<   2013年 06月 ( 42 )   > この月の画像一覧

e0001663_20173170.jpg
雪解けを待ち着工したホテル旬香大山リゾート、コテージ棟3棟が一昨日堂々完成、引渡となる。最後くらい行きたくて仕方なかったのだが、諸々予定押しまくりで涙を飲んでS保センセに単独鳥取までご足労願う。ホントだよ、ホント涙を飲んで、だよ。

Y社長好みのシャープな外観。建物の向きを大山に正対させるコンセプト、次の山中湖にも受け継がれる。S保センセの感想、「いやS村さんたいしたもんだ。」・・・一期工事に引き続き担当していただいた施工会社フィディアさんの現場監督。遠方でもあり、彼の手腕が存分に発揮された作品。私が最初からサイコーだって言ってたじゃん。

内装写真を見ても仕立ての良さが伝わってくる。7月13日グランドオープンだが、もはや夏のシーズンは予約が難しくなってるほどの人気とか。心よりお祝いもうしあげます。
e0001663_12295869.jpg
方向が逆でないの?とか、下駄の歯一本では歩きにくかろう、とかのご意見をいただきました髪の毛みゆき妖怪、裸足でまわれ右させてみました。ううむ、やっぱり下手だ。日曜、会社に着いて最初にやったお仕事がこれだもんな^^;…
e0001663_1123042.jpg
昨夜、前回下見にでかけて泥酔、酩酊してしまった大森のスナック『おきゃん』にて、60年オフ会幹事団おつかれさん会の本番。出がけに髪の毛妖怪の画像で遊んでいてちょっと遅刻。着いた時点で既に大盛り上がり…大森上がり?

前回貸し切りだったのと違い店内には他のお客様。少し気を使わねばな…と、hitomiさん、いきなり『おだやかな時代』熱唱。あと5人言うまでもなく手拍子、合唱。歌姫ムービーかっこよかったもんなー。店内の半分がフリーズしてるような気がしたのは気のせい。

一曲歌ってしまうとあとは土砂崩れ。みゆき縛りをはずしたこともあり、大黒摩季、さだまさし、吉田拓郎が登場…都はるみまで登場。それは私。Yes! We ocan!~とは、シバラク・オバカ…まだ酔ってるかも。

事前に予約してくれていたので、おきゃんのおかんの手作り料理、前回より更に充実。名前も職業も知らない仲間と「トラさん」「ダイコンさん」などと呼び合いつの約5時間、前回に懲りてやや自重した甲斐あり、記憶が飛ぶほどの酩酊には至らず。無茶苦茶楽しかった。色々弊害ばかりが言われてますがSNS、いいもんだよね。
e0001663_14505738.jpg
どこかで見たような、少し違うようなみゆきさんの「誘惑」シングルジャケット。一昨年、アルバム「荒野より」発売時に「誘惑の写真と似てるなぁ」と書いた記事。これを見つけたマイミクのMMさんが、多忙なお仕事(^^;)の合間に見事に合成してくれたもの。上手いのぉ。
e0001663_14585871.jpg
ただ、この二枚の写真の間には30年という月日が流れている。反転して色調整したらぴったり納まるとは驚きの限り。時間の流れが私たちとは違うのだと思う、というMMさんの結論、むべなるかな。

早速いただいて壁紙に・・・と、この合成作業の途中経過、「荒野より」からの切り抜き画像の方が人気を博しておる。生首みゆき、髪の毛で歩くの図。
e0001663_15415037.jpg
MMさん、多忙な仕事の合間をぬって、勝手に少し手を入れました。・・・下手じゃのぉ。で、これ、なにに使う?
e0001663_19412283.jpg
当社の労働状況、4月にO君が退職してのち壊滅的なことになっておる。2月に申し出を受け、こりゃえらいこっちゃと早急に手を打てば良かったものを、知り合いになんとなく紹介を頼んだりしてまともに活動せんかった。否、活動もできんような状況に追い込まれたのだ。ん?カラオケには行ってるくせにって?むむ、ともかく公募という手段にあまり良い思い出がないのだな。大学へ出した正式募集、ハローワーク、求人サイトを含めおよそ1勝10何敗。採用担当者に人を見る目が無いのが原因。ワタクシか。

ちょっと期待を託してた情報も途絶え、本日ようやく決意、唯一の1勝、現在の当社の片肺飛行を支えるK君に巡り合った求人サイト「A-worker」に掲載してもらうことにする。採用担当者K君。彼はA-workerがまだお試し無料だった頃に来てくれた。現在はしっかり有料サイト。テンプレート見ながら慎重に募集要項を書く。

月曜に料金振り込んでからの掲載かもしれんが、期間は4週間。良い方と出会えることを切望する。
e0001663_1819561.jpg昨夜。事務所で9時まで会議。ちょっとなんか食べてくか、と街歩き。八丁堀もかなり食い尽したなぁと、ちょっと遠出。『びっくりうどん』なる店に入る。S保センセお薦め。夜の部はうどん屋さんのみにあらず、メニュー豊富な立ち飲み屋であった。八丁堀、立ち飲みのメッカ。

店内は立錐の余地もない大盛況。生ビール、チューハイはコインでセルフサービスのサーバー設置、¥350-。とりあえず自分ですくうモツ煮込¥250-・・・美味いではないか!写真を撮ろうとしても、絶対誰かの顔がアップで写ってしまう混雑。苦労してサービスカウンターを撮る。立ち飲みカウンターの他に座敷があって、お通し付き¥300-で座れるのだが、そっちはがらがら。ここまで来て¥300-が惜しいと考える客層とも見えぬ・・・立ち飲みの矜持があるようだ、八丁堀の旦那たち。

時間が遅くて、肝心のうどんを食べ損なった。次はゆっくり座って飲もう。
昨日、当社が入る八丁堀ビルのオーナーG興産の社長が若者を伴っておいでになる。二日前にビルの管理人さんが突然退職されびっくりしていたので、今度はずいぶん若い管理人さんだこと、とっぽい感じの管理人だなぁ・・・と。社長より驚愕のお申し出。「昨日、このビルを売りました。」と。じぇじぇじぇ~~~!

