カテゴリ:四季の彩( 156 )

e0001663_18492455.jpg
日曜日。午後から鶴巻温泉の陣屋様へ。多忙なM社長を捕まえ、みっちりと3時間打合せ。また一年をかけた大工事が始まる。お出会いから7年、一時も休まずなんか工事なさってる。そのエネルギーにも、まぁ、よくこんなこと思い付くわい、の発想力にも感服する。

社長を待つちょっとの間、冨月池端に残る真紅の紅葉を眺める。今年最後の紅葉狩りですな。
e0001663_14320066.jpg
ひどい…自己嫌悪をもたらすタイトルだ!

年に一度の成人病健診、前日に酒を絶ち、当日朝は水だけの決まり。ちょっと前までその当日朝の断食が辛くて辛くて…朝メシ食わんと何にもせんぞの若かった私。最近、全然平気になってしまった。その代わり前日の断酒が辛くて辛くて…確実に生活習慣悪化しとるな。

診断メニューは例年全く同じ。身長測って体重測って血圧測って、尿採って血液採って心電図取って超音波取って眼底撮って、バリウム飲んでゴロゴロ…それでここ十年以上も「所見なし」…健康をよろしく維持しておるのか、メニューそのものにあまり意味が無いのか?年に一度、被曝してるのが体に良いのかな?何もないからそう言えるのだろうけどね。

昨日死んだ若い人の、手のひらは長生き示してた~…なんてね。

写真は設計健保健診センターの食堂。健診終えたあとに60%引きで食べられる。豚丼しっかり食べた後で、トイレにバリウムお返ししてまいりました…つまらない人なのです。




e0001663_11423056.jpg
五年に一度の運転免許更新。誕生日前の日曜日、勇んで出かけた流山免許センターで、「日曜日に更新できるのは優良ゴールドだけ、違反ドライバーは平日のみ、おとといおいで!」と追い返され、3年前の12月に犯した痛恨の一時停止違反を思い出す。高速下り口からの一般道合流口、草むらに隠れてたチャリのスナイパーに気付かなかったあの時。。。

ま、事故らなかったことをお巡りさんに感謝してその後大人しく過ごしたおかげで、本日の講習は一時間で許していただく。二回やったら二時間のお仕置き。んでも、30年近くも守ってたゴールドカードがブルーになって帰ってきたのはとても悲しかった。

次の更新は5年後、存命であれば69歳…辛うじて高齢者講習一歩手前。そろそろ返納を考えてる頃だろうな。
e0001663_16383919.jpg
なんじゃそれ?…三連休、日曜も祭日月曜出たから?…仕事たっぷり溜まってるから仕方ない。

出勤途中の公園にて。今を盛りの金木犀、周辺一帯甘い香りで満たされてる。秋の風物詩、去年の金木犀はどこで嗅いだっけ?…と、嗅いだ、と書くと「香り」ではなく「匂い」または「臭い」になってしまう。どなたかのご子息のように「きんも、臭っせぇ」ってね。

そう言われればの甘い香り、生臭いと言えなくもない、秋真っ盛り。
e0001663_20295718.jpg
午後からのクラス会に備え名古屋に先乗り…神戸に比べてホテルが半額くらいだったのだ。名古屋が安いのか神戸が高いのか?中国に近い神戸が高いのだろうな。

面倒見の良いU幹事、希望者のために午前中に名古屋城本丸御殿の見学をセットしてくれる。予備知識なし…文化財の見学かなと思ったら、焼失した建物の復元新築だった。名だたる寺社建築の第一線M建設さんの手になる木曽檜書院はピッカピカ。黄金の襖絵も再現されて、なかなかの人出…それでも中国語目立つなぁ。日本人が爆買いインバウンド需要…なんてことばかり期待してるうちに、先方しっかり文化に目を向けてくれておる。
e0001663_17062177.jpg
午後はいつものクラス会。いつもの顔が欠けることなく揃って一年の息災を祝う。以前はそのまま深夜まで飲んでホテルにドボン…だったのだが、さすがに63~64歳みな同い年(当たり前)、解散も結構早かったため、そのまま帰京することに。

無理せず長く続けたいものなり。
e0001663_10503220.jpg
梅が好きです、あした天気になーれー♪

何につけ一応は、楽観的な観測をするのが癖です~、と、一昨日の「一年に一度あるかどうかの暑さ」の予報に、時は今、干すべし!干すべし!と、家人がベランダで梅の土用干しを決行する。一年に一番大事なお仕事。カリカリに乾いていることだろうと外出、戻ったときには突然のスコールに打たれていたとの悲報…嗚呼。

