<   2018年 01月 ( 19 )   > この月の画像一覧

e0001663_01272252.jpg
朝から大阪。東京より4人、大阪より2人が終結…いつの間にこんな団体になったのやら?…交通費に心がどんより。と、14時頃にはそれぞれ別の持ち場へ散らばり、私も次の打合せ、S保センセと再合流する。二件目は議論白熱、午後9時まで引っ張られる。

ようやく解放され大阪へUターン、I君とも再合流を果たして本日のノルマ完了…みんなに忙しい思いさせてるなー。で、11時にやっとお疲れ様居酒屋へ…お約束。途中から何やら検索してたS保センセの指示でI君が見つけておいてくれた「家庭料理ほざな」…時間も遅いのでさくっと飲んで帰ろうぜ…ビール飲んで焼酎900空けて足りなくて日本酒追加。疲れてたからだなぁ。

テーブルにメニューがなく黒板見て注文する…のだが、黒板が遠くて字が小さくて読めぬ…ので、スマホで撮ってテーブルで拡大して頼む。目も疲れてたのだなぁ。
e0001663_20102343.jpg
先週、成人式の日に予約していた晴れ着が届かず、衣裳屋とんずらもぬけの殻事件があったと思ったら、直後にフリマアプリのメルカリに大量の振袖が出品されたと。同時に他のフリマにも晴れ着が出回ってるそうで、客から預かったものを売りさばいてるのではないか?との疑惑が立ちのぼってる。

しかし、匿名で何でも売れるんだねー。盗品の捌きにもマネーロンダリングにもとても便利…なんて、私だってメルカリこそ知らないが、ヤフオクはしょっちゅう使っとる。たいていが楽譜とか漫画とかの道楽モノだが、一度住宅のリフォームで間に合わなくて便器を落としたこともあったな…匿名だったかなぁ?

取引の自由、ってのが基本的人権かどうか知らないが、こんな事態に対して一定の規制は必要だね。カードローン難民を狙って現金を出品してる奴まで居るらしい。一定の符丁だけ定めれば薬物だって銃刀類だって…この手のネットビジネス、目端の利く方が立ち上げるとあっという間に成長するもんだね。2013年創業、って言うからまだ5年やそこら。私なんかその頃仕掛かってた建物、まだ建ってなかったりするもんな…目端、利きません。

で、この「メルカリ」なるネーミング、語源は知らぬが語感からなんとなく胡散臭いイメージがあるのは何故?…と、
・メチルアルコール+青酸カリ
・カストリ
・メルトダウン
・メディシンカルテル
・カリカルテル
これらをブレンド、精練してできたのがメルカリ?…二蝶会の桑原さんあたりが「おどれ!メルカリなんか手ぇ出しよって、このボケがぁ!」なんて符丁になってる…黒川さんね(^^;…すんません、難癖です。

e0001663_09220945.jpg
日曜日、みゆき仲間の息吹肇氏脚本・演出になるお芝居「エーテル・コード」を観賞する。お供頂いたのは観劇のプロ…つうか現役の業界人M女史。小屋は中野の小劇場MOMO、「初めて行くと絶対迷うので案内してあげる」…と、最初からめちゃ頼りになります、Mさん。ワタクシ、観劇の素人につき、相変わらず勝手な感想書きます…千穐楽終わってるのでネタバレしていいことにします。

肇氏のお芝居、これで3回目。最初から観てるわけではないが、この3回でずいぶんテイストが変わってきてる。ゴーストものではあるが、いわば反戦劇だった「Fairly Melody」→ゴーストがスピリチュアルな方向に舵を切ったと見せて実は謎解き推理劇だった「Echo Chamber」→今回、前回の続編なのかなと思ったキャラ設定とお話の流れ…階段ひとつ登ったかな?降りたかな?の印象であった。

母親が経営する売れないアクセサリーの店を手伝っている主人公のミズキ…友人の勧めで霊能者の元へ出向き、アクセサリーにパワーを注入する方法を伝授してもらう。実はその霊能者は主人公と「ツインソウル」…パワーを共有する双子のような存在だった…サブストーリー(?)の登場人物JK3人娘も登場し、それぞれの恋愛を成就させるためにパワーのこもったストーンを主人公の店で購入する…それぞれに黒い思惑あり…パワーストーンの力で人気爆発したお店は石を大量に注文することになるのだが、ここにヒールの霊能者が現れ、負のエネルギーを石に注入する、実はツインソウルではなくトリプルソウル…いろんな事情があったと思うが、登場しない人物が自殺して彼岸から此岸へ語りかける。

途中の展開を端折って申し訳ないが、どこかでもつれた糸がほぐれ、謎が解かれるのでは?「エーテル」の名を冠してるのはまがい物を暗示しているのでは…との三文推理小説組の予想を裏切り、結末はかめ波対決でどーん…そういう事象があることが前提の脚本だったのね。リーマン幾何学みたいなものか幸福の科学みたいなものか。途中に不義の子と子捨てと虐待体験が入ってくるのは前作の余韻を残してのこと?

