カテゴリ:みぃはぁ( 115 )

e0001663_08590348.jpg
楳図かずおの恐怖漫画…それはヘビ少女でしょ、と…この絵見る限り、恐怖と言うよりなんか間抜け感漂って、のちのまことちゃんに繋がる香りがする。怖かった記憶あるんだけどなぁ。

で、話は何にも関係ありません。兵庫県の伊丹で小学生が毒蛇のヤマカガシに噛まれ、一時意識不明の重体に陥ったとのニュース。昔は毒のないおとなしい蛇、と言われてたと思うし、山中に入らずともその辺の田んぼにいくらでもいる蛇。その実、マムシやハブを上回る猛毒を持ってる、ってなったのはつい最近だったような。

意識は回復したとのことで、良かったねー、気を付けなきゃダメだお…と、よく聞いてみると、友達と二人で蛇狩りにでかけ、噛まれながら捕まえてリュックサックに入れて持ち帰り、おうちで出そうとしてまた噛まれた、とか。気を付けなきゃ…と言う事故ではないな。ヤマカガシだって必死、そりゃ噛むわな。

エアコン効いた中でゲーム三昧の子供ばかりと思いきや、こんなわんぱく小僧が今も居たのはなんか痛快…死んでたらこんなこと言えんけどね。ヘビ少年くん、この元気を持ち続けて、すくすく成長しますように…死なない程度に。
e0001663_15422561.jpg
ハマってしまったTVドラマ「やすらぎの郷」。朝の出勤時間が30分遅れている…何ヶ月続くのかなぁ。主演の石坂浩二さんが亡き妻の写真をしみじみ眺めるシーンが度々。妖怪のような他の大女優陣より一回り若いのに、認知症で早々と亡くなってしまったかわいそうな設定の風吹ジュンさん。どの女優さんも「昔の私の写真~」なんてやってて、これはずるいな、いくらでもあるな^^…と思っていたが、ジュンちゃんのは別格。「誰これ?かっこいい~」と、昔のジュンちゃんを知らない若い子が驚嘆してるとか。知らないだろ!あのガキデカのジュンちゃんのモデルは風吹ジュンちゃんなんだぞ。優等生のお姉ちゃんのモモちゃんはおそらく山口百恵さん。優等生のイケメン西条君はおそらく西条秀樹。で、やんちゃでエロい妹ジュンちゃん…そんなイメージの小悪魔だったのだよ。小悪魔…って大大先輩の加賀さんも出てるけどね。
e0001663_21085957.jpg
毎日楽しみなのだ。
e0001663_20422387.jpg
あけましておめでとうございます。

一年間、無病息災で過ごせた2016年の締めくくり、12月30日の風邪は思いの外ダメージ深く大晦日~元旦の48時間のうち30時間くらいを眠って過ごす。ぶつ切れで見てる真田丸の総集編も頭に残ってない…薬が無いのでありのままの治癒力勝負。

朦朧とした意識のなかで、スマホで昨年の正月を辿る…大晦日に階段から滑り落ちて脇腹強打、やはり医者が開いてないので薬局で買った湿布薬とコルセットで身動き取れない三が日だった。正月、鬼門だ。

夜になってなんとかむくむく起き出して、格付けチェックなどでお正月気分を味わう…毎年の習慣。歴戦のグルメたちが100万円のワインと5000円のワインの飲み比べに意外と苦戦する様、意外なようでなるほどね、と。5000円のワイン、私のなかでは最高級。1000円と5000円なら私でも解るのかな?

明日は諦めるとして、明後日は立ち直っていてほしいもの。
e0001663_17435578.jpg
携帯にこんなメール。最近の連絡はLINEかショートメールで、携帯Eメールには広告か迷惑メールしか来ないので着信→即削除してるのだが、ふとした拍子にゴミ箱触ったら「にゃにゃ」とな。パソコンには「あなたに1億円差し上げます」なんかと併せてよく来ていて、怪しげなURLクリックさせようとしてる…なら解るのだが、これは果たして何の目的?

