e0001663_17181541.jpg
土曜日夕刻の都美術館。紅葉…黄葉真っ盛り、内装壁の赤が綺麗だったので撮ってみる。現場監理中心の最近のお仕事、土曜日しっかり残ってやる仕事もなく(←なくはないのだが)、ふらりと上野公園へ。開催中のゴッホ展を観賞する。
e0001663_17181799.jpg
今回はジャポニズムがテーマ。普段見かけないゴッホの作品がたっぷり、とゴッホが憧れオマージュしてた北斎、広重の浮世絵もたっぷり。インスピレーションを得た雑誌やロシェの「お菊さん」、ガシェ博士由来の品々、亡くなった後の展覧会の芳名録など、盛り沢山。ゴッホマニア垂涎の展覧会だった。

解説の音声ガイド聞きながら珍しくじっくり回った…のだが、ゴッホさん、いまいち私に合ってないのかもな感想抱いてしまった。陰影を排し輪郭線と平板な着彩で後期印象派の最高峰…なんだけどな。糸杉や麦畑がなんか退屈に感じる。若い頃、画集見てめちゃめちゃ好きだったマティスの本物に触れたときと同じような感触。富岳百景や東海道五十三次の方に見入ってたくらい。

罰当たりな感想になってしまった。絵画観賞のど素人なのでお許しあれ。
# by cegero116 | 2017-12-02 17:16 | Art | Comments(0)
e0001663_19152304.jpg
二日連続三件の定例打合せの三件目。京都松井山手、第二京阪道路のトンネル上で着々と進むSプロジェクト現場を視察…地盤工事が完了し鉄骨ベースパックが据えられて、基礎配筋の作業にかかるところ。いや、ここもでかい。二年越しで取り組む私史上最大の温浴施設、当地での構想立案から8年だとか…悲願のプロジェクト。責任感に打ち震えます。

打ち震えながら会議を中座、あとを事務所の二人に任せ、心強いパートナー、S保センセが待つ大阪にての某重大会議に向かう。のど渇いてるだろな(^^;
e0001663_22065263.jpg
大阪弁天町Oプロジェクトの月イチ現地定例会議に出席。私史上最大の解体現場の圧巻に一同息を飲む。内装だけで半年近くもの工期とは?…と思ってたのだが、市街地の建築物の上で数十台の重機が活動し、何百t(?)もの鉄骨、コンクリートを破砕、搬出する作業の膨大な苦労を見て、なるほどプロのお仕事だと納得する。

前回やっと空が見えた屋根テント、ひと月で半分ほどが外されていた。これも単独では自立できぬポールを慎重に支持し、天候と相談しながらの作業。この施設の象徴だったウォータースライダーだけがぽつんと取り残され、プールの面影を留めているが、次回にはこれも消えてるのかな?

三年越しのプロジェクト、ただいま道半ばと言うところ。A社さん、今後とも安全第一で頑張って下さい。
e0001663_13165069.jpg
当社の裏通り、徒歩1.5分のところにスーパー・マルエツが新規オープン。コンビニしかない街にとても有難い存在になってくれそう。早速昼の弁当など買いに入る。

以前は銀行の店舗が入ってた小さなビルの一階。プチ、と名乗るだけあって少し大きいコンビニくらいの面積なのだが、品揃えがスーパーなので、普通に肉や野菜が置いてある…そうだよな、八丁堀だって銀座だって、普通に住んで生活してる家庭はあるもんな。

住んで生活してるわけではないので、昼メシにはコロッケと助六寿司を購入…コンビニよりかなり安くつく。考えてみれば、我が家のそばで食材を供給してくれてるのもマルエツ…今後とも売上貢献させていただきます。
タイトルは昨日読んだばかりの素敵な小説。意味はと言えば…どうやって言葉を尽くして罵ればよいか、我が語彙の貧しさを嘆くような某政治家の失言…失言ではないな、本音。アフリカ各国との親善に力を入れている同僚議員に対してのもの。

一つだけついていけない所がある。なんであんな黒いのが好きなんだ?

以前も文化保存研究と観光振興の区別がつかず「学芸員はガン」と吐き捨てた男。「このハゲー!」とか「地震が東北でよかった」とか「ヒトラー見習えよ」とか、自民党さんの失言はバラエティに富んでいるが、それぞれ苦しくとも言い訳が付いてきてる。今回の言い訳は…

アフリカと言うと暗黒大陸のイメージ、つい黒いのと言ってしまった

暗黒大陸、とは帝国主義真っ盛りの時代錯誤、差別の上塗りしてどうする。骨の髄からレイシズムに染まってる…てかそんな高尚なものじゃなく、生まれながらの性格なんだろうな。粗にして野にして卑にして劣にして悪にして辣…あぁ、言葉が見つからない。

中国が侵攻しているアジア・アフリカへの戦略の意味からも大々マイナス。トランプあたりから「なんであんな黄色いのが好きなんだ?」とジョークで返される手掛かりも与えてる。写真は見たくもないので載せないが、福岡と言う土地もこいつを選んだ土地だ思うと腹立たしい。
e0001663_20101750.jpg
ネットウロウロしてるとこんな画像が…私のスーパー銭湯にも日焼けマシンが設置されてる。日本人、黒くなりたいんじゃないか!




e0001663_14320066.jpg
ひどい…自己嫌悪をもたらすタイトルだ!