前作、前々作に比べ、説明過多は少し解消してる…かな。観客をもっと信用しよう、とはMさんの感想。幕の切れ目のギャグは滑ってるぞ、はワタクシの感想。三谷さんのスラップスティックと似て非なるものではあるが、お話がてんこ盛り…近所コウ立たず、ではないがエピソードと登場人物は半分くらいに絞ってもいいかな。前回は特別公演…夜会工場みたいなもので、今回が夜会の本公演…詰め込んだようですね。

JK3人は恋する思いが軽すぎて存在感希薄。ヒール役のトリプルソウルさんは劇中での存在意義がよくわからなかったが、一番キャラが立っておられた…次回期待。お店のお母さんは…プロの脇役さん、かな。上手でした。前回も霊能力者として登場していた小池都知事風不倫の母、スタイリストさんのいたずらか正味なのか、爆乳がとても印象的でした。いやなに、隣で一緒に観ていたMセンセも負けてませんって。

お門違いな感想とは思います…なんでも言っていいって書いてあったから蒙御免。いつもより短期間でこの濃いお芝居を創られた肇センセと役者の皆様には感動いたしました。お疲れ様でした。#エーテルコード

e0001663_21422997.jpg
お隣の国の腰が座らない…世界中でなんとか北朝鮮の核・ミサイル開発を阻止しようと手立てを講じている中、人道支援の名の下に資金援助したり、オリンピックに出ていただきたいがためにご機嫌取って南北会談目論んだり…今のところ「出てやってもいいぞ」と上から目線の北の方が優位。ひょっとして三代目の豚より程度悪いのかな、文ちゃん。

挙げ句の果ては「最終的かつ不可逆的」とまで文言を入れ、アメリカにお立ち会いいただいた従軍慰安婦合意が解決にならぬと言い始めとる。これは返す刀で「合意は1ミリも動かさない!」と、とるに決まってる毅然とした対応を想定した安倍への援護射撃なのかと思うくらい…多分、内閣の支持率上がっておるはず。彼の国の世論に迎合したのだろうが、そもそも国際標準のルールより、低レベルの国民感情を優先させる政策取ってるようでは、北の後塵拝するのも無理はない。…大統領が、政府が、と言う前に国民のレベルが未成熟なんだろうけどね。

従軍慰安婦、って言うけど、今現在だって従官慰安婦やら従産慰安婦やらは現役で活動しておられる。いっときでも植民地化されたのが忌々しい、のかも知れないが、歴史の殆どの時代で中国の植民地だったんじゃないかな。それに、時がどれだけ過ぎようが、侵略した相手を恨み謝罪を求め続けるのなら、モンゴルやマケドニアは今も世界中に謝って歩かにゃならん。流れからゆくと、いずれ南北は統一して中国の一省となるのかもなぁ。尖閣や南沙諸島からかってるより、さっさと半島ごと併合してしまう方が早いのに…もしかしたら要らんのかも。

e0001663_10230031.jpg
1月9日より12日の三泊四日となってしまった今回の関西滞在…段取り悪くスキマだらけ。三日目の午前中もがら空きとなり、レンタカー借りて「ネスタリゾート神戸」の見学に出掛ける。仕事です、仕事。
e0001663_10230179.jpg
年金事業のグリーンピア三木、が破綻して二束三文で民間に売却、リニューアルしたものらしい。230ヘクタール、52棟の施設が11億円だったとWikipedia。施設、建物がただだとして坪1,570円…ちょっと上等なビニールクロス位の単価だな。破綻してぶん投げるのは年金事業のデフォルトだが…さすがだ。