そう言や、「お客様のLINEアカウントに異常ログインをされたことがありました。。。」なんておかしな日本語のメールもよく来るな…あっちの国からなのかな?


e0001663_00084487.jpg
巨匠!の名を世に知らしめた番組「チューボーですよ」が22年の歴史にピリオド、今夜最終回を迎える。40代の若き堺さんと歴代のアシスタント、豪華なゲストとの名シーンを懐かしく見る。森光子さん、大原麗子さん、黄泉の国の人。小栗くんも唐沢さんも若いこと…かまやつ、井上順との掛け合いはサイコースパイダース♪

ニュースとスポーツしか見ないTV(除く真田丸)、この番組とお宝鑑定団だけが私のバラエティでした。マチァアキさんの嫌みのない軽さは熟練の技なんだろうけど、いつも爽やかな視聴感で見終えてたな。料理はちっとも美味しそうに見えなかったけど、次の日の日曜日に真似してチャレンジしたこともあったっけ。

ちょっとずつ残念だけど、良い引き際かとも思いました。お疲れさま。
e0001663_14011732.jpg
一週間の唯一の楽しみ「真田丸」…どこやらの呟きの画像。大坂五人衆がどこから見ても戦隊もの…色の並びがちょっと違う。あとたった二回、夏の陣で散ってしまうとは名残惜しい。三谷さんが史実を引っくり返して豊臣の勝ちにする…訳はないな。私も世に言う○○ロスになるのかしらん。
e0001663_22513053.jpg

このタイトル、知ってる方はすでに60年代オーバー…花は花は花は、遅かった~。

e0001663_2125308.jpg真田丸で、真田草刈昌幸の正室薫ちゃんを素敵に鬱陶しく公演している高畑淳子さん…最近は顔だけで笑わせられるコメデイエンヌ…んなことはないかな。お気の毒なことにその息子がホテルの女性従業員への強姦致傷罪で逮捕され、晒し者のような記者会見する破目に。

テレビの録画で見たけれど、一切逃げ隠れしない見事な謝罪会見だった。下劣な質問にも切れることなく狼狽することなく、それでいて母親の深い愛情も感じられ、役者やのー、と。ちょっとファンになる…みぃはぁ(^^;

しかし有名人の場合、成人した子供の不始末はどこまで行ってもついて回るのかね。何年たっても、みのもんたの息子は、とか三田佳子の倅はとか…もう別人格でしょ。その点、海老蔵トラブルの際の団十郎の他人事みたいな対応はさすが歌舞伎もんであった。

余談だが、被害者が44歳の美人と聞いて「私なら写真撮って脅かして、一生イケメンのツバメ飼うのにぃ~、警察付き出すなんてもったいない~」なんて呟いてる40代後半美人妻一児の母、が友人に居たことは内緒です。
熱戦続くリオ五輪。なんだか好調ニッポン、メダル取らない日がない感じ。水泳、体操、柔道、卓球…お馴染みの競技に加え、テニスで錦織君の銅メダル♪…ナダル戦、真夜中に見入ってしまった。フェデラー不参加ジョコ初戦負け…辺りにテニスでのオリンピックの位置付けが解らんでもない。「内村くんすごい!萩野くん、すごい!あ、僕も出るんだった(^^;」なんて、言ってた錦織くん。それでもナダルを破っての銅メダル。天晴れ!
e0001663_20452717.jpg
とは全く関係ない話。これはひとつ前の試合の画像だな。熱闘中の錦織くんに被せてニュース速報!テロか?地震か?…スマップさんの解散だって。お国の一大事なのだなぁ。歌丸さんの笑点引退にも匹敵?

しかし休むことなくノンストップで25年頑張ったんだね。ビートルズつったって10年しか活動してないし、ほんの数年でいがみ合って分裂するグループはいっぱいある。たいていは音楽性の違いとか、目指すものがずれたとか…彼らの場合、アーティストと言うより、とても優秀な企業戦士。それぞれの特徴を生かして社業発展に尽くしてる。並大抵の努力ではない。

ちょいと調べると年商250億からあるそうな…地方の中堅ゼネコン並み。国際的にも名が通ってるし、何ヵ月かの対立、解散騒ぎで再ブレイクの兆しもある。ひょっとして事務所ぐるみで仕掛けたイベントなんじゃないかな?一人一人が引退する訳じゃないし、不在期間でファンの渇望を煽り、涙の和解→再結成ツアー、とか。

