<   2012年 03月 ( 40 )   > この月の画像一覧

3月も今日まで。桜のつぼみはまだ硬いようだが、野球の季節は予定通り到来。セ・パ同時開幕の昨日は激闘ペナントレースを予感させる熱い試合が相次いだ…のを帰宅後、深夜のニュースで知る。で、頼まれもせんのに総評。

・阪神VS 横浜、逆転逆転の末のドロー。ゲーム屋は嫌いだが、何年も塩漬けだったチームを預かるには適役だったね中畑さん。野球は勝ち負けだけではないとは落合さんの真逆。次の会社が横浜買い取るまで、セリーグを盛り上げておくれ。なんか地味になった阪神はそこそこいい感じ。たぶん優勝争いには絡むとみた。

・名伯楽落合監督が抜け、優勝の目は無くなったと見る中日。吉見が前健に投げ勝ち先制。そこそこいいとこ行くかもね。広島は辛い。

・清武をパージして、らしさが蘇った読売。他球団のエースと4番をかき集めて完封負け。5回に1回くらい10対0で勝って勝率2割をめざす?原監督は選手が足りんと言ったとか・・・まだ気がつかない。石川君は往年のがんばれヤスダくんを思わせる投法である。小川びいきで言うのだが、今年はヤクルト優勝と見た。

e0001663_1424676.jpg・ま、なんと言っても昨日のハイライトは日ハム斉藤王子の完投勝ちでしょう。「今は持ってる、ではなく背負ってます。」は、グッドコピー。勝つつもりで考えていたとすれば、とても豪胆、頼もしいではないか。球団の人気取りに迎合したとハナから悪評ぷんぷんだった栗山解説者監督。まずはマスコミの鼻を明かして気分いいでしょうな。
杉戸の引き渡しを終え事務所へ。出がけに今日は帰らないよ、と言い残しての出勤、朝までのスタミナを付けむと気合いを入れての夕食。天津の仕事してるんだからねの天津丼。ご飯が多い。ダイエットどこいった?
e0001663_23483912.jpg
せっかくその気で製図板にかじりつくこと三時間。S保センセ缶ビールを片手に現わる。仕事の溜まったK君も乱入。強制閉店を余儀なくされる。そういえば金曜日だ。明日頑張ればいいのだ。…いいのか?
昨年9月より取り組んできた「杉戸天然温泉・雅楽(うた)の湯」が、2011年度オーラスの本日3月30日、大成建設様より無事引き渡しを受ける。各種官庁検査も滞りなく合格、明日から4月11日のオープンに向けて施主様の準備、トレーニングに入ることとなった。

畑の中のぽつーんとした古屋敷を調査に来てからもう2年余、長いと言えば長く早いと言えば早い。隅々まで完璧を期せたかどうか…H社長に申し訳ない部分も多々あれど、お店の大繁盛を以てお許しいただければと祈念するのみ。

まだ所々脚立が立ってたり、シートが掛かってたりでカッコいい写真が撮れない…これがオープンすると祝いの花だらけになって、またなかなかいいのが撮れないんだよな。そのうちまとめてアップしまする。自己評価では、担当O君の渾身の努力の成果あって、とても風情のある癒しの里が完成したと確信する。これを贔屓の引き渡しという…こんな時までしょーもないことを…。

まずはおめでとうございました。
e0001663_18545231.jpg

この年度末、押し詰まった29日に一級建築士の定期講習を受けている。なんでそんなもん受けにゃならんの?遅れた罰則はなに?金取られるん?…と、無視を決め込んでたへそ曲がり、事務所の前途を憂うる若いもんから急き立てられ期限の一日前に強制受講。日がな一日を不毛なテキスト朗読ビデオの前で過ごす。不承不承の機嫌おお悪。
e0001663_13193374.jpg
踏み切ったのは敬愛する老大家の先生が、やはり事務所事務方によって強制受講させられてきたと聞いたため。あの先生ですらこの屈辱に耐えたのかと、私ごときの小物がごねてるのは笑止だなと思い直したのもある。槙文彦師も谷口吉生師も、安藤師も伊東師も隈師も、存命であれば丹下健三師も村野藤吾師であっても、12,000円払ってビデオの前で無為な一日を過ごしたのだろうから。

アネハ一件でよくここまで焼け太りしたもんだ。前にも書いたが、事故や事件を奇禍とし安全と治安を旗印にして公権益は忍び寄る。 新聞の死亡広告欄をくまなく調べて出没する香典詐欺みたいな部署があるんだろう。そんな仕事を生業にしてる人って…

寒いだろうね、その一日は、
嫌いな人しか出逢えない
辛いだろうね、その一生は
軽蔑だけしか抱けない


なんて、みゆきさんの歌が脳裏に流れる。あ、だからビデオでの講義なのか。
e0001663_22523055.jpg神奈川秦野のO邸新築工事、本日無事工事請負契約の運びとなる。ずいぶん予算オーバーしてしまって面目なし。

施主様のお母様は隣接地の旅館「陣屋」様の大女将。旅館敷地より道路を越えはるかに住宅建設地にはみ出したる巨木の枝払いをこの工事のために行ってくださる。玄関前に仁王立ち、植木屋に細かく指示を出して剪定の差配を執られる女将を惚れ惚れと眺める。

