<   2011年 07月 ( 44 )   > この月の画像一覧

e0001663_1015859.jpg

埼玉よりの帰り道、乗り替えはいつも赤羽駅。二期に分けての工事が続いていたエキナカ、ecuteの南口の方が昨日7月30日にオープンする。

お世話になってるデリカテッセン様、今回は自然と共生がテーマのグリーンデリを出店。お祝いに駆け付ける。エキナカ、工事が大変なんだろうな。まだシャッターが目立つショッピングロードにひときわの人だかり。

店内に知己の姿見当たらす、で人見知りしてお祝いの言葉伝え損ねる。すんません。ともあれY社長、まことにおめでとうございます。
e0001663_17493734.jpg

夏はお休み、馬は世につれ…が、本日ご挨拶に立ち寄った客先で、函館11R漁火ステークスを観戦する。昨年阪神JFで応援、四着に涙を飲んだアヴェンチュラが、道中4、5番手から見事に差し切り秋のG1へ大きな楽しみとなった。(写真は去年の新馬戦のもの。)

実は忘れていたのだがアヴェンチュラ、本日の客先H社長の持ち馬。昨年もそれで応援したんだった。馬券は買わないH社長、賞金でしっかり潤っていただいて、馬券は私めに恩恵のほどを…。まずは秋華賞、ですな。
e0001663_23173523.jpg

一昨日より謎の頭痛。安眠枕を用いてるにも関わらず右後頭部に不気味な腫れと痛み。つい最近、同級生が脳出血で一命をとりとめたとの記憶も新たか。いよいよ来たかなと、昨日近場の脳神経外科を訪れる。

なんだかわかりませんねぇ、とレントゲン撮って解放されたが、今日に至って痛みは増し腫れは拡がり、どないしたもんかなと…と、その脳神経外科より「お話ししたいことがあります。」との電話。「翌日に電話があるってのはよっぽどのことよ。」と事務のFさんに脅かされる。

まぁ、この年になれば色々あるわな、と行ってみる。「血液検査の結果、細菌が異常にたくさんいます。頭の掻き傷からバイ菌が入って化膿してるようです。」と。血液でわかるんだから、身体中に細菌居るのね。どうりでかったるいと思ってた。これも広義には脳腫瘍と言うのだろうか?

頭は優しく洗った方がいいですねとご診断をいただき、抗生剤を処方される。折しも山梨に桃狩りにでかけた家人も一安心。ご心配をかけた我が社員たち、脳腫瘍明けを祝おうと茅場町の立呑屋あぐりで一献催していただいたのであった。

関係ないが脳腫瘍って語感は、中国共産党要人のようだ。能朱陽国家主席、なんちゃって。なんかあちこちから怒られそうな記事だな。
今朝飛び込んできたニュース。元ロッテ、元ヤンキース、元阪神タイガースの伊良部秀輝投手がロスの自宅で自殺していたと・・・。スタンドに唾を吐いたり引退後に暴行事件を起こしたりで、やんちゃそのもののイメージだった。球速にこだわり、あの太った体から158kmの剛速球を投げていた・・・詳しくは知らないが、何があったのかなぁ?ともあれ、ご冥福をお祈りします。

と、思い出すのが2003年の日本シリーズ。パリーグの覇者はまだダイエーだった現ソフトバンクスホークス。投手三本柱、杉内・和田・斉藤を並べてみて、「ジャニーズ事務所みたいやなぁ。ええなぁダイエー・・・」と、熱血トラキチのおばさんが呟いていた。これに川崎ムネリンだものね。

e0001663_1247233.jpg

翻って、当時の阪神三本柱が伊良部・下柳・ムーアだったのだ。「山口組事務所みたいやわぁ~」これに主砲金本の兄貴じゃけんのぉ。迫力は圧倒していたはずなのだが。

e0001663_12471031.jpg
何故か、3勝4敗でホークスに日本一を持って行かれました。ジャニーズ事務所の勝ち。
e0001663_2122449.jpg当社至近、立ち食い蕎麦のゆで太郎湊町店がリニューアルオープン。ずいぶん長いこと工事やってたような…と言っても2週間くらいだが、なにが変わったのかな?

ミカン箱みたいなテーブルで食べさせられてたのが、安物デコラのカウンターに変わってた。一晩でできそうだが。ただここの蕎麦はちゃんと生麺を茹でて作っており、ここいらでは一押し。当社社員も愛用している模様。当社社長の今日のバンメシ、でもある。
e0001663_18584270.jpg
なんか原発の本をひとつ・・・てんで、前福島県知事の佐藤栄左久氏の著書「福島原発の真実」を購入。大体政治家の回顧録のようなもの、後付けで自分の都合のよいように書くのが定番。この本も若干その香りはなきにしもあらず。反原発、脱原発の闘士だったように書いているが、東大→自民党のばりばりの保守。色々あっても許可出した知事だもんね。名前がパロディみたいで昔からよく知っていた。佐藤B作とは違う。