若者はビルを買った会社の方だった。そう言えば、とても管理人とは見えず、不動産コンサルティング・アセットマネージメントなど片仮名の匂いのする若者。数年前、私の客にいっぱい居たなぁ・・・どこへ行ったのかなぁ?

e0001663_15232918.jpgG興産社長と、先代管理人のお二人。ご高齢にもかかわらず、実に一生懸命にメンテナンスして下さってた。毎朝必ず清掃会社を入れ、こんな規模のビルなのにオートロックセキュリティ完備、ウォシュレット完備、常駐管理につき痒いところに手の届くような・・・痒くないところまで掻いてくれた。契約条件も家賃もそのままスライドだそうだが、当然のごとくアウトソーシングによる巡回管理になるそうな。ちょっと残念。

どうも私の立ちまわる所、会社が潰れたり経営者が不幸に見舞われたりが多い。遂に住んでるところが売られた。世間ではこれを「疫病神」と呼ぶ?「センセの知り合い、みんな潰れるか死ぬかするのぉ。」と敬愛するクライアント・Y社長にも喝破される。社長もお気をつけくださいな
e0001663_16491992.jpg
いくら優秀でもおのが姿を撮影することはできないスマホ…デジカメで撮って転送した写真です。ずいぶん大きくなったもんだ。画面がでかいのは見やすくてよいのだけど、ヒューマンスケールは逸脱、破綻しとる。私の掌では、片手で持って親指が端まで届かない。韓国人の掌、でかいのかなぁ?いや、もっと大きな掌持ってるはずのアメリカ人。ジョブズはiPhone4の幅変えなかったもんな。あれなら届くんだけどな。

あと、ストラップ用の穴を省いたのは何故?操作中の落下防止に絶大な威力を発揮していたわたしのみゆきストラップ。「ケースを買って貰えればストラップ付けられます。」ってんで物色したが、ペラペラのプラスチックかビニール。ダイソーでも100円で3枚セットくらいだろ、の品が2000円から3000円の値をつけてる。携帯一台1円で買ったと言うに。その為に穴一個潰したんだね。心根が寒いね。

と、憎まれ口叩いてるけど、本日時点でそこそこ満足。なにしろ勝手に切れたり繋がったりしないのが大進化だ。
e0001663_21284437.jpgストーカー規制法、ならびにDVを規制する法案が可決された。よく解らんが参院先議で、衆院可決で成立したんだとか。その参院はさいごのねじれで止まってるから薄氷の可決だな。

色んな犯罪がある中で、こいつは最も情けない上に理解に苦しむもの。このグラフ見て、実に多発していることは解るのだが、やはり理解に苦しむ。振り込め詐欺もスリも万引きも、何かの利益を不当に得ることが目的。怨恨殺人だって目的がはっきりしている。つきまとったら何とかなると考えるのかねぇ。また、家族に暴力をふるってどんな利得があるんだろう?・・・その気持ちが解らない、幸せな境遇に置いて貰ってることを感謝せねばならんのだろうな、ワタクシ。

法律ん不備が足かせか、1/10も摘発されとらん。その中には目を覆いたくなるような凄惨な事件も頻発してる。切ないことに、法律を作って警察がもっと積極的に関われるようにするしかないのだな。皆が貧しかった頃、飢えてた頃にはそんなことしてる暇がなかったと思う。「働け~!」とだけ言いたいなり。
e0001663_2152568.jpg
山中湖からの帰り、新宿高速バスターミナルを下りたところでヨドバシカメラに捕まる。ご主人に断りもなく勝手に電話をかけ、通話中になんの予告もなくブチ切れる。切ったつもりが勝手にリダイアル?あげくポケットの中でYouTubeに繋がって歌うとるアホの初代ギャラクシーの買い替え。「ええかげんにせえよ!」と回りから怒られておった喫緊の課題。

本来、とうに替えてなくてはならんかった。ただ、クロッシーとやらの料金体系、とてつもなく通話料が上がると聞いてビビってた。ヨドバシさんに試算してもらったら、やはり「じぇじぇ!」なお値段。やめよかなー、に裏技伝授。使わなくていいからガラケーの1円携帯を契約、無料通話分をゲットしてスマホの通話料に当てるとな。

勢いで言う通りにしてこんなことに…。写ってるのはその助っ人ガラケーと、クビになったアホの初代。今回手にしたのは四代目。アホは完治してるとヨドバシさんを信じたのだ。今、docomoのスマホはギャラクシーかエクスペリアの二種類、なんでソニーを選ばすサムソンに走るか…慣れてるだろうから、なんだけど元総理並みの国賊感を味わってる。

騙されてるんなかなー?