<   2017年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

e0001663_15471682.jpg
新幹線のお供の文庫本。探偵小説と言うか何と言うか…早坂吝(←やぶさか、と読むらしい)作「虹の歯ブラシ」。史上最もエロい援交探偵上木らいち、なる女子高生が主人公。シリーズ化してるみたい。何でもいいから肩の凝らない思いっきりお気楽なものを、と手に取る。

【ネタバレ注意!】
月曜から金曜まで、毎日違う客のために5色の歯ブラシが並ぶらいちの部屋。それぞれの色に基づいた連作、ミステリー仕立て。1本目、2本目と、味気ない官能シーンとつまらんトリック…をらいち探偵が捌いてゆく。ま、こんなもんだろうとは思ってたけど、と手が止まる。

3本目の「青」から様子が変わり、意外な被害者、つうか意外な犯人、つうか…トンデモ話に舵が切られる。所々に太ゴシックで強調されるフレーズがあり、終章でこれを反芻しながら全体構成の謎解き、どうじゃエラリー・クイーン!となるのだが、これがすこぶる理屈っぽい、てかマスターベーション。テクニックは稚いが、新しいことは新しいね。

【ネタバレしてるから引き返しオススメ!】
終章は、そこまで書いてきた自分の伏線を自分で辿って、主人公らいちの正体を推理してゆく。どれだけ上手くミスリードしたか、と自慢?上木らいちは、「男である?」「老婆である?」「未知の生物である?」…こう読めるであろう…否、ここでこう否定しているからその推理は誤りである…気持ちいいのね(^^;

チャレンジ精神は認めます。フランス書院など研究して、も少しエロ書きが上手くなるともっといいな。なんか、このテイスト見たことあるなぁ…と、森見さんとか万城目さん?んー、みな同窓ではないか。私も思い当たる節が…。
e0001663_19450909.jpg
秋晴れの金曜日、京田辺現場にて地鎮祭挙行。先を思うと目眩がする大仕事、55人もの盛大なお祭りに心身を引き締めて二礼二拍一礼。

式を司る祭主様、地元の月読神社よりお二人…親子デュオ。降神、昇神の儀が、小声の祝詞をバックに朗々とした「うぉぉぉ~」のリードヴォーカル。エレーンのリフの如し…カッコいい。

地域によって色々ですね。
e0001663_22373928.jpg
国難突破解散…だそうな。…途端にネットに溢れる戦前の新聞記事。一億総動員と言い、なんかこの時代にオマージュあるんだろうな。本日は疲れ果てたため、新聞記事切り抜き羅列でご勘弁、ね。
e0001663_22374071.jpg
e0001663_22374196.jpg
e0001663_22374266.jpg
e0001663_22374306.jpg

e0001663_09205535.jpg
クライアント様お連れして日帰り温泉巡り。某有名繁盛店訪問のあと、まだ未踏だった京都ふろ一休を訪れる。京都だけど上方温泉(^-^)

エントランスアプローチ、いい感じ出してるでないの…クライアントさん、気に入ってくださった模様。中はコンパクトに上手くまとまってる…が、構想中の施設に比べて少しコンパクト過ぎた…かな?
e0001663_09205816.jpg
今回の関西二泊三日の遠征、盛り沢山過ぎてちょっと胃が痛い…のだが、出だしの一日目は無事過ぎて良かったなり。
e0001663_18260783.jpg
モリカケ一段落、野党混迷、盟友トランプと錯乱金正恩の園児の口喧嘩で「今なら勝てる」解散を決め、颯爽とこれを発表した安倍…戦時の宰相は私こそ相応しい、と言いたいのだろうが、「消費税増税分の使い途を教育無償化にも回す」がお題目…経済を訴えて選挙を戦い、勝ったら信任を得たと共謀罪。ほんまにもう、これで騙せると思ってるのが不快だが、騙される国民なんだよな。

解散の大義だなんだ、ぼやいてるだけではぬるいよ、イシバさん!しっかりしてね…と言ってる間に、喧嘩上等、勝ったものが正義よの都知事さんが新党結成の発表。相変わらず何の理念も感じられぬが、タイミングを見極める野生の感は大したものと言わざるを得ないな。新聞一面を解散のニュースと半分こしてたもの。