が、仕事で頻繁に福島を訪れていた10年前頃より「頑固で意固地でどうしようもない変わり者。あの知事のせいで福島は日本から取り残されている。」とはたびたび聞いたお人柄。ま、言っているのが地元経済界の方だったから、本書で語られる国、東電、恩恵を受ける地元自治体にとって相当な邪魔者だったのも間違いないな。

件の水谷建設~小沢一郎の収賄事件のフレームアップに引っ掛かってとっつかまり、、証拠改竄も厭わない敏腕特捜検察に虚偽の自白調書を取られ、1、2審とも有罪判決を受けたお方。ただ、2審は、収賄事件なのに賄賂額ゼロ認定だそうな。・・・東電ってのは、司法も操るのだね。彼が辞職した後、一気呵成に原発は推進され、プルサーマルも導入され、今日の事態を招いている・・・それがなかったら、今回の事故がなかったとは言わぬ。多分一緒だったろうが、こうやって、葬られた歴史を書いていただけるのは、その辺の御用学者の解説と違って、当事者感あふれててよろしい。

もはや地域振興に責任のないお立場、菅直人首相の脱原発をとても評価しておられる。まるっきし水と油のような政治家同士、たった一つのキーワードで連帯してくれればと思う。言っとくが、菅直人支持ぢゃないよ。
ちょっと旧聞。上方落語の桂三枝師匠が、満を持して「桂文枝」を襲名することとなった。天満の繁盛亭誕生の功績だけでも、十分にその存在は関西落語界のトップリーダー、一門の大名跡を継ぐのに何の違和感もない・・・かな?あまりにも三枝時代が長く華やかであったため、いまさら文枝と言われても、の感を持つ方の方が多いかも。
e0001663_1248692.jpg
実は文枝と言われてもピンとこないのだな。学生時代を関西で過ごした身にとって、落語四天王と言えば、松鶴・米朝・小文枝・春團治。そう、小が取れた文枝師匠に思い出がないのだ。何年ごろ取れたのかな?今思えばその頃、仁鶴、三枝が既に正当な嫡子の貫録を示しており、八方・きん枝・小染・文珍の若手ザ・パンダが猛烈に売出し中であった。今と変わらんやん・・・嗚呼小染さん、ではあるが。

新作に独自の境地を見出したため、個人的にはテレビタレントの一面しか見えてなかった・・・東京へ来てたし。本人も、「文枝になったら・・・椅子からこけられませんなぁ」と。一門の今後を考えての襲名は、いかにも三枝さんらしいと云えばらしい。米朝を飛び越して米團治ができたそうだが、仁鶴は松鶴にならんのかな?

そう言えば、かえすがえすも、嗚呼吉朝。それにも増して嗚呼枝雀・・・言うてはならんのだが。
e0001663_1431836.jpgお祭りのあとは、施主・設計・施工の顔合わせで食事会。季節感あふれる鰻を食す。先日の土用丑の日は、スーパーの売れ残り弁当だったので、これをOBとして打ち直しティーショット、フェアウェイど真ん中の「割烹・高橋屋」。

杉戸町は日光街道の有名な宿場町だったらしく、高橋屋さん堂々の老舗日本建築。七ヶ月の精進を、テラテラと光る蒲焼きに誓ったのであった。
e0001663_13363940.jpg

晴れてはいるものの、台風前のような猛暑ではない今日この頃、杉戸みやび温泉新築工事の地鎮祭の日を迎える。

苦節2年、と、別に苦節でもなかったが、時はあっという間に過ぎ行くものなのね。クライアントH社長と出会ってからももう8年…すぐ走馬灯が走るんだからもう。

ま、今回の仕事はこれまでの温浴施設のキャリアの集大成、大成建設様に施工を依頼したのはそのため…なわけはないが、この規模の建物にしてはまさに望外のパートナー。決して妨害のパートナーではない。

なんてつまらん駄洒落は自粛して、忌み鎌ふるい玉串捧げて工事の安全を祈念して参りました。七ヶ月後が楽しみだ。
何度も噂になっていた「ジュラシックパーク4」製作。今度はほんとらしいぞ。数あるスピルバーグの中で「JAWS」と並んで深く深く愛する作品。記事をmixiで見つけて辿ってゆくと、同じ名のコミュを発見してさっそく参加してしまった。

「ジュラシックパーク」っていったら、「ロストワールド」でも「Ⅲ」でもなく「Ⅰ」だ!っていう人、のキャッチコピー、まさに我が意を得たり。T-Rexが安直に出て子供食いまくったり、家族だったり、街をうろうろしたり・・・どんどん陳腐になっていったⅡ以降はJAWSと同じ末路。ならばなんで4を期待するのか?うぅむ、批判しながら4まで見てるもんなJAWS・・・なんか、とてもひどかった記憶。

要は恐竜好きの男の子なのだな。ウルトラマン好きと変わらんのだな。4は構想にあと2、3年。完成となると10年くらいかかるとか。見られるかしらん?

Ⅰの予告編だよ