<   2011年 12月 ( 44 )   > この月の画像一覧

e0001663_17264422.jpgこんな年でも大晦日。一日にして国が変わったという意味では1945年8月15日と並ぶ2011年3月11日、今この国に生きている全ての世代の人間が、その生涯が終わるまで「君はあのとき何をしていたのか?」と問い続けるだろう…ほぼ100年。否、原発の行く末次第では何十万年?人類に代わって地球を制覇するのは「イカ」とのことだが、そのイカ達も3・11を人類から引き継いでるかもしれぬ。すみません、イカ様…イカサマ?

と、呆然として何をしても虚しかった3月からはや9ヵ月。師走はいつもの通り慌ただしく過ぎて、忘れっぽい脳味噌はあの事を少し彼方に感じてる様子。アル中が原因のアルチュハイマーだと、どれかの忘年会で誰かに指摘されたような気がするのだが…覚えてない。Hさんだなきっと

私事では、今年は息子が就職、娘が地方で絵描きの山籠り、どちらもうちに寄り付かぬ。まずもってホームシックの遺伝子は持ってないな^^。で、今年も一人で帰阪の途に付く。梅田で乗り換えついでにグリーンデリ梅田大丸店に立ち寄る。3月震災直後に竣工、立ち会いに訪れてあまりの東西の空気の違いに驚嘆したのを思い出すな。

来たる新年に向けて、あまり明るいイメージが湧いてこないのだが、愚痴や八つ当たりばかり言ってると更にビンボ神を呼び寄せる。さんまではないが、生きてるだけで丸儲けな一年、乗り切ってはいないがやり過ごせたことでよしと致します。
e0001663_20463921.jpg12月30日。大晦日の宵山、昨日までのドサクサの瓦礫の片付け、ひとり大掃除に励む。やれやれなんとか越したぞ2011年、で帰宅。TVでは「輝け!日本レコード大賞」…レコードってわかる若者居るのかな?新記録じゃないぞ。とって替わったCD、DVDだっていつまであるのやら?

ダンスがお上手、歌がお上手、みんなおんなじ綺麗なお顔、の韓流POPS ばっかりじゃな、わしの見る番組ではないな、堺正章よりは若いんだけどなとチャンネル変えるか…で、変なの現れる。

伊藤なんとか、「六本木星屑(スターダスト)」…歌詞もメロディーも思いっきり昭和歌謡。いしだあゆみとは言わんが平山美紀っちゅうか荻野目洋子っちゅうか。

もうこの線しかないか。どこもおんなじお洒落居酒屋群のど真ん中で、紙カツやら電気ブランやら出して頑張るレトロ酒場路線しか。
e0001663_16431926.jpg今年、12月に入るまではぽかぽかと暖かく、また暖冬なんだなぁと思ってジャケットのまま動いていた。で、半ばからの急激な寒波・・・中間すっ飛ばしてずっとダウンジャケット着用となる。これが10年物一枚きり、着た切りダウンジャケット。事務所のO君と同行中「瀬川さんと歩いてると鳥の羽が舞うんですけど・・・?」と、どっか穴開いてるんじゃな。

同じく着た切りヒートテックも解消せねばと訪れたユニクロ銀座店で、写真の「ウルトラライトダウンジャケット」に目が行きダウンを奪う・・・奪ってない、衝動買い。私のユニクロ史上最高額のお買いもの、¥5,990-。なんか消防士の耐火服のような趣き、いいのだ温かければ。
e0001663_22545728.jpg

なんの意味もないタイトル…なにより寒い。

今年もあと三日、に迫ってるというのに今日まだ二つのプチ締切、机とパソコンにへばり付き。中国から一時帰国のK君が会社の年賀状全部作ってくれたからひと安心なのだが、自分の賀状も大掃除も何にもできず。爆撃跡のような事務所のままで新年を迎えるのだろうか…トホホ。

にしても今年は寒い。足元からしんしんと底冷えするマイデスク。ヒートテック穿いて電気あんかを尻に敷き写真の携帯カイロで凍える指先を温めてマウスいじってる。暑いとか寒いとかに鈍感なのが自慢だったのに…ひょっとして核の冬?もしくはこのビルが安藤忠雄先生の設計だとか?

なんちゃって、年齢のせいだとはわかっているのだよ。おお寒っ!
e0001663_19274029.jpg昨夜は忘年会のはしご。まずは恒例、製粉会館様の仕事納めにお招きをいただく。テナント各位へのサービスとして、N社長がご決断、今年完成したコナチャンルームにて、皆色々持ち寄りのアットホーム忘年会。テナント各位のうち、圧倒的に大家さんがお使いになっておられるご様子^^。

炭水化物の殿堂へお酒を持ち込むのは勇気のいる所業。思い切り高いか、思い切り珍しいか、思い切り有名か・・・どの視点から見ても中途半端な「久保田 千寿」をぶら下げて行く。

