<   2012年 05月 ( 43 )   > この月の画像一覧

なんてクールなネーミング、海援隊からパクったのだろうが、一本取られたな。とてもバス運転手の派遣会社には聞こえないが、意味付けは真っ正面から。CIはこうでなくちゃ…と、そもそもあったのね陸援隊。坂本龍馬と共に凶刃に斃れた中岡慎太郎が作ってたらしい。格安高速バスが悲惨な事故を起こし、派遣会社の陸援隊を摘発、社長が逮捕されとった。中岡さん、少し悲しいだろうな。
e0001663_22323690.jpg
遠方に進学したムスメ、いつでもこの高速バスで東京と行き来してる。人ごとではない。が、要は交通事故だよな。派遣会社摘発にあたって、点呼の記録がとってなかったとか、責任者の交代の届けが遅れたとか・・・お上の定めた規則に従ってなかったからこうなったと言わんばかり。全てのコンプライアンスを遵守していて起きた事故ならお上が責任とるか?目的は運転手派遣会社を監督する新たな行政法人の設立だろう。格安バスなくなってほしくないな。

関係ないが、海援隊、陸援隊と来れば、空援隊もありそうだ。東京~千歳を6,500円だかで飛ばすLCCなるアジア系の航空会社が同じ日に華々しくデビューしたのも皮肉だ。事故を起こした陸援隊の運転手も中国の方だった。なにか起きると会社を捜索して社長が逮捕されるのだね。早く事故らないかと、わくわく待ってる輩がいるようで怖ろしい。
e0001663_22222332.jpg静岡より同窓Y君が上京、築地のがんセンターで受診とのことで、お見舞に病院まで出向き、ついでに昼食を共にする。

三ヶ月ほど前、突然の闘病生活となったY君、とても心配していたのだが、見る限りいたって元気。痛み、自覚症状が全くないとかで、以前より血色もよく太ってみえたくらい。私の方がびっこを引いて病人のようなくらい…こちらも血色よく太っておるが。

一緒に見舞いに行ったN君のお勧めで、Y君ご夫妻と四人で病院すぐ脇の「魚河岸三代目・千秋」でランチ。ビッグコミック連載中の漫画に出てくるお店だ。鯛と鮪の二色丼。普通の見た目なのに極上の旨さ。さすが築地。

カウンターの中の大将、漫画の主人公にそっくりの風貌。作者が写実を心掛けたのだなぁ、にN君「漫画に合わせて散髪してるだけだと思う。」とな。

今度は静岡へうまい魚食べに行くよー。
e0001663_20541140.jpg中国づいてるから、といいうわけではないが久々宮城谷本購入。読み始めてみると、なんだか前にも読んだような気が・・・。この人のじゃなかったかもしれないが、まぁ何度読んでも間違いなく引きずり込まれる春秋戦国話。要は好物なのだ。

歴史の悪女として名高い夏姫・・・妲己や褒姒ほど有名ではないかな・・・ダッキちゃんなんてキャラまで出てるもんな。その中では最も官能的美女の夏姫。悪事に手を貸して国を傾けたりしたわけではなく、持って生まれた容貌と肉体が、関わる男を次々と滅ぼしてゆき遂には実の息子までが非業の死を遂げる。宮城谷さんは、格別の憐憫を以て夏姫を描いており、そんなのが居たら見てみたいものだと思わせる。

が、上下巻を通じて主人公夏姫が主たる役割を発部分は多くなく、大国の晋と楚に挟まれた小国鄭と陳の興亡が主眼。途中から登場する五覇の一雄荘王が主人公と言えば主人公である。桓公のような人格者でも文公のような苦労人でもなく、凶暴にして細心な荘王は元々私のお好み。宮城谷荘王もとても魅力的に描かれ、終盤予告なく突然死んでしまうのが惜しいくらいに感じた。

巫臣と夏姫は、苦難の末最後にハッピーエンドを迎えるのだが、ん?そんなだっけ?な記憶。帰って十八史略読み返してみようかな。続編も書いておられるとかで、これも探してみようっと。
e0001663_22595352.jpg

本日の地鎮祭、ご近所の割烹かわ野にて直会の儀が催される。お魚自慢の名店、北島三郎さん行きつけのお店だとか…もったいなや。

ぷりぷりのお刺身に焼き魚、巨大な金目鯛の煮付けとあら煮の味噌汁。これぞニッポンの食事、まもなくまた中華の油に浸かる身にありがたく染み渡る。ついでに出てきた大盃での清酒の回し飲みの儀…きんと冷えてるのに立ち昇る樽の香り。午後の仕事山積みにつき、ちびっと口をつけただけ。昼にくるところではなーい!

