<   2017年 07月 ( 33 )   > この月の画像一覧

e0001663_20144651.jpg
加計学園に押されてちょっと下火になってた森友学園の籠池理事長さん、二度目の事情聴取のあとそのまま逮捕される。「今日は帰ってくる、行ってきまーす」と粛々とお出かけ…に、「お父さん、カッコいい♪」と奥様。カッコいいけ?…と、その奥様も一緒に逮捕されとる。

姿くらませたままの卑怯な加計に比べ、体を張って応援した男に裏切られ、小学校設立を断念させられ、破産宣告を受けて全てを失ってなお潔い態度…と、いかがわしさは突き詰めると潔さになるのだなぁ、のトリックスター籠池さん。ファンも増えてると見え、アベの秋葉原こんな人たち演説に姿を現すとカゴイケコールまで起こってた。

しかし、見積何種類か作っての補助金不正受給、は別件逮捕なのかな?…本筋の疑惑を是非解明してください、と捕まる前に「昭恵婦人は神風の発生装置」とか香ばしいコメント出してたようだし、潔く毅然として見えて怨みは骨髄に達してるのでは、と見た。ま、この世には文部大臣在職中に加計から200万貰って、11人から貰ってひとり20万以下だから言わなくていいのだ、の語るに落ちる嘘つきもいるんだけどね。

清濁は置いといて、信義、信頼を裏切る人間と付き合ってはならない、がこの事件の教訓だね。無事に帰ってきてくださいね。
e0001663_19113248.jpg
銀座二丁目にての地鎮祭の帰り道、ふと目に留まった映画館シネスイッチ…ここ、目立たないいい映画掛けてるんだよなー、と気になる。午後会社に戻りだらだらと雑用こなしての夕刻、なんかちょうどいい時間の映画やってないかな?と検索。親友が余命を宣告されての4日間…なんてのを見に行くつもりで銀座へ舞い戻る。

で、暗いのやだなぁ、なんか他のちょっと覗いてこ、とシネスイッチの前へ。ちょうどいい時間に短いのやってた。「ブランカとギター弾き」とな…予備知識全くなしで飛び込んでみる…これが大当たり!


ネタバレ
e0001663_15484121.jpg
昨夏より取り組んでた銀座Sビル新築工事、建築確認も下り施工者も決まり、本日めでたく地鎮祭を迎える。祭主は銀座の守り神日枝神社様。お知らせ看板の下に居るのはS家の愛犬モンキーちゃん、15歳。

見ての通り、札束敷き詰めたような土地の値打ちの銀座にても敷地10坪はなかなかのコンパクトさ。敷地の地縄を見て感想をクライアントSさんに尋ねる…狭っめえなー…と、そう言うだろうなと思って聞きました(^^;

なんの、建物の価値、大きいが故のみならず。小さくてもピリリと辛い唐辛子かダイアモンドのようなビルを目指そうぜ、K君!
e0001663_22504453.jpg
今回は土曜開催で16:00から…オンリーイエスタデーのオープン一周年でもあり盛会必至、と思いきや参加表明はちょっぴりだけ。なんでかなー…と、始まってみると来るわ来るわの満員御礼。エントリーだの登録だのうるさいこと言わず、来たくなったら来てねー、のN緩いシステム…はあ、私も何にも言わずのドタ参です。

弾ける曲より弾きたい曲を、歌える曲より歌いたい曲を…の開き直ったテーマをもとに2曲。研ナオコ特集を試みたのだが、「窓ガラス…無理だってー」とC師匠にお小言頂く。そう、自宅でやってもちゃんと弾けなんだ…いわんやステージでをや…

ボトルは入ってたものの、4時間いて会計1,000円ぽっきり。マスター、経営ダイジョブッスかー?


e0001663_19350109.jpg
出屋敷での一夜…とても宿があるとは思えない細い路地の奥の昭和漂う「竹家荘旅館」。しょーもないビジネスホテルが9,000円、10,000円つけてる昨日…カプセル、ゲストハウスは避けたいな、でやっと見つけた¥5,000-。同行I君とはかの新今宮¥1,500-にも同宿したことがあり、構わんだろ、と。

築100年超、風呂、トイレ共同、「参番」「拾弐番」などと墨書した紙が貼られた部屋の扉。内装も文化財指定を受けてる(^^;)のか、クロス一片使うことないレトロな佇まいだ。このトイレの木製建具…なんて言ったかなぁ…当然開けるとボットン便所、ではなく便器だけ洋式ではあったが。洗面所のモザイクタイルもとてもオーセンティック(←意味、よく解ってない。)

e0001663_13241034.jpg
お部屋の内装だけはいとモダンにリニューアルされて快適でありました。が、もう一回泊まるか、と言われれば…。
e0001663_13251980.jpg

e0001663_08194052.jpg
朝から大阪入り、Oプロジェクト月イチ現地定例会議。夕刻、新大阪オフィス(←なんかカッコいい(^^;)で明日の会議資料作り、で先乗りしていたI君と合流、本日の宿へ。夏休みに入って宿が取れない取れない…阪神電車に乗ってトコトコ出屋敷駅へ。西宮で過ごした中学生時代、ここから通ってる友人がいた記憶…下りるのは初めて。

宿は後述するとして、まずはお疲れ様の乾杯。駅ビルにある「アマトラ横丁」の居酒屋「虎いち」へ。ずらりと並ぶタイガースのユニフォーム、TVは甲子園の阪神vs横浜戦…なるほど阪神、トラトラトラやっ!…ただ何故かBGMにはSPEEDがガンガン流れる、果~てしない~…。

