<   2014年 06月 ( 41 )   > この月の画像一覧

月曜朝。24時間営業の江戸川区の某温泉施設、朝一時間だけ掃除でお休みなので正確には23時間営業。その掃除時間に潜り込みそそくさと調査を行う…こんなの多いなぁ。

e0001663_112695.jpgで、そのまま房総半島茂原へ。乗り換えの千葉駅は只今全面改装中で、広い構内が全部現場の仮囲い。実に思い切ったリニューアル計画だが、いつからやってんの?いつまでやるの?な印象…んなこと言っては天に唾、私がいつもやってるお仕事だった。駅は休館日取れんしね。

きっとピカピカのエキナカが出現し、きらびやかなテナントが立ち並ぶのだろう。上野でも品川でも、赤羽でもそうだったが、そうなると昔からあった立ち食い蕎麦やラーメン、安いスタンドカレーなどは駆逐されて、おされパスタやお使いもの土産ショップで埋め尽くされる…こと食い物に関してはエキナカあんまり好きではないのだ…そらそうよ岡田。
日曜日。ちょっとだけゆっくり出勤。ちょっとだけサンデーモーニング見てから出掛ける。左巻きでウザいと言われてる番組だけどなんのなんの。

集団的自衛権の閣議決定を、国民の審判を受けずに多数の力で国の形を変える暴挙と批判する。きちんと憲法改正しろと仰ってるのかな?…日本の選挙民はアベ某がどんな奴か知らないで絶対多数を与えたわけではあるまい。時の政権の意思で憲法解釈など如何様にも変えることが前例となったのだから、嫌なら次か次か次の次の選挙で引きずり下ろせば良いだけなのでは?それまでの間に戦死者が出たなら国民の自業自得。

戦死した自衛隊員の柩をモーニング姿で出迎えるのが彼の夢なのだろう…ただホントにそうなってなお、戦いにゆく気概は今の若者には無いわな。勇ましいことを語るのはパソコンの前でだけ…徴兵制のハードルは高そうだし、兵士の補充はどう考えてるのかな?と、軍師竹中半兵衛をパソナに送り込んで、着々と布石打っておる。未来のない非正規労働より誇り高き軍人、の意識誘導ね。

と、同じくらいの時間を割いて都議会のセクハラ野次問題が取り上げられておった。女性の不妊治療、子育てへの支援を求める女性議員の質問中に「早く結婚した方がいいんじゃないか?」との下品な野次…先日、慧眼H氏が喝破したところによると、今のうちに集団的自衛権をまとめ上げたい自民党が、国会議員に傷が付かない形でどうでもよい都議を使って騒ぎを起こし、報道量のシェアを企図したのでは?と。

…なるほど、世界はこちらの問題の方を深刻に捉えてる、とか言ってまんまと引っ掛かってるな。大臣が「女性は産む機械」と公式の席で宣う党だぜ…地方議会の権限もないペーペーの酔っ払ったような野次には勿体ないような反応だ。声紋分析して、自首した奴以外にもまだ居るはず…と、戦略的中に喜びを隠せない様子だったよイシバさん。

H氏によると、「最後は金目でしょ」も謀略の一環と読んでるようだが、こちら私の解釈とはちと異なる。何故なら、国の形を変えると言う意味で、原発問題は集団的自衛権等と比較にならないと思うから。色々あって再稼働してしまっても、次の内閣で止めればいい…いや、国の形が変わる、どころか地球まで消滅しかねないものを、目先の利権で維持しようとしてるんだろが!一番目を向けてほしくないことに、責任者であるスーパーボンクラ大臣が空気読まずに口走っちまったんだから…苦虫だろうイシバさん。

それでも首とってすげ替えないのは、いっとき首相候補にも模せられたこいつの政治生命を、この役職在職中に完全に断つ目的があって我慢してるんだろうね。その目的、もう9割方達成してますよイシバさん。
e0001663_13334695.jpg春競馬も今日でおしまい、ラストは西のグランプリ宝塚記念。ポスターにはあの懐かしきサイレンススズカの姿。永遠の疾風だそうな…記録より記憶に残る馬、とは彼のことだね。うむ、去年の有馬なんかよりずっと豪勢なメンバーだ。これにオルフェとジャスタとフェノーメノが居ればさらに万全…さらに当たらん。

毎年書いてるが、ポツンと外れて行われるこのレース、イマイチ君とか善戦マンとかブロンズコレクターのための箔付けのイメージ。ライアンとかメイショウドトウとか…今年のメンバーにドンピシャな奴がいたので、脇見せずに軸一頭で行ってみる。その名はウィンバリアシオン…騎手の岩田が不安だ。ヒモは多彩、どいつが来てもいいようにばらばらと…どうかな?