150個くらいあるこの梅干しを、毎朝ちょっとづつ一年かけて大事に大事に食すつもりだった。今年は干す前に先に紫蘇に漬け込んでたとかで、既に良い香りを放ち始めていたのに…今夜梅は冷たい~…。

と、家人曰く、雨に打たれた梅干しの復活の方法があると。焼酎で洗って一日寝かせればはい元通り…か?祈るような気持ちで最強の呪文、ベホマズンを唱えて、次の晴れの日を待つ。な時に限って昨日も今日も明日も雨なんだからー(TT)
e0001663_23575332.jpg
台風みたいなスコールの昨日から、うって変わって真夏の陽気。熱帯雨林国ニッポンここにあり…で、朝から新幹線で弁天町へ。Oプロジェクト現地設計定例会議、30名の大所帯で開催。メンバーではすでに最古参のワタクシ、初めての方の廃墟ツアーガイド…慣れてきました。

会議終了後神戸へ…梅雨なのに…夏至だけど…なんでこんなに暑いのだ!と重い鞄抱えて現場へ向かう道すがら、現場用地の隣の小学校に咲く紫陽花発見、ひとやすみしながら撮影する。別に神戸名物でもなんでもないが、この味わい深い色合いこそこの季節の彩りですな。

なお「紫陽花」の名を冠したラブホテルがある、との粋な記事に触発された今日のタイトルなり…ヒント音読み、ね。
e0001663_15434002.jpg
昨日。温泉見学で下りた西武秩父駅。いま真っ盛りの芝桜を羊山公園に愛でてみる…とても私らしくない所業。先日よりの千鳥が淵のソメイヨシノ、亀戸天神・藤まつりと言い、花に目覚めたのかな?いや、本日は買いたてのInsta360Airを使ってみたいだけなのかな…たぶんそうです。

私が知らなかっただけで、この羊山公園の芝桜ってのは超有名らしい…例えて言うとお花の横綱?…どうも相撲取りの四股名に聞こえてならん。秩父と聞いてあの名曲「悲惨な戦い」の若秩父を思い出したからだろうか?それに、芝桜ってのはどこが桜なんだろ?ちょっとヨーロッパ風の人工的な香りがしますな…はっきり言って雑草じゃん、とはやっぱり花を愛でる柄ではないか…ごめんね若秩父。
e0001663_20365673.jpg
土曜日の午後、錦糸町の得意先訪問がてら、亀戸天神の藤まつり、などを覗いてみる。大型ゴールデンウィークの初日、さぞや大混雑であろうと心配していたが…想像以上であった。外人さんの姿がとても目立つ。有名なんですね、ここ。上京40年ではじめて来ました。桜の花見とは一味違った大人の藤見。アップにした藤の花はそのままロゴマークになりそう。美しい。
e0001663_17075409.jpg
ランドスケープがらみのお仕事が多い今日この頃、大方はIセンセにおまかせしておるが、キーワードとしてのお花は私ゃ知らん、では通用しない。桜を見に行くのも梅を見に行くのもお仕事なのだよ。冷酒をちびちびやりながらもり蕎麦たぐるのもお仕事…いいじゃん、連休なんだもん!

#]土曜日。朝から鶴巻温泉にて打合せ。陣屋の桜を堪能したあと東京へ。週末ほとんど雨の予報のなか、奇跡的に晴れた午後のひとときに名残の桜を見るため靖国神社へ。
e0001663_14535419.jpg
とんでもない人出と怖れてたものの、やはりここへ来なくては桜の季節は修められぬ…凄い、凄い桜。それに思ったほどの人出ではない。大好きだった屋台が無くなってたのが残念…だから空いてるのかな?
e0001663_15191254.jpg
ここまで来たらこちらも…都内の桜の殿堂、千鳥ヶ淵に立ち寄る。九段下の駅から出られない、なんてニュースもあったが怖れず突撃…筆舌に尽くしがたい大満開。溢れかえる老若男女は国際色も豊か。欧米も行っとイスラムさんもアフリカさんもお堀の手すりから身を乗り出さんばかり。どうだいいだろニッポン…私が威張ることでもないが。

これでおしまいにします、2017年の桜。