入った時は8回裏、3-2の接戦。そこから怒濤の打者一巡、一挙7点。1点差で2連敗しとるくせになんと言う無駄なことを!と、東京でMさんが怒っとる(^o^)…店内、客も大将もずっと阪神の話、が試合の話はしとらん、てか試合見とらん。選手の出身校やら住んでる所やら…ご近所の知り合いの話なんやねー。
e0001663_08194148.jpg
なんでもあってなんでも安いアマトラの夜でありました。
e0001663_08365308.jpg
大事なものは頼んじゃダメよ、の風評著しい佐川急便…届かなかったり壊されてたり…なんてこと何度かあって只今はクロネコ一辺倒に生ってるわが社の宅急便事情。走ってるお兄さんたちは気のいい方々だったんだけどね。が、米倉さんが最後の手として「佐川と言う手がある」と言ってくださるとそうかその手があったのか…と。

少し前、籠池劇場が華やかなりし頃に、資料は消去した、自動的に消去した、無いものの確認はできない…と木で鼻をくくったような答弁を繰り返し、そのご褒美に国税庁長官に昇進した佐川さん。「改めて私共から確認すると言うことを控えさせていただきたいと…」…なに言うとるのか解らんぞ。

今年、何年ぶりかにお越しになった税務調査。隠す売上も利益もありませんので、二日かけてガッカリして帰られた…が、もし架空の経費とか計上して見つかりそうになった時、「そうだ、佐川と言う手がある」で、「資料は消去した、改めて確認すると言うことは控えさせていただきたい」で、通してくれるのかなぁ。
e0001663_08365435.jpg
一度でいいから税金ごまかすほど潤って見たいものなり。
e0001663_12582084.jpg
午後から神戸へ。月イチ公式定例こなしたあと三宮K社様にて水面下…水底の会議。老練M会長の技に、闘いの指揮を委ねる。頼りにしてます。

た東京へ帰る前に、E社本社を表敬訪問する。広い日本、神戸も広い…で、徒歩5分の近さにお世話になるクライアントがいらっしゃるのは奇跡だね、とS保センセと私でY社長のもとへ。そのまま新神戸まで送ってくださり、駅前OPA内の串カツ店「串かざり」へ。

バブル期に新神戸の象徴として賑わってたらしいOPA…いかにもなオリエンタルホテルの外観…も、寂れ果てたとY社長の嘆き。たしかに中は、シャッターと仮囲いと、ボード貼ったまま内装やめたお店と、家具残したまま商品だけ持って夜逃げしたお店…の残骸。工事現場か廃墟の如し。

中で営業してるこの店、入店前に「エアコン壊れてて暑いんですよー」と言われたのだが「串カツなんか表の道端で食うもんやんか、かまへんかまへん」と構わず座って感謝される…が、他にお客は居らんな(^^;

いつものことですがY社長、表敬訪問しときながらご馳走になり有り難うございました。
e0001663_13325001.jpg
我が街八丁堀、今回新築が決まったYさんのお店を訪ねる。お隣ではマンション建設工事…に先立つ埋蔵文化財の調査進行中。地下があるのかな、ずいぶん深くまで掘り進めており、よく解らないが次々出土する遺構、遺物が並べられている。なんたって八丁堀、与力・同心がうじゃうじゃ居たんだろうな。この土地から出ているのは配水溝の遺構だとか…ロマンだなぁ。

と、個人的にはそう思う…が、これからこのお隣で工事しようというYさん、と私。きっとうちでも出るよな…と不安におののく。出るかどうかの調査は区で行なってくれるそうだが、うむここは出るぞとなったが最後、その発掘費用は全て事業者の負担。遺跡の上に住み続ける罰ですか?この現場では毎日20人ほどの作業員がコリコリともうひと月余りも地面を掻いておる…土地の広さからまだ当分かかりそう…ってことは、人数×日数×日当は?建設が遅れる補償もしてもらいたいし。。。

失われてしまっては取り返しのつかない貴重なものたち…なんでここに国家の予算を投入しないのかなぁ。毎年、日本でどれくらい遺跡調査がなされてるか知らないが、一件1,000万で年に10,000件あったとしても1,000億?…2週間で済む運動会のために国立競技場建て直すより大事だと思うがなぁ。


e0001663_20194499.jpg
神宮球場からの帰り道、新国立競技場の建設現場の横を通りがかる。広大な敷地に林立するタワークレーン、ちょっと今しか見ることのできない見晴らしなり…と、真っ暗なので写真は撮れなかった。ので、ネットから拾う。

まだ躯体の姿は見えず、地下工事中…その地盤改良工事の監督を務めていた23歳が、過酷な現場の業務に耐えきれず失踪ののち自殺したとのニュース。なんで学校出たての駆け出しが百戦錬磨の職人の中で責任者務めにゃならんのかな?…私は同じ23歳の時に大手S社の現場に常駐監理者として放り込まれた。当然なんにもわからずなんにもできぬ。言われるままに鉄筋を数え、施工図の寸法確認するくらい…それでもよく間違えて朝から型枠バラす羽目になったり…現場所長、そんな新米ダメ先生に優しかったなぁ。

建設災害で犠牲者が出る現場はいくらもあるし、黒部や青函のように美談として語られることもあろう。が、今回の悲劇は、そもそもこの建物必要なん?そもそも東京にオリンピック必要なん?まで遡る。当選無効にされ憤死したザハさんに続く無為の死者は、地縛霊となってアスリートを呪い続けるかもしれない…誰の都合か酷暑の夏にマラソン走らされる選手あたり、気をつけましょうぞ。