<   2014年 03月 ( 44 )   > この月の画像一覧

e0001663_166282.jpg
3月31日、消費税5%最後の日。成田空港にて広州行きの便を待つ。思えば民主党野田前政権、増税と原発再稼働だけやって滅んだったな。リベラルへの幻想を打ち砕いたという意味では歴史に名を残したね。今じゃ石破さんが一番左よりのリベラルだそうな。

で、そのメモリアルデーに出国するにあたり、空港のTAX FREEショップで旅の友ウィスキーを購入。DUTY FREEとどう違う?関税以外も免税?5%もFREEなのかな?…無理矢理思い出に残そうとしてるな。

5時間の空旅。桜に後ろ髪引かれつ、行って参りまーす。
e0001663_11352369.jpg
市ヶ谷のお客様にご挨拶、はじめましてなのだ。有望、な気がする。楽観で行こう。

帰り道、ちょっと遠回りで九段へ。桜と言えば靖國神社。ひとり通り抜けお花見。陽気も最高、平日にもかかわらず大変な人出。お宮の前でちょっと黙祷、境内で桜まんじゅうをお土産に購う。今晩から中国広州へ出張なのだが、これを手土産に持参しよう・・・と、ギャグになってないかな?
e0001663_13371553.jpg

e0001663_1281413.jpg
もう辛抱たまりまへん~と、満開に咲き誇った八丁堀桜川公園の桜。ちょっと天気の悪い日曜日だが、出勤前に立ち寄りしみじみ見上げる。

来週中が見ごろ呑みごろ、だというに明日から青天の霹靂出張確定・・・曇天の霹靂ですか。幸い二泊三日の短期のお出掛け。次にここに来れるのは4月3日。まだ踏ん張っていてくれるかな、桜。ほんに、春の景色はのどけからまし、なり。
e0001663_20523381.jpg
ひょんなご縁で伺うことになった浅草・縁-YUKARI-なるお店、事前調査を兼ねて今日の晩御飯は唐揚げでイッパイと決めて土曜日のお仕事頑張る。…縁、テイクアウト専門店であった。

屋号どおり本店は浅草。閉店間際の午後9時前にご近所亀有のお店に立ち寄り四種類ほど購入。「是非揚げたてを!」のお言葉に6分ほど待つ。帰りの電車内が唐揚げの香りに満たされちょっと恥ずかしい。

腹ペコで帰宅、ウィスキーをお供に旨そうな唐揚げに一人かぶりつく。おーい、60歳メタボ予備軍さーん!…いや、スパイシーでジューシーで最高ですな。明朝の体重計が少し心配ですが。
e0001663_957878.jpg

e0001663_11143019.jpg春はこれから。クラシックのトライアル華やかな中にポツンと古馬短距離のG1。電撃の6ハロン、高松宮記念にちょびっとだけ参戦。なんか、短距離のビッグネーム消えとるな。よく知らん馬ばっかりなので、柱見ながら堅めにゆく。

ストレイトガール…ストリートガールじゃないよな…が戦績抜群。これに前走で負かされたレディオブオペラ…太そうな名前だ…の女の子二頭で行きましょう。斤量2kg差は1,200では大きいに違いない。ま、他も良く解らんので、適当に2頭選んでBOX。明日のお楽しみ。


ドクター・コパさんでしたか…同業者の誼みで押さえておけば…(_ _;)
e0001663_23364373.jpg
なんか凄いね、本屋の平積み。

「悪韓論」
「呆韓論」
「愚韓新論」
「貶める韓国」
「嘘つき韓国の正体」
「歪みの国・韓国」
「醜いが目をそらすな、隣国・韓国」
「もうこの国は捨て置け」
「笑えるほどたちの悪い韓国の話」

誰かが扇動してるわけじゃなし、本屋としては売れるから平積みにしてるだけなんだろうなぁ。書いてるのは?…と、竹田某なんて、五輪選手愚弄して親父庇うとる外道の名も見える。内容推して知るべし。手にとる気にもならん。

しかしこれが日本の現実。税金上がったり、派遣馘になったり、汚染水漏れたりで、ちょっと内閣困ったなと思ったら、靖国、竹島、教科書、集団的自衛権でぼそっと呟くだけでいい。ピキーンとお隣が反応して日本のB層が団結、安部が一息つく。精力ドリンクみたいな存在だな、くねさん。慰安婦、って言ったら怒られるだろうなぁ。

