カテゴリ:Remember( 96 )

e0001663_19525531.jpg
またつまらんネタ…前にも書いたような気がする米朝ネタ。どうしてもあの優しい人間国宝のお顔を思い出すのだな。あんな仏様のような米朝師匠が大人げないとは…?あの世で先に逝った弟子の枝雀さんにお前、順番ちゃうやろ!と絡んでるのかしらん、なんてね。
e0001663_19525663.jpg

とにかくお懐かしい…トランプと金の顔並べたろかと思ったけど…ムカつくだけなのでやめときます。
e0001663_18461055.jpg
タイトル、なにか違うような気が…中原に歯科を追う、の方が良かったか?…どちらにせよ意味はない。

前歯に詰めてあったのがなんかの拍子で取れてしまいみっともないので予約なしで割り込む。ぱっぱっと詰め替えてもらうつもりが、ちょっと虫歯が深いですねぇ、次回きちんと治療しましょう、で仮詰めとなる。前歯だもんなぁ…大事にせにゃなぁ。

昭和の歯医者、ちょっと虫歯になると永久歯であればんばん抜いてた時代。中学生の頃には既に3本を失いブリッジ建築。その後も歯性が悪いっちゅうか手入れが悪いっちゅうか、現在、親不知を入れて32本あるはずの永久歯は24本に…20本切るとものが噛めなくなる、80歳で20本を残そう、と言う8020運動があるらしいが、そろそろカウントダウンか、意外と頑張ってる方なのか。

小さい頃はこれがコンプレックスだったなぁ。失うと永遠に戻らない歯、その先の人生を思って暗澹たる気持ちになったもの。きっと永遠に生きるつもりでいたのかもしれぬ。その伝で言うと、人生が有限であるのは結構安心感のあるものなのだね。あと100年、1,000年を歯無しで生きるわけではないわい、とね。

今度の人生で為し遂げなければならないことの殆どは未遂…世界征服もせんかったし、野球選手にもなりたかった、いまでも夢に見るさ、マウンドに上がってる~(ミュージシャン)…残りから逆算しても逆転満塁ホームランはなさそう。生きてるだけでまるもうけ(サンマサン)と気楽に過ごせるのはうまく作られてるな、人生。

ま、あと10年くらい頑張れば、きっと最盛期を迎えていることだろう…強がってみる。20年前くらいから同じこといってるけどね(^^;
e0001663_19395974.jpg
週刊新潮、お盆の別冊「昭和とバブルの影法師」。1986年12月から1991年1月の出来事なのでたった4年と2カ月…私が33歳から37歳、か。崩壊してから産まれた方がいま26歳。知らない方とのお仕事がずいぶん増えている。ちょっと前の戦前、戦後、みたいなものかな。私はさしずめ戦中派真っ只中。山本五十六や東条英機を見るような思いで、許永中さんや伊藤寿永光さん、W浅野や千昌夫を語る世代なんだろう。とは言うものの、自らの身に起こったことの中ではまるで実感なし。何の恩恵もなかったが、その後の後遺症だけは等しく被る…いや、恩恵に与った方が被った後遺症に比べれば著しく小さな後遺症、だと読んでてしみじみ思う。

記憶にあるのは「嫌な時代だったなぁ」と常時思ってたこと。株じゃ不動産じゃ消費は美徳じゃ額に汗して働く者はバカ者じゃ、と闇社会ではない普通の企業人、サラリーマン、おじさん、おばさん、兄ちゃん、姉ちゃんが踊っておった。都心の曲がりくねって何にも建たないちっちゃな土地が坪千万じゃ一億じゃ…ダブルのスーツ着たゼネコンの営業マンが先頭で踊っておったな。

通説によると、チューリップの昔から何度ひどい目にあっても深く深く反省しても必ず繰り返させるそうな。そう言えば今もあの4年間を懐かしく思い再び来ることを切望してる方もおるな…四半世紀も切望してるのか。いやいや、その後だってネットバブルだのファンドバブルだののマイクロバブルは何度もあった…ひょっとして只今の異次元の金融緩和なんてのも人為的にこれを起こそうとしてるのだな。

読んでて懐かしい気持ちは皆無、嫌な思いだけが蘇りました。



e0001663_19233366.jpg
中学生の頃から用いているサイン…こういうのサインって言うのかなぁ?花押?そんな大層な…猫なのかなんなのか、とにかく教科書にもノートにもカバンにもテニスラケットのカバーにも書いてた…ダサい?

手紙も議事録も自筆で書くことが稀になった昨今でも、クレジットカードのサインやホテルの宿帳で署名をする機会は多い。そんな時こそこれ使えば良いのだが、ちょっと気が引ける…まして銀行借り入れの連帯保証人の欄には…無理ですな。

で、今は飲み屋のボトルキープに書くくらい…これは、御苑のオンリーイエスタデーの私のボトルを飲ませろとの某氏のLINEに、このサインのあるブラックニッカだよー、と週刊誌の裏に書いて送ったものなり。
e0001663_09134388.jpg
やすらぎの郷住人の女性の中で、最もしゃんとして年齢を感じさせないなー、と思ってた野際陽子さん急逝の知らせ。実際はぎりぎりの闘病生活を送りながらの演技だったとか…プロだなぁ。

TVで追悼特集が色々組まれてるが「キイハンター」は思い出深い作品。ザ・ガードマンのあと、Gメン75の前。どんな団体だったか覚えてないが、シリーズの中では一番アウトロー感が強かった。あぁ、丹波さん。

で、年柄もなくやすらぎにハマってる若者と野際さんの話をしているときに「千葉真一の奥さんだったんだよ」に、それ誰?とな。千葉ちゃんの方が先に忘れられてる…てか、平成生まれの若者には忘れる前に知られてないとは!