ゴルフ場18ホールがまるごと入りそうな敷地…半年かけて必死で壊してる弁天町ORC200をも凌駕するウォータースライダー付き巨大レジャープール。さすがに大寒波下でクローズだったけどね。果てしなく続く駐車場は何千台あることやら…が、年金→破綻→廃墟、のイメージは大違いで、隅々まできちんと手入れされており現運営者の意気を感じる。
e0001663_10230260.jpg
目玉のグランピング施設。手ぶらで来てキャンプを体験できる。子供が小さい頃なら何家族か連れで来たくなってたかも。中はこんな感じ↓
e0001663_10230301.jpg
現在運営しておられる延田グループ、羽曳野、鶴橋に「延羽の湯」を展開してる温浴事業者。どちらも屈指の繁盛店。リゾート内に設けられた温浴施設は言うまでもなく最高クォリティ。内湯も露天風呂もおそらく誰もツッコミ入れることもできない仕上がり。気になる素材を幾つか見つける…帰って探さねば
e0001663_10230561.jpg
ただ、めちゃ寒かったせいかお客様の数はまばら。グランピングエリアを含め、外ですれ違ったお客様は二人、従業員は10数名。さすがに浴室には5人位いらっしゃったがそれでもスタッフよりは少ない…あんないいお風呂、もったいないなぁ、と感じたなり。
e0001663_21234923.jpg
サッカーではないよ、それに大阪ではなくここは京都。昨日の神戸に続きお外での仕事多し…冷える冷えるー。帰りの電車の中に落ち着いてもまだ手足がジンジンしびれておる。

この冬最強の寒波襲来…何回目かな最強の寒波?貴田の方ではえらい雪、電車が立ち往生したりしてるらしい。まだ鉄骨躯体も来ておらず吹きさらしの基礎工事現場。地面はスケート場の、地中梁の間は氷室の如し。一回りするだけで全身凍てつく。

って私は一回りしただけ。終日を作業してくださってる職人の方々、ほんとにご苦労様です。鉄骨来るまであと一ヶ月半、よろしくお願いします。
e0001663_08373526.jpg
一昨日。華やかな新春交歓会お開きのあと、S保センセと二人二次会で、神戸三宮の「Acoustic Cabin 隠れ谷」へ。四木会の重鎮Hさんが関西へ戻られたあと、こちらのマスターとバンド活動をなさっておられる…のをFacebookで度々拝見しており、一度訪れてみたかったと、S保センセのリクエスト。

カントリーを中心に活動しておられるとか…店内にずらりと並ぶギター名品の中から畏れ多くもマーチン様を手にしてみる。天下の名器D-28と、写真のest-1833と書かれたお品。マスター曰くはD-28よりこっちの方が弾きやすいですよ…とな。
e0001663_17252807.jpg
とりあえずは傷付けないようにそろそろとアルペジオで遊ぶ。少し慣れてきてジャカジャカと遊ぶ。何が悲しうてワシのギター聞きながら飲まゃならん(-_-;)とぼやき顔のS保センセはほっといて何曲も何曲も…みゆきさんばかりを。
e0001663_08334114.jpg
とても寛いで過ごせたので、11時過ぎまで腰を据えて飲んでたのだが、遂に他のお客様に出会うことなし。少し経営が心配なり。
e0001663_10035036.jpg
関西二日目、二軒回ったあと18時半より六甲アイランド、シェラトンホテルにて住吉学園様主催の新春交歓会…賀刺交換会に参列する。常々親しくお話しさせていただいてる首脳様達がとても偉く見える催し…国会議員様をはじめ、県会市会、二桁に及ぶ政治家の面々、ほか地域の偉い様100人を超えて集う。何一つしなければならないことのなき宴会への参列…大好き♪…横で美味しそうにお酒飲んでるS保センセもご同慶の様子。

つくづくすごい方々と接しているのだな、と感じる会も今年で二回目。秋頃には盛大な落成パーティーに出席できてる予定…のために頑張ってね、S保センセ。
e0001663_16425440.jpg
昨日、18:00に解放されてから21時ホテルチェックインまでの時間潰し。大阪でただ一館だけ上映中の映画「レディ・ガイ」を観になんぱパークスシネマまで足を延ばす。たまにはいいでしょ。ウォルター・ヒルにシガニー・ウィーバー、エイリアン組だね♪

ネタバレ
e0001663_22285054.jpg
夕刻の会議のため午後の新幹線で大阪へ。年末年始の休暇明けは電車ガラガラ。いつも確保に苦労するお宿も閑古鳥と見え、大バーゲンセール中。21時以降チェックイン、のシバリ付きではあるが十三駅程近くのホテルMy Dearとやらがなんと税込み3,000円。カプセル並みじゃなぁ。

しかし21時以降チェックイン…とはこれいかに?…と、フロント前に出てくる客も入って来る客もカップルばかり。うーむ、ビジネスホテル検索で出てきたのだが、いわゆるひとつのラブホなのね。デイユースとも言い替えられる。

が、ナイトウェアとバスタオルと歯ブラシた枕が二つあるだけで、部屋はいつも泊まる安宿よりずっと綺麗。バスルームもトイレも最新の設備で極めて快適。ここ、知らなかったなぁ。いつもはこんな値段じゃない、んだろうな。

で、会議が18時過ぎに終わったあと、21時まで時間を潰すことになり、詳細後述します…ラブホチェックインとは無関係です。