気が付いたら地上にダンプ一杯の枝。中で姿のよいものを手にとって「これ○○の間に飾ろうっと。」と…なんかそのたおやかさが素敵なんだなぁ。巨木もその伸びすぎた枝を払ってもらって、ダイエットしたかのごとくかっこよくなった、ように見えるのだ。
e0001663_15353668.jpgいくらか花粉で霞んではいるが、本日はまことに結構な小春日和。コートを脱いで色づき始めた桜の蕾を愛でに…ではなく単なる野暮用で小田急線の旅。出がけ出そびれて遅刻気味、新宿駅にたまたま居たロマンスカーに飛び乗る。短縮10分で550円は勿体なし。

車中ではテレビの撮影風景。タレントか素人かわからんが、見るからに…の鉄道マニアさんをずっと撮りながらインタビュー。

「どの路線が好きですか?」
「いつも一人で乗るんですか?」

いかにもさんも結構よく喋る。

「車掌さんが親切だから小田急が好きです。」
「引退した車両を操車場で撮すんです。」

しかしテレビクルーとやら、男女取り混ぜ5、6人も…なんでこんなヒマネタ番組にこんなに大勢居るのか?通路塞いで邪魔だしやかましい。

「部活とか何やってましたか?」
「なにもしてません。」
「ほーんとに一人が好きなんですねぇ(笑)」

マニアをバカにしてるのがまるわかり。…そもそも嫌いな職種の奴らなのでそう聞こえるだけかも知れん。降り際にケータイ向けて撮ってやったがなんにも言わんかったな。
e0001663_23523415.jpg

中国武漢よりご帰国のO所長、羽田から当社へ直行、今夜半に締切の図面指導をいただく。いつものごとく机の上は居酒屋に…本日は出前寿司。

しかし、書いた図面の文字を中国の方に訳してもらい、先方のフォントで送ってもらったexcelをプリンとしてスキャナーで読み込み、これをフォトショで切り抜いてCAD上に貼り込む…経由が多すぎて文字はゲジゲジ。なんとも徒労感の多い作業。中国簡体文字の煩わしさよ。

このままでは朝になってしまう…朝だ夜明けだ簡体勤務、月月火水木金金…そういえばずっと土日がない。
e0001663_2325149.jpg

三月末に向けて息を止めて走ってるような日々が続く。瓦礫も宝石も濁流と共に押し寄せて区別がつかぬ。ちょっと水面に顔を出して息を吸いたいもの…今日は事務所床を避けて只今帰宅中。

で、世情も馬もMy favolite thingsも省みる余裕なし。ブログのネタにさえ困る有り様。部屋にぶら下げてあるホワイトボードなど撮ってみる。スケジュール表に加え出前寿司のチラシが張ってあるのが当社らしい。

撮ったのはチラシではなく留めてある熱帯魚マグネット。子供がまだ小学生の頃、10年前に出掛けたグァム島旅行の記念品。銀座の事務所にいる頃は玄関のスチールドアに張っておった。いつか事務所にアクアリウム-熱帯魚水槽を置くのだ、なんてこの会社作ったとき、18年前に決意したっけなぁ。

どちらも遠い昔、遠い目でブリキの熱帯魚を眺めてみるなり。
e0001663_235271.jpg

変えるという話は聞いていたが、今日ふと気づく。だいぶ前から変わってたのかな?東武伊勢崎線が東武スカイツリーラインに、業平橋駅がとうきょうスカイツリー駅になってた。

名前なんてものは、子供の名前でも店の名前でも付けてしまえばいつの間にか馴染むもの。既に「北千住、北千住、東武スカイツリーライン乗り換えです。」にそれほど違和感がない。ひょっとして動物公園通いの電車で何度か聞いてるんだろう。

東京タワーと比べて、そのデザインがいまひとつ好きになれないと書いた覚えがあるが、地元下町の町興しにひときわ役立ってるのを見て、いい場所に作ったな、成功プロジェクトだったんだなと敬意を表しはじめていた。スカイツリーラインもスカイツリー駅も、セントレアと同じあざとい臭いがするけどまぁよかろうとするしかないね。

伝統ある伊勢崎の地名も、初代イケメン歌聖・在原業平の御名も、あのうすらでっかい鉄骨火の見櫓に負けてしまったのか…とは、へそ曲りのちっぽけな感傷なのでしょうな。
日曜出勤、個室で一人。さぞやはかどるはずが、休日と言うのに仕事の瓦礫到来・・・最近この瓦礫処理はS保センセ担当だったのだが、私の部屋にも流れ着く。明日勝負、かなぁ?

e0001663_21175475.gif朝から晩まで仕事のBGMはみゆきさん・・・なのだが、本日はちょっと浮気してわが青春のロックを流してみる。ZeppelinにDeep Purple、JanisにCicagoにQeenにRod Stewert 。シンプルなロックはいいねぇ。んな中で、到底許し難い発言が伝わる。「日本はTPPのポール・マッカートニー、アメリカはもちろんジョン・レノン」・・・何が言いたいのだろう?

いつも通り、どっかのお役人に書いて貰ったのを読んでりゃいいのに自分の言葉で語っちまったのだな。例えが不適切さ、センスの無さ、勘違い、阿り、なのは慣れてしまったのかそんなものだなと思う。なんで日本がポールでアメリカがジョン?アメリカが前川清で、日本がその他のクールフォー、くらいの例えにしとけばよかったね。

許し難いのは、あの聖なるBEATLESの名前に泥を塗ったこと。「お前毛深いのぉ、キリストはんみたいやで。」のレベル。世界中が失笑すること、エルビス小泉に等しい・・・いや、今回は笑ってはくれないかもと思う。