名付けて「希望の党」だとか…希望?野望?野合?…寄せ集めだとか候補者の資質だとか、ボロが出る前に選挙が来てしまう。小沢、小泉のあざとさを肌に染み込ませたらこんなのが出来ちゃったのね…まあよい、黒猫でも白猫でもネズミを捕る猫はよい猫だから。
日曜日。南阿佐ヶ谷シアターシャインにて、みゆき仲間息吹肇氏演出のFBI公演「エコーチェンバー、もうひとつの事実、不都合な真実」を観賞する。同行は同じ仲間のMさんとUちゃん。Mさんは言わばプロ、Uちゃんは言わばど素人(^^;…かく言う私だって素人、みな人生は~素人につき~♪

今回は番外公演につき、やりたいことやってみたとはじめ先生…たしかに前回の本公演「Fairly Melody」とはテイストが違う。見たくないものを直視し、受け止め真正面から立ち向かわないと真実は見えてこないのだ…と解説にあった通り、見たくないものはたくさん盛り込まれていた。SNSによる匿名の中傷、根拠を持たないFake News(←トランプのせいで「真っ当な報道」の意だと思ってる方が多そう。)、拡散、炎上、勘違いの正義感それを真に受けた仲間たちの仲違い…実際にあった地下アイドル傷害事件から想起されたのだろうが、今回の筆先は権力、社会制度へではなく、人が内面に持つ醜さへ向けたようですな、センセ。

感想はどんどん書いてください、拡散します…とパンフにあったので、【ネタバレ注意】のMOREなし書きで良いのかな?…仕込みは地下アイドルとして活躍中の女の子が実は別人のなりすましだったとネットでの噂から。高坂えりかは実は二宮美夢で、二宮美夢こそが本物の高坂えりかなのだ…と。ずっと応援していたファンなら、そこに居る子がアイドルなのであって実は…つったって名前が違った、程度のことで怒りが向かうはずないんじゃね?幼いころから赤い色の名前を「Green」と教われば、「私はGreenの果物が好きです。」と熟れたトマトを指し示すのと一緒、かな?

これはちょいとした仕掛け、かくも些細なくだらないこと一つで、ネットは加熱するのだよ。事象の重要性、真偽の度合い、なんにも関係ない世界なのだよ。と、その世界の破壊力は認めながら、思いっ切りの侮蔑を投げてるんじゃないかと愚考してみた…センセ、このあともそうだけど、勝手なこと書いて怒んないでね(^^;)

出生の秘密がこんがらがり、誰の父が誰で誰の母が誰で誰が誰に何したのかよくわからなくなる。鍵を握ってると見える小池都知事みたいな微笑みの教祖様、と不倫相手の弁護士。この典型的な俗物の描き方でこの手の集団に対する黒い侮蔑がまた見える。ステレオタイプな手かざしに盲目的に従う娘たち…ネットに踊る奴と一緒やん、て。終盤に唐突に見せた中年同士のディープキスシーン…ひょっとしてこちらへも侮蔑の眼差し?…いやいや考え過ぎ。

生みの親に捨てられ、継父、継母に虐待されるメイさんの役者さん、演技もキャラもとてもハマってました、可哀想さ全開。意味のない妄想で刃傷沙汰起こすインパルス堤下似の兄ちゃん、こちらもハマりすぎ、馬鹿さ全開…お二人とも、こんな役ばっかり来たら嫌だよね^^;…最後に真実のブロガー、然してその実態は捜査一課の刑事、が出てきたときは、途中の伏線を見落としていたのかちょっと意外だったな。全編通して初めて、たったひとつのリアルな出来事が明らかになる。ネットの祭りと同一軸上ではないですよね。

しかし、猛稽古の賜物か、15人の役者さん、トチリも噛みも殆ど無く見事な演技。センセ、この前も思ったけど、台詞長ーい。この台本ではミッキーカーチスさんも五月みどりさんもキャスティング出来ませんぞ^^。またスタッフの欄にはあと15人ほどのお名前。商業施設設計の商売柄、席数×公演数×単価/関係者数、の計算などしてしまい、お芝居とは大変な事業なのだなぁと、センセへの敬意がいや優ったのでありました。次は1月公演とか、またお邪魔させていただきますね。
e0001663_09475788.jpg
ところで、何か書いたら末尾にこれを、と…これで良いのですかな?(素人です)

#エコーチェンバー


e0001663_09203068.jpg
滋賀県のショッピングモールにて。お客様到着を待ちながらフードコートにてランチ。ラーメン、体に良くないなぁと思いつつ「SUGAKIYA」のロゴマークがとても懐かしく、担々麺など注文する、¥390-、安っ!