代表して盃を干すクライアントK社長の図。まもなく中華のぬるいビールに浸る身には、美味そうでくらくら。帰りにコンビニで日本酒買わずにいられようか。

とにかく、始まったばかりの工事で早くもご馳走様でした。O君がきっといいものを作り上げます。
e0001663_11425714.jpg珍しや、当月二度目の地鎮祭。西八王子駅至近の地に住宅併設のスタジオビルが本日着工を迎える。初夏の日差し降り注ぎ、お天道様照って地固まるとでもご挨拶したいところ。

諸々の凶が事、罪穢れあらんをば、祓へ給へ浄め給へと、畏み畏み申々す〜…私もお祓いいただきました。
e0001663_23154532.jpg

目先のドタバタに時間を奪われ、久々の雅楽の湯訪問。ギプスがとれたので念願の露天風呂体験…と、事務所を出そびれて到着7:00を過ぎてしまう。久々H社長と、とっとと飲みにいってしまい入浴叶わず。

ロビーの回廊に出て、頼りないカメラで窓越しの食事処「いろどり」を撮影。少し心配していたバイキングだが、成績は上々。食べてみればお値打ち感は誰でもわかるはずなのだ。

さても一週間は過ぎ去りにけり。6月はすぐそこ。
いや迷う…今年のダービー、この一週間、私の頭の中で軸が30回以上入れ替わってる。

皐月賞楽勝、ステイゴールドの血、オークスからの流れ、大好きな芦毛、のゴールドシップか、出だしでつまづいても皐月賞二着をはずさず、旬のディープインパクトの血、府中の直線向きの追い込み脚質、遠い昔のロングエースまで遡ってしまう記憶はワールドエース。
e0001663_17161651.jpg
この二頭は飛ばないだろう、って、軸二頭マルチでは面白くもなんともない。うぅぅ…で、仕事抜け出して銀座WINSへ。馬券買って場外で観戦することにする。軸はゴールドに決定!あと五分で発走…さて?


2強、後ろで牽制しあったか4、5着。あーあ、ぷりらんてしまった・・・?
e0001663_21492558.jpg売れっ子漫才コンビ次長・課長の次長だったか課長だったか知らない河本クン謝罪の巻。貧乏だった時に母親が受けていた生活保護、大ブレイクして年収5千万円にもなった後、十分扶養能力があるにもかかわらずこれを貰い続けていたと・・・。

貰えるもん貰ろとかんと、と思っていたのは間違いない。これは国民的大スキャンダル、徹底追及に政治生命かける勢いの片山議員、これを機に生活保護の最低収入を引き下げる検討に入ると小宮山大臣。・・・日本社会のリンチ体質を見る思いだ。

不正給付を受けている輩は、この御仁に限らずとんでもない数がいるじゃろう。が、どこまでも枝葉。これを全て正して公明正大な制度にすれば、この世の中が明るくなるか?大多数の善良な生活保護受給者の辛苦はそれで報われるか?政治は、景気や雇用の浮揚を図ることでその制度を利用しなくても済むようにすることが仕事ではないの?不正者を暴くことで仕事した気になっとる・・・いや、不正者を血祭りにあげることで、己れの不始末を隠蔽しようとしているという方が近いか。

しかし、欺こうとしているのが丸見えなのに、きっちり欺かれる。ほんとに国民的体質なのだな。その昔の核持ち込み疑惑流出騒動に倣って、裏金疑惑を暴かれた球団は、誰がその情報を流出させたかに問題を収束させようとしている。ニュースはそればかり伝える。中国の不審船騒動だって、情報流した海上保安官をやり玉に挙げて、本質をうやむやにする。原発爆発した時に、大声でどなって職員を萎縮させたと菅さん責められる・・・いつだってこの手に出るのだから、いいかげん何が大事な問題なのか、じっと見れば解るではないの。
e0001663_111784.jpg

我が家の庭の年中行事、ヤマボウシの花がちらほらと咲き始めた。あと一週間もすれば満開、樹は真っ白に染まる。

道路境界から1mの猫の額、葉張りの建ぺい率は150%にもなるか…道路へはみ出した分と電線にかかりそうな分の伐採が大変だそうな…私はやっとらん。

こんな狭いとこによくもまぁ…が、亭主はともかく植木と犬と妻と子供たちがいたって元気。きっと家相がよかったのだ。
旅館の客室名ではない。準大手名門ゼネコンの間組と安藤建設の合併が発表され、「安藤・間」になり両社長の記者会見行われたとのこと。土木と建築の両雄の合体は、なんかとても合理的な縁談に思える。業界外では誰も興味引かないかもしれないが。

e0001663_23123723.jpgどちらもそこそこのご縁のある会社。と言っても対等にご縁があると言うほどのワタクシではなく、袖すり合うも他生の縁、程度。新会社でも社長となられる安藤建設野村社長は遠い昔、25年も前かな、某現場でご一緒した。当時はJVの副所長…なにせ所長が3人も居たからNo.4。で、実際はほとんどすべてをひとりで仕切ってた。なるべくしてなったのね。当時から主任監督員だったワタクシ、今もなんにも変わらぬガラパゴス社長。

携帯で簡単に連絡できることもあり、いくつかお声をかけたものの全て不首尾。申し訳なし。ご縁を幾ばくかでも今生に生かすチャンスがあることを祈ってます。