狂犬大友の広島死闘編を貸してあげたい(^o^)
e0001663_20162850.jpg
銀座Sビルの実施設計を恙無く終え、図面一式をクライアントにお納めする。ただいま当社都内唯一のお仕事。帰り道の8時頃、いつもよりちょっと早かったので銀座お散歩…こんな時ふらりと立ち寄るお店が銀座には……ない。ひとりだけのところを誰かに見られ~…たとしても何の問題もない(^^;

四丁目から数寄屋橋へ歩いたところに照明の消えたビルにおおなり建設の仮囲い。ソニーパークプロジェクトとな。この場所のシンボルだったソニービルの解体工事が粛々と進んでいる模様。

芦原義信師の代表作、築50年。建って10年目位に上京したのだね、私。模型材料とか買いに伊東屋へおつかいに来たときにちょいと寄ったり…伊東屋、2丁目だから寄り道だな。階段がピアノの鍵盤になってて、上り下りするとドレミファソと。地下鉄への連絡路にちっちゃな喫茶店があった…サボってコーヒー飲んでた?

見回すと回りはLEDピッかピかの新品ビルばかり。芦原センセも古ぼけては見える。潮時なんだね。名建築、と言っても現代建築は賞味期限50年なんだね。
e0001663_08365402.jpg
お祀りのあとは神戸ベイシェラトンにて新年交歓会。いわゆる賀詞交歓会と言うやつ。もはや年に何度も着なくなったスーツとネクタイでシュッとして参加、金屏風をバックに記念撮影していただく。旧知の方々が「え?誰?」な目でご覧になる。

e0001663_08365514.jpg
それもそのはず、出てくるときハンガーから外したスーツのポケットには歌舞伎町、ゴールデン街の串カツ屋「どんがらがっしゃん」のレシート¥3,700-とお釣りの¥1,300-の現金…日付を見ると二年前のクリスマス。おー、この後今はなき旧世情に行ったんだ…新宿フルコースな一日だったんだー…お懐かしや。

しかし君、二年間ハンガーに吊るされたままだったんだね
e0001663_21561562.jpg
昨日、朝から三件の会議を終えなんとか帰れるかな?の午後t時半。朝から同行のI君と、ラストなハードなプレゼンを乗り切ったデザイナーY氏と三人、「ちかれた~」で一致し泊まってゆくことに決める…即なんでも居酒屋に直行。

最近なかなかとれなかった新大阪界隈のビジネスホテル、何故か5,000円弱で三室確保。明日から三連休なので、皆さんもう大阪なんか離れちゃってるのかな?

新大阪から地下鉄二駅の江坂、ホテルパークサイドに一瞬ドキッとするオブジェ。5時47分で止まった時計が平成7年1月17日阪神大震災の記憶を留めていた。平成7年1月は、当社が起業してひと月目…来年で22年目になるのだな。つい最近のこととしか思えない。

が、22年の月日はそれなりに長い。忘れてはならない、ということ。
e0001663_08564739.jpg
年に一度の明和高校210クラス会。今年は17名もの参加で益々のご発展…って、一年も経ったの?昨日あったような気がするN君M君…みな息災でめでたいこと。会場も発展、ランクアップして今年はなんと徳川美術館内の料亭「宝善亭」とな。この時期開催につき酷暑の思い出ばかり残るが、今年もやっぱり暑い暑い。

乾杯から2時間半の宴、和気藹藹と進み二次会へ。定席の錦「アインス」で飲食い歌い語りで10時まで。今年はとんぼ返りするつもりが、かなりの酩酊に思いもよらず名古屋泊まり…思いもよらないのになぜ予約してある?(^^;)

来年も一人も欠けずひとりも病み付かず、酷暑のさ中に再会できることを祈ろう。集合写真は、プライバシー配慮のため、50年後に引っ張り出したようなセピア加工してみました。
e0001663_17565231.jpg

若いアーティスト、アーキテクトとお話ししていて最近よく出てくる言葉「コンテンポラリー」。全然最近じゃなく、一般的な用語なんだろうけど、ちと遠い世界に暮らす故、瞬時にピンとこない。「混店舗ラリー」だと、買い物競争の情景が浮かぶが・・・。

なんてアホなオヤジギャグかましてもアーティストには冷笑されるだけだな。要は現代的、汎時代的てな意味だそうで、調べるとダンスやファッションばかり出てくる。モダンとコンテンポラリー、どこが違うの?てな記事もあった。モダン、は伝統様式を踏襲せずにデザインされた、ある特定の時期のものを指すのだとか。即ち「いまどきモダンは古いよー」なんて自家撞着のようで、ありなんだな。今流行ってるものに抜け目なく飛び付くのがコンテンポラリー・・・みぃはぁ、とはちゃうの?

語感は何となく可愛い。で、どうしてもこんなお方の姿が浮かんでしまう。若い方は知らなかろう・・・と、私より3つ4つ下でも知らないかなぁ。「七つの顔のおじさんのほんとの顔はどれでしょう?」の七色仮面。月光仮面は当時からこんてんぽらりだったが、この方はでんでんころり…なんのこっちゃ。

しかしパイナップル頭にサングラス、二丁拳銃不法所持、で今の子が見たらどう見ても正義の味方じゃない、むしろ変質者?
e0001663_17353876.jpg