沈むと思ったのが来て来ると思ったのが沈む…春は1勝9敗か…捲土重来。
e0001663_9353325.jpg
連日飲み食い記事ばっか…新大阪駅で買った「551蓬来」の焼売と豚まん…肉まんではない…の保冷バッグ付きお土産。駅が焼売臭いのはこいつのせいだな。東京駅だって崎陽軒臭い…東海道を焼売で結ぶJR^^

大阪では超有名なブランドが、東京には店を出さんらしい。食いたかったら大阪来んかい!とな。やしきたかじんのような店だな。デパートで物産展やると大行列できるそうだ。昨日深夜に息子が豚まん1個、チンして食べておった。私ゃ買ったこと忘れて出勤…帰る頃残っているだろうか?
e0001663_20543111.jpg
大阪トンボ返りの土曜日。故あってご挨拶の品を東京より持参す、5人分。ま、せっかく東京から行くのだから有名で重さのあるもの…とらやの羊羮でしょ。西の方羊羮を出れば故人なからん…だっけ?

いや、妹が煎餅にした方が、と言ってたのに従えばよかったかな…重かった。
e0001663_21432057.jpg
私の中で前哨戦からあれだけ盛り上がってたワールドカップ。日本がグループリーグC組最下位で終戦となり、あえてなにも書かず…いや書けずにいた。このまんま、なかったことにしようかなとも思ったが、選手を集めての解散式のザッケローニ監督の退任の挨拶と、去ってゆくその姿に涙そそられる。

責任はすべて私にある、もう一度選ぶとしてもこの同じメンバーを選ぶ…前からええおっさんやと思ってたが、あなたは十分素晴らしい仕事をしてくれた。ザックの見送りに1000人の日本人サポーターが詰めかけた、とはマッカーサー見送りのエピソードと重なるかも…ちょっとちゃうか。

しかし、こんな絵に書いたようなおっさんがなんでこんなにカッコええの?イタリアやからかなぁ?ご苦労様、お世話になりました。
e0001663_13444318.jpg
朝10時。五反田の得意先を初訪問。どんな仕事になるのやらのキックオフミィーティング。そこそこ順調に船出の様子でひと安心。あまりご縁のない駅前をヒルメシのあとちょっと散策。

と言って、数年前の二岡vsモナのラブホ騒動しか思い出さない。ので、その辺り散策。あん時もなんか書いたよな。何年前だったっけか…震災より前だった記憶。その年の有馬でアドマイヤモナークが2着に来て悔しい思い…今年はモナだったでしょ!と。

でヒルメシ。珍しく絶滅危惧丼など食した。1,200円も張り込んだのに鰻が小柄…原価高くて苦労されてるんだろうな。
e0001663_21404615.jpg

e0001663_2029116.jpg定例四木会。おっさん7人、学生じゃあるまいし、何を考えたか今回は飲み放題とな。いつも飲み足りないの?八眞茂登で飲んだくれてなかなか帰らず強制閉店されるおっさんたちよ^^;…で、制限時間1時間半と言うのを聞いて青ざめる諸氏…開き直って居座り、3時間も居るところが学生さん達とは年季が違う。

写真はノドグロの焼き物。ひとり一匹。ちと骨っぽかったかな。むさいおっさん5人(含私)で、ももクロちゃんならぬハラグロちゃんを結成し、オフ会で「吐いてもいいんだよ」を歌おうとの企画をどっかに書いたら、結構期待されてるようで、踊りの練習に身が入ると言うもの…履いてもいいんだよ、ではありません、脱ぐなっ!
e0001663_9164644.jpg
福島第一原発で作業員として働く漫画家さんが、現場を知らずに遠巻きに批判する反原発派と、現場も見ずに福島は収束、さあ再稼働と宣う原発屋のどちらにもおもねらず、淡々と現実を発信するコミック。東電の賠償会社で日々被災者と金目の交渉してるFさんから借りる。

発信しようとして原発に志願したのか、漫画が売れずに生活のため応募したのか、読んでると両方みたいだな。だだ漏れ放射能がいかに恐ろしいかと、東電発七次下請けまであるピンはね構造は、ネットや雑誌で見るよりよほど真に迫る。仕事のない日が続いても食費と宿泊費はどんどん加算されて、働く前に借金の山を作り足抜けもできなくなる…女郎屋か!って下りは耳を疑うね。

ただ、本人も仲間も全く暗くはない。作業員には、震災で家族亡くした方も多数、自らは線量満タン浴びて現場に出られぬ身になってたりしても、明るく目の前の惨劇の場に愚直に誠実に立ち向かってる。日本と言う国の名に誇りを感じるタッチの良品だ。あの進次郎君もオススメだそうだ。

今世紀、世界の全ての原発の廃炉は日本が先頭で担うだけの経験と技術がここで確立されるだろう…世界一の企業になれるよ、東電。
e0001663_1240056.jpg
箱根から山中湖へ凛香のはしご。朝からホテルの美食で腹一杯のところ、着いて一時間でヒルメシ。Y社長が食べたことないと言うので、富士吉田名物よしだうどんへ。こちらで一番有名なホテル「鐘山苑」、の向かいにあるこんな名前のお店へ。…名前だけで脱力させるパワーあり。

硬いですよ、生煮えみたいですよ、との解説を聞いた社長、「細長い餅みたいなもん?」…的確な例えです。あつあつの肉天うどん食べながら「これ、冷やしやったらきついやろな。」と。私は好きなんだけど、S保センセはお好きではない。社長、どうでしたか?に、「・・・・・・」。凛香のメニューには加わりませんな、こりゃ。