こんな本書いてる奴も読んでる奴も、自分では絶対戦争には行かないと思うので、東アジアは平和だと思うよ。この内閣のうちに徴兵制まで行かなければね。
山中湖会議、Y社長が午後3時過ぎに神戸へ向けてお帰りになるのを待ち、問題山積のS保センセを現場に残してこっそり逃走を図る。事務所に問題山積なんだよぉ~…と、富士急ハイランドから乗ったバスが談合坂を過ぎたあたりでばったり、事故渋滞に巻き込まれる。相模湖東までの12km足らずに2時間…隣のおばさんと仲良くなってしまう。罰が当たったのかも。

e0001663_2043187.jpgで、出掛けに買った週刊新潮熟読。みんなの党改めおいらの党の代表渡辺喜美氏に8億円ぶち込んだ支援者の怒りの暴露が載っていた。完全に選挙支援の目的で3億、5億と貸し続け、借用書もろくに取ってない…ま、いわばタニマチどすな。それが先日の結い正雪の乱(^^)で見せた喜美さんの心ない所業に愛想を尽かして暴露に至ったらしい。

「くれてやったようなもんだ」とは返済も諦めてるような仰有り方。支援にあたってなんにも依頼しとらず利益も得とらんのなら贈収賄はないのかな?政治資金規制法とか公職選挙法あたりは真っ黒だろうな。税金は大丈夫かいな?

さすが政治家一門のエリート、アマチュアの猪瀬さんとはスケールが違う。角栄さんより多いじゃん!みっともなく辞職して略式起訴で勘弁してもらった都知事よりはるかに厳罰でしょうな。全く同じ罪でも10kmオーバーと50kmオーバーでは反則切符と免許取り消しくらい違う…唖然だ!

補完勢力が次々コケて、少し不安になっとられませんかな、もう一人のエリート総理。
ツキイチ山中湖。












先月の大雪から打って変わってぽかぽか。用心して着てきたコート、要らんかった。











が、しとしと小雨。富士山はガスにお隠れ。













来たぜよっ!Ψ( ̄∇ ̄)Ψ












e0001663_16533590.jpg













これがネットの文体のひとつ?改行体とでも言うのかな?とても上手な方(関西在住)がマイミクにいらっらっしゃり、ちょっと真似してみる。












わぁ紙がもったいない!と…紙はありません。ノート手書きを引きずる世代です。それに、なんともセンスがない。















酒井順子さんのエッセイに触発された記事なり。これ、オッサンはやめといた方がよろしいな。
e0001663_15245536.jpg降って湧いたるチャイナ営業。今度は青島だそうな。「知っとるやろ、ビールのとこ、ビールのとこ!」とは親分O社長。ビールのとこと言われても…。親分不在のため、名代としてオーナーの元へ紹介者のKさんと表敬訪問。無事ボスと名刺交換を果たす。

Kさんと前祝い(早過ぎっ!)の昼食で中華をいただく。よいご縁でありますように。
e0001663_938765.jpg
最近のこと。確かにストレスの溜まる現場ではあったが、百戦錬磨と見えた設備工事の監督が鬱病と診断されリタイア…心配で眠れなくなったのが発端らしい。他にもあちこち、親しい方から人より伝え聞くものまで「鬱」のお話が増えてきた。

で、おぅ!と感心する週刊現代の特集記事「病気はクスリで作られる」…1999年まで43万人前後で横這いだったうつ病患者数が120万人に爆発しておる。その99年なる年にグラクソ社がうつの特効薬SSRIを発売しており、この薬が10年間で5倍、売上1200億円を達成したとな!縦軸横軸を操作したごまかしグラフはよくあるが、このグラフはそんなことないな、明らかな相関関係が見えるな。

ただ平穏なこの10年ではなかったとは思うが、その前の10年が能天気な時代だったわけでもない。仮にも薬効が確認されて売られてるはずのクスリ、飲んだせいで病気になるわけでもなかろう。要は病気の基準を変えたから。「うつは心の風邪」「徴候を感じたらすぐ病院へ」と、普通に悲しんでたり落ち込んでたりする人を片っ端から「鬱病」と診断して行けばこうなるわな。薬も売れるわな…しかし、この表見ると効かんような気がするなこのクスリ。

もう少し解りやすい例だと、80年代まで160以上が高血圧だったそうな。これを140以上に改めた結果、高血圧患者は激増。降圧剤は何兆円も余計に売れたとか…一度飲み始めたら生涯止めてはならぬと…ホントかな?私も飲んでるぞ、効いとるかどうか知らんが。

本来の「鬱」で苦しむ方が多数いらっしゃることは間違いなく、医療がこれを救う命綱であることも疑いない。が、製薬界のマーケティングが何かの依存症を明らかに助長していることを気付かせてくれる記事だった。かく言う私の某畏友(関西在住)も、ある薬の依存症。何万円も使う月もあるとはかなりの重症か?…彼は彼なりにシアリスな問題を抱えておるのだ。同情はせんけど。