我々が午後5時にはすでに宴たけなわ。「魔王」が舞い降りておる。「グラスに注いだ後、5mmだけミネラルウォーターを入れる、するとこれがとてもmellowなテイストとなる。」・・・やってみる。そんな気がする。やっぱり語る人によるのだな、ウンチク。

e0001663_19274045.jpg他にビールやワインや、新年会の分と思しきほど大量の差し入れ酒。サケチャンルームになってるぞ。

後ろ髪引かれながらコナチャンルームを後にして、我が定席、というかダイニングルームと化しておる八丁堀「八眞茂登」へ。オオトリは当社の忘年会。二階の座敷がヨットのグループの宴会で貸し切り・・・ここにも懐かしい顔。1階での協力会社さん、OGの面々、いつもの顔がいつものように元気に集合。こんな年にいつもと同じ年の瀬を迎えられたことがとても嬉しい。今年も一年間、お疲れさまでした。
e0001663_1634884.jpg沖縄普天間基地の辺野古移転に先立つ環境影響評価書-環境アセスメントを沖縄県庁に提出するにあたり、反対派が県庁で待ち構えてるからと、あろうことか宅急便で送りつけたとか…写真見る限りクロネコヤマトだな。7000ページ20部、段ボール16箱だそうだが…ま、あれだけの範囲の環境調査書、えらく多いとは思わんな。

そのクロネコも反対派に取り囲まれて搬入叶わず。ならばと夜陰に紛れて未明の4時にこっそり守衛室に運び込んだらしい。ゴミの不法投棄かっちゅうの!しかも部数不足。配達先に抵抗された時のマニュアルはなさそうだからクロネコはしゃあない。あかんのは差出人。防衛省やろ?軍やろ?ちょっと反対派がいるくらいで怯んでて有事の役に立つか?マンションの近隣説明会にも行けんぞ。

なんとか落とし所を探って、その都度顔に泥を塗られてる知事さん。今度も事務手続だから受けるよと言ってるのに、悪徳産廃業者のような振る舞い…いい加減ぶちきれるかも。

他はなんにもせんでええ、消費税だけ上げてくれれば、で首相になった太ったお方はそもそも基地移転には全く興味ないご様子。増税と同じくらいの不退転の決意があればだが…無理だったな…豚移転の欠意。
e0001663_19443329.jpg

2011年もあと4日。ご挨拶にまわらにゃならん時期なのだが、まだまだ年末進行収まらず。仕方なく走り回る…仕走(しはす)?

写真は、遅刻につきもったいないなと思いつつ乗った、平塚から秦野へ向かうタクシーから見た美しい夕焼け富士。運転手さん曰く、電線さえなけりゃもっときれいなんですけどねと。その電柱には西富士町とかなんとか富士にまつわる地名。みんな好きなんだ、富士山。
e0001663_23141068.jpg

前にこの方の作品を読んだような気がするのだが思い出せない白石一文氏の長篇○○小説、文庫二冊でなかなか読み応えがあった。○○ってのは、はっきりカテゴリー分けできない不思議な味わいという意味。

冒頭より激しくも乾いた官能描写。暴力や犯罪の暗い匂いが漂い、新潮の「黒い報告書」かいな、と。が、政治家や企業の実名を顕にした上で、つまみ食いでない、まるごと引用。ある意味潔い。小説読んでるのか評論読んでるのか、ふと不思議な気分。

高杉良さんみたいだったり花村さんみたいだったり。これが村上さん曰くの多層レイア構造の作品なのかな?「芸術闘争論」によりますと、自画像と死とエロスと歴史と時事、この五点を押さえておくのがヒットの秘訣。アートかどうかよく知らないが、私の建築作りで心がけるポイントと共通する…エロス以外ね^^;。

でもエンターティメントとしてもそこそこ面白かったッス。
e0001663_21254414.jpg

年末進行、とりあえず今年中には、が積み重なると色々間に合わなくなる。本日は西武地区漫遊。小平→ひばりヶ丘→一旦帰社→三鷹で一日過ぎる。小なりと言えど、じわじわ動いてるのは消費税上げの予告効果であろうか?

と、せっかく減った体重がじわじわ戻っているのは年末進行のおかげ?いやいやたぶん関係なし。写真は今日のヒルメシ牡蛎釜飯。牡蛎フライと違って揚げ油があるわけじゃなし、ヘルシーなもんじゃ、と、この釜に茶碗4杯分の美味しいご飯が入っておる。遺憾なり。

遺憾の余り、一粒も残さずに完食してしまった。責任を取ってもらいたい。
e0001663_15461183.jpg

朝から所沢へ。建築士試験のような一日課題をいただく。事務所へ戻ってせっせせっせ…テレビがないので銀座WINSへ有馬記念の観戦に出掛ける。

馬券は相変わらず。エイシンフラッシュは押さえていたが、グローリーが抜け目…来年は三連単よそう。ブエナビスタは繁殖入りを前に安全策だったのかなぁ。

しかし、あのスローペースを最後方から追い込んで、あの短い中山直線でよくぞ差し切った。三冠伊達ではない。のと、池添も只者ではない。結果はともかく、納得のレースであった。