年に一度の成人病健診、前日に酒を絶ち、当日朝は水だけの決まり。ちょっと前までその当日朝の断食が辛くて辛くて…朝メシ食わんと何にもせんぞの若かった私。最近、全然平気になってしまった。その代わり前日の断酒が辛くて辛くて…確実に生活習慣悪化しとるな。

診断メニューは例年全く同じ。身長測って体重測って血圧測って、尿採って血液採って心電図取って超音波取って眼底撮って、バリウム飲んでゴロゴロ…それでここ十年以上も「所見なし」…健康をよろしく維持しておるのか、メニューそのものにあまり意味が無いのか?年に一度、被曝してるのが体に良いのかな?何もないからそう言えるのだろうけどね。

昨日死んだ若い人の、手のひらは長生き示してた~…なんてね。

写真は設計健保健診センターの食堂。健診終えたあとに60%引きで食べられる。豚丼しっかり食べた後で、トイレにバリウムお返ししてまいりました…つまらない人なのです。




移動の多い生活、なんとなく肩の凝らない小説で新幹線の気分転換…と、薄めの文庫を持ち歩いてる。ちょっと溜まったので三冊まとめて感想。

e0001663_12593963.jpg「サラバ」とやらでブレイク中の西加奈子さん…サラバ、長くて疲れそうなので一番薄い小品「窓の魚」。

4人連れの温泉旅行の一夜で起こった事件を、4人なりの視点から4回描いてる。誰かが死んだのは確かだが、事件は話の核心ではなく謎解きも特に求めていない。4人が4人、それぞれなりの心の闇を抱えており、一度発せられた言葉がどんな思いで発せられたのか、どんな思いで聞いたのか…ややくどいくらい繰り返され、読み手も反芻することになる。この前読んだ「出版禁止」でも思ったのだが、最近の小説テクニックはとても進化しておる。


e0001663_12594027.jpg次はミステリー仕立て(?)の短編集、この方もよく知らない方。警察ものだったり国際ビジネスものだったり家族の因縁物語だったり、ブラックユーモアだったり人間交差点だったり…バラエティに富んでいる。

帯にもある通り、かなりの技巧派とお見受けするが、結末の付け方から少し複雑な性格の作家ですな。中では追いつめられた挙句の連続犯行に及んだビジネスマンが陥る最悪の結末…「万灯」が目新しい展開で面白うござった。


e0001663_12594138.jpgこれが一番最近に読んだもの。現役AV女優さんの作品で、今映画化されてるらしい。と、業界の内幕を描いたキワモノ、かと思いきや、官能描写は控えめ(←がっかりしてないよ!)で、なんとも叙情的かつ無駄のない文体。登場人物の描き分けもわかりやすく、脇役も引き立っている。

どんな映画に仕上がってるのか、ちと見てみたい気にさせられました。

本の選び方、偏ってますかなぁ。

e0001663_16325842.jpg
はい、これも終わってから書いてます。そう毎回やられてる訳にはゆかぬ、きっとキタサンブラックは来ない、来たら諦める…でレイデオロ軸でシュバル、サトノクラウン(←デムーロね)へ流した馬券、予想通り来なかったキタサンがしぶとく三着に粘ったせいで紙屑に…シュバル→レイデオロは本線だったのになー。

しかし、外国招待馬は最近何してるのやら?イメージとしては、ホーリックス、ランド、シングスピールの昔から鬼のように強い馬と、デットーリのように馬のように強い騎手なんだけど。日本の馬が強くなって世界の一級を凌ぐ力を持った…とは思えんなぁ。ここでも、世界から見て日本のレースに魅力がなくなった…ジャパンパッシングの一種なのかなぁ。
e0001663_12162060.jpg
土曜日夜の銀座、先回の60オフお疲れさま&次回への引き継ぎ会が、幹事Tさんのお骨折りで開催さる。前幹事に次期幹事、60代から20代、都会もんから田舎もん、古株・新顔・マスコット…要はまたお前かな老若男女11人、鍋を囲んで焼酎をあおる。

今週はアルバム「相聞」が発売され、明日からは夜会工場ツアーがスタート。皆さん頭の中がみゆき色に染まってる今日この頃、なだれ込んだ二次会カラオケでは、無謀なうろ覚えの新曲チャレンジが早くも披露される…私はまだ全然頭に入ってません(-_-;)

帰り道のペニンシュラホテル前は、早くもピカピカのクリスマス支度となっていた…今年もあと5週間、ですか。
e0001663_15405804.jpg
先日、みゆきさんよりBeetlesよりJazzマンは古い友達、と書いたが、そのJazzさんより古いお友達はGSさん。更に古いのがこの方、加山雄三お兄さんなり。それより古いとなるとオモチャのチャチャチャまで行ってしまう。季節の彩り、インフルエンザの予防接種に行ったご近所の医院のチラシでそのお姿を見かける。

ヨットとスキーとエレキギターの若大将、あまりの能天気お坊ちゃんイメージに引いてしまっていたこともあったけど、齢80を超えて衰えることも進化することもなく、伸びやかで平板な歌声を聴かせてくれる…大したもんです。

やーがてー、冬がつめー、つめたい雪をー雪を運ぶだろう~

インフルエンザ予防と高齢者向けの肺炎球菌予防のモデルにはうってつけ。100歳になってもこのまんまなのだろう、あやかりたいものです。
e0001663_11423056.jpg
五年に一度の運転免許更新。誕生日前の日曜日、勇んで出かけた流山免許センターで、「日曜日に更新できるのは優良ゴールドだけ、違反ドライバーは平日のみ、おとといおいで!」と追い返され、3年前の12月に犯した痛恨の一時停止違反を思い出す。高速下り口からの一般道合流口、草むらに隠れてたチャリのスナイパーに気付かなかったあの時。。。

ま、事故らなかったことをお巡りさんに感謝してその後大人しