<   2010年 12月 ( 43 )   > この月の画像一覧

e0001663_15322546.jpg東海道新幹線で大阪へ向け移動中。この時期恒例の雪の米原。お約束のように遅れる新幹線。東京へ出てから35年、何往復したのかなぁ…100回と200回の間、というところか。渡米・渡欧のキャリアを語るよりカッコよくない。

一昨日の社内忘年会にて今年の予定はほぼ終わり。今年の代表作「八眞茂登」に日頃お世話になってる方を招いて15人の盛会。八畳に15人?と企画の無謀を問う声もあったが何の何の…話が近くてよいセッティングであった。

「なんとか今年をしのぎ切ったと言うか、来年に問題を先送りしたと言うか…」などと挨拶したところ、すかさず「民主党!」と合いの手が入る。M1のスリムクラブの決め台詞も「民主党」だった。一年間、なんもかも先送りした結果、執行部主導で全力を尽くしているのが「小沢喚問」…無力感の極み。「小沢抜きなら政策協議も…」と唆す野党の真意すら見えなくなっとるのか?彼以外は怖くないからなのだよ。

韓信・秀次・劉少奇、マラーにダントン、トロツキー…盟友を斬って保身しようとするのは人の業なのかも。オウムでも赤軍派も似たようなことしてた…で、そのまま保身できたケースはほとんどない。

年の最後に何を書いてるやら…2011年の世はこんな天気なのかなぁ…寒っ!
e0001663_19433898.jpg

昨年に続き、やまとの湯に注文させていただいた「黒門市場」おせちがクール宅急便にて到着。まだ大晦日にもならぬ30日なれど、美味いものは宵に喰へ、の古人の教えに基づき夕食にパクつくことに。

昨年我が家でこのおせちの評判がすこぶる良くて、今年は西宮と合わせて二軒分をお願いする…まだカチカチに凍っておる。早く溶けないかな。

明日東海道移動で大阪へ向かうため、本日が松戸での正月三が日の始まりで終わり。お屠蘇も行ってみよう!
e0001663_1350538.jpg

冬休みで帰省しているムスメの成人式写真前撮りで松戸伊勢丹写真室へ。美容院で手間取っているらしく時間になっても現われぬ。で、親父ヒマ持て余し。

日頃より全国津々浦々にて写真館様には大変お世話になっており、我がムスメの時くらいお返しせねばと思いつも、今年がその年だと失念。いつの間にか段取りされていた撮影を見物する。

スナップの掲載、本人の許可は絶対におりませぬ。
e0001663_1525681.jpg世の中おおむね昨日で仕事納め。長らく続いた製粉会館2010年度リニューアル工事も無事お引き渡しを終え、昨年同様社長室にての打ち上げにお招きを賜る。

体内のアルコール濃度が下がりきらないうちに充填する連日の宴。途中から記憶途絶…ずいぶん早く帰宅したところをみると…はて?

で、今日も、なのだ。
e0001663_16264659.jpg知らない作家さんのタイムスリップもの。傑作「リプレイ」や佳作「リピート」を思わせるタイトル。密室殺人と同じくトリック出揃っているだろうに、どれどれどんな仕掛けじゃろと興味をそそられ購入。アセット・マネージメントの会社が破綻してリセット・マネージメントしとる、てな話ではないぞ。

【ネタバレ注意!】
e0001663_7534059.jpg昨夜、さいたま新都心にて。今年大変お世話になり、来年もっと大変お世話になるH社長を囲んで忘年の宴。隣席ではいつ終わるとも知れぬ応援団風エールの応酬…みなさん立ってから30分もやってたぞ。中高年に違いない。

で、皆様にこの一年を振り返って個々の10大ニュースは何ぞやと無茶振りしてみる…10個もあるわけない!が大勢、しかもほとんどが仕事。Kビルの竣工、Kビルの雨漏り、Kビルの水漏れ…これで3つ、なんて方も居て仕事熱心な集団なり。

私だって、さして何かあった年ではない、万馬券も獲れなかったし…と、16年棲んだ銀座から八丁堀へ引っ越したのを思い出す。これは重大事件だよ、二位には入るよ。では、一位は?…35年間恋い焦がれ、初めて叶ったみゆきさんコンサートであります。病膏肓。
e0001663_139213.jpg

今年でその10年の歴史を閉じるというM-1グランプリ。9年連続で決勝敗退、上村愛子かステイゴールドのようなコンビ、笑い飯が悲願のグランプリ\11,000,000-を獲得した。決勝の小銭ネタは今一つ笑えなかったような気がしたが、ま予定調和、素直におめでとうございます。

それより決勝で票が割れた「スリムクラブ」なるコンビにオリジナリティを感じる…初めて聞いた名前。キャラのキモさという意味ではオードリーの路線かもしれないが、現段階でこっちの方がずっとオモロイ。今後のネタ次第であろう。

人気のあるうちに一旦幕を引き、次の企画を立ち上げる島田戦略…笑っていいとも!にしたくない気持ちはよくわかる。手札が強い時こそ大胆な賭けに出る…相場師だね。
e0001663_17365010.jpg
肌寒い日が続き、我が家のヤマボウシも例年通りの完全丸裸となる。と、茂っていた時には気付かなかった鳥の巣あり。下から眺めていた時には、なんか気持の悪いでかい繭があるなぁ、毒蛾でも出てった後なのかなぁと思っていた。どんな大きい蛾じゃ。

で、2階の窓から見下ろしてびっくり。小さな鳥の巣ではないか!見る限りにおいて雀も入らぬ位のお宿。何の巣なんかな・・・にっくきヒヨドリでないことも確か。このままそっと置いといて、来年になれば帰ってくるのだろうか。
e0001663_15203366.jpg本年総決算のラストラン、有馬記念発走まであと10分。テレビの無い事務所からちょっと駆け足銀座のウィンズ。

時間がないので予想だけ。ブエナが三着外すこたあり得ないと、先週に味を占めて3連複ばらばら。それだけでは配当妙味なし、でダノンシャンティからみの三連単に夢を託す。ゆけ!三歳児!

終わった…三歳児よく走ってくれたが、三連複にはグローリー居らん、三連単にはヴィクトワール居らん。おかしな買い方するから自滅なり。
e0001663_125914100.jpg
本格密室殺人ミステリー、の帯で購入。古今東西、推理小説の王道。そんなに沢山読んでるわけではないが、およそ考えられる限りのトリックは出尽くしているであろうこの分野。トンデモ系に違いなかろうと思いつつも、やっぱりどんなんかなぁ、と。著者貴志祐介氏は必ずしもミステリー屋さんではないそうな。

【ネタバレ注意】