二丁目へ…やむなくWINSへ。この秋の赤字はスゴいと言うのに…てかボウズやんか!

本日はダート戦、砂のスペシャリスト達のレース、チャンピオンズカップ。なんとなく固く収まりそうな予感でルメールから…M・デムーロ居らんし…なんじゃそれ。

相手。砂は内枠が強そうな気がしてのコパノと武豊、シルクのご縁のグレンツェントにロンドンさん。どなたかボウズブレイカーしてくれんかなぁ。
e0001663_17181541.jpg
土曜日夕刻の都美術館。紅葉…黄葉真っ盛り、内装壁の赤が綺麗だったので撮ってみる。現場監理中心の最近のお仕事、土曜日しっかり残ってやる仕事もなく(←なくはないのだが)、ふらりと上野公園へ。開催中のゴッホ展を観賞する。
e0001663_17181799.jpg
今回はジャポニズムがテーマ。普段見かけないゴッホの作品がたっぷり、とゴッホが憧れオマージュしてた北斎、広重の浮世絵もたっぷり。インスピレーションを得た雑誌やロシェの「お菊さん」、ガシェ博士由来の品々、亡くなった後の展覧会の芳名録など、盛り沢山。ゴッホマニア垂涎の展覧会だった。

解説の音声ガイド聞きながら珍しくじっくり回った…のだが、ゴッホさん、いまいち私に合ってないのかもな感想抱いてしまった。陰影を排し輪郭線と平板な着彩で後期印象派の最高峰…なんだけどな。糸杉や麦畑がなんか退屈に感じる。若い頃、画集見てめちゃめちゃ好きだったマティスの本物に触れたときと同じような感触。富岳百景や東海道五十三次の方に見入ってたくらい。

罰当たりな感想になってしまった。絵画観賞のど素人なのでお許しあれ。
# by cegero116 | 2017-12-02 17:16 | Art | Comments(0)
e0001663_19152304.jpg
二日連続三件の定例打合せの三件目。京都松井山手、第二京阪道路のトンネル上で着々と進むSプロジェクト現場を視察…地盤工事が完了し鉄骨ベースパックが据えられて、基礎配筋の作業にかかるところ。いや、ここもでかい。二年越しで取り組む私史上最大の温浴施設、当地での構想立案から8年だとか…悲願のプロジェクト。責任感に打ち震えます。

打ち震えながら会議を中座、あとを事務所の二人に任せ、心強いパートナー、S保センセが待つ大阪にての某重大会議に向かう。のど渇いてるだろな(^^;
e0001663_22065263.jpg
大阪弁天町Oプロジェクトの月イチ現地定例会議に出席。私史上最大の解体現場の圧巻に一同息を飲む。内装だけで半年近くもの工期とは?…と思ってたのだが、市街地の建築物の上で数十台の重機が活動し、何百t(?)もの鉄骨、コンクリートを破砕、搬出する作業の膨大な苦労を見て、なるほどプロのお仕事だと納得する。

前回やっと空が見えた屋根テント、ひと月で半分ほどが外されていた。これも単独では自立できぬポールを慎重に支持し、天候と相談しながらの作業。この施設の象徴だったウォータースライダーだけがぽつんと取り残され、プールの面影を留めているが、次回にはこれも消えてるのかな?

三年越しのプロジェクト、ただいま道半ばと言うところ。A社さん、今後とも安全第一で頑張って下さい。
e0001663_13165069.jpg
当社の裏通り、徒歩1.5分のところにスーパー・マルエツが新規オープン。コンビニしかない街にとても有難い存在になってくれそう。早速昼の弁当など買いに入る。

以前は銀行の店舗が入ってた小さなビルの一階。プチ、と名乗るだけあって少し大きいコンビニくらいの面積なのだが、品揃えがスーパーなので、普通に肉や野菜が置いてある…そうだよな、八丁堀だって銀座だって、普通に住んで生活してる家庭はあるもんな。

住んで生活してるわけではないので、昼メシにはコロッケと助六寿司を購入…コンビニよりかなり安くつく。考えてみれば、我が家のそばで食材を供給してくれてるのもマルエツ…今後とも売上貢献させていただきます。