名古屋圏にいた少年時代より慣れ親しんでた。東京では見かけなくほぼ忘れておったが、日本へ帰る際に北京空港で見た大きなすがきやの看板に、郷愁と言うか、ラーメン食べたいっ!の想いが募ったもの。さんざん中国で「拉麺」食べたあとなのにね(^^;

これはガラパゴス国民食なんだね、きっと。
e0001663_11442544.jpg
朝から京都へ。行政打合せ一本こなし大阪へ向かう。いつものことながら、電話にメールにラインにで、スマホ電池枯渇。便利でめんどくさい世の中になったもんだ。

夕刻、やれやれなんとかオフタイム、でなんば道頓堀界隈を散策する。風情漂う雨の法善寺横丁。関西在住~関西訪問中の仲間と合流して個室会議室にて密談…密唱?

携帯一本 さらしに巻いて
旅に出るのも 歌場の修業
待っててげんさん 楽しいだろが
ああーああー 若い(?)四人の
想い出なじむ法善寺
雨も未練な十三夜

そのまま名前だけ立派な「大阪帝国ホテル」に投宿する…回りラブホだらけ。でも部屋がきれいでお気に入りホテルに加えることにする。
e0001663_11443260.jpg
一夜明けた道頓堀川。その昔高松先生の素敵なキリンプラザは、その痕跡も留めず普通のビルに…しかも足場がかかってる。また壊すのかなぁ。
e0001663_09264718.jpg
号外まで出たそうな、安室奈美恵引退表明。キャンニューセレブレート~しか覚えておらず、ん?結婚して子供産んでやめたんじゃなかったっけ?20年前のスターが華原さんやTRFと同窓会コンサートやってるのかな?引退、つってもそもそも現役だったのかな?…なんて失礼なこと考えてたら、とんでもない!バリバリ現役だぞー!ってか叱られる。みゆきさん以外の音楽界、まるで不調法。

プロが引退する時、並々ならぬ覚悟と環境の激変がある。野球選手もサッカー選手ももうプレイヤーとしてグランドに立つことは無くなるし、政治家が議会に立つこともなくなる…谷垣さんお疲れ様。藍ちゃん、真央ちゃん、お疲れ様。二度目だけど伊達さん、ホントにお疲れ様。ウサイン・ボルトさんお疲れ様。…今年は気のせいか超大物の「引退」が目立つなぁ。またこのくらいでないと「引退」とは言わず「廃業」になっちゃうのかもね。

余計なことだが、紙面もネットも安室の文字で溢れる中、お名前の前に「霊」が舞い降りてくるのは葬祭場設計者の性であろうか(-_-;)
e0001663_13011421.jpg
国連総会が北朝鮮に占領される。どの国のトップも演説の大半を北朝鮮問題に割いていたが、激しく避難する立場と緩やかにたしなめる立場の国に分かれてる。

中で際立ったのはアメリカのトランプ。「ならず者国家」「殺人集団」「完全に破壊してやる」等々、公の場で言うかなーの汚い罵倒を浴びせ良識ある国の首脳の眉を潜めさせてた。相手と同じレベルまで下りて子供の口喧嘩してる…世界がホントに危機に瀕してる、かどうか知らんが、この手の下卑た人間を見るのが生理的に嫌だ。

そうは言ってもトラさん、心の底では資源も経済力も何にもない極東の零細国家に対して軍事力使うつもりはまるでない…そんな儲からんことに勿体ない、と思ってる気がする。威勢のいい「ツィッター映え」する啖呵切ってイイネいっぱい貰おうとしてるだけのような。

続いて世界でトランプ唯一の親友アベが一緒になって空疎な好戦論。「必要なのは対話ではなく圧力」「アメリカの選択を全面支持」…総選挙に向け、更に北朝鮮に挑発してもらいたい狙い見え見え。トランプが教育程度の低い白人失業者に絶大な支持を受けてるのと同様、こちらも匿名でマスコミと野党を口汚く攻撃してるネトウヨ(たぶんプー?)に絶大な支持を受けてる。ただ、こっちはホントに戦時の宰相として後世に名を残したいようなのでより悪質。

やっぱ、核・ミサイルやっといて良かった、こんなに人気者になるんだもん♪…とお慶びであろう、三胖君。