ひねくれてますな(^^;
e0001663_13535001.jpg
日本由来、海外初逆輸入?の「ポケモンGo!」なるゲーム。先週土曜日に配信になるや、あっという間に日本列島を席巻し社会現象となる。やってないわけないよねー…と言われる通りしっかりハマり中。4日目で100匹捕まえたぞ。

ポケモン自体をテレビでも漫画でも見たことはない…が、ブームになった頃ちょうど息子が幼稚園~小学校。「ピカチュウ、カイリュウ、ヤドラン、ピジョン…」なる呪文もしっかり覚えさせられた。写真は私のデスクに現れた「マダツボミ」…海外でも同じ名前なのかな?このまま捕まえ続けて、先に何があるかは全く知らない。

位置登録ゲーム、って言えばコロプラあたりはもう6年以上も続けてる。今回のポケモン、破格の進化だな。あらゆるところに設置された「ポケストップ」でボールがいつも貰え、余計な課金などせずともゲームが続けられるところが今までのソーシャルゲームと違うとこ。グリーとかモバゲーとか、課金目当てのゲーム屋が、自分たちが養成した依存症患者が街に出てポケモン探し始めたのに焦ってるらしい…ネットにはそいつらが吐くポケモンGo!の悪口だらけ。ゲームやりながら運転して事故を起こした、原爆ドームにポケモン出さないでほしい…等々、当たり前やんな悪口もそいつらかな?…ポケモンでなくとも運転中の携帯はあかんやろ。

しかし、ダウンロードも無料、CMも入らず課金も不要、となると誰が何のために運営してるのだろ?国民一人一人の行動を仔細に把握するため、お国が関与しているのでは?との観測もある。そう言えば住所氏名を入れないとログインできなかった。マイナンバー制度と関係してるのかな?

ある程度歩き回らないと出てこないみたい、ポケモン。昼飯食ってさっきからボーっと待ってたが、芋虫二匹でてきただけだったぞ。
e0001663_21241822.jpg
来るべき時が来たのだな。ついこの前永六輔氏の訃報を聞いたばかりなのに、立て続けに届いた大橋巨泉氏逝くの知らせ。ここ何年も週刊現代連載の「今週の遺言」の愛読者だったので、その日が近いことは解っていた。長い闘病中もその一進一退を綴り続けていた。病状を嘆く時は嘆き、投薬や手術について真剣に調べ、合間に野球やゴルフや政治への持論を挟んだそのエッセイ、7月初めにこれで最終回、とお別れの一文を載せて見事にカッコ良く旅立った。

好きか嫌いかと言うと嫌いな方の方が多いだろう巨泉さん。誰に対しても上から目線、言いたい放題やりたい放題、ミーハーの極地にして到達点。やや薄っぺらいかな、のリベラル思想…エッセイの最期の言葉は「参院選で自民党を倒せと」だったもんな。お金があれば何でもできる、を体現したようにも見えたのだが(^^;

いやいや、ジャズ評論に始まり、麻雀、競馬、ゴルフ、将棋、野球、釣り…遊び全般をプロの域間で極め(←本人がそう言ってる^^)、バラエティ(11PM、ゲバゲバetc)もクイズ(まるごとハウマッチとかダービーとか)の司会も、自分のやりたい放題…で当たる。華麗なる人脈も築く。若い頃早々と結婚、離婚、番組の女の子に手を付けて再婚…てな遍歴あれど、関わった全ての人間と温かく交流が続く。(←本人がそう言ってる^^)

政治へはちょっとかじったら不味かったと見えて、あっという間に撤退。晩年は世界中の美術館を巡っての絵画鑑賞、フェルメールってのがまたミーハーの印だけど、本物全部見たと言われると何にも言い返せんな。カナダとニュージーランドと千葉におうちを持って、季節に応じて使い分ける…ホントにやれるのが嫌らしくも凄い。50代で芸能界をセミリタイヤしたあと、OKギフトなる事業の大成功がその礎なんだな(←本人がそう言ってる^^)

もうずいぶん前、あるホテルのゴルフコンペとパーティーで一度だけ姿をお見かけしたことがある。そこに居るだけで存在感が際立ってた。懐かしいな…巨泉さんのご冥福をお祈りすると共に、その頃ご一緒した皆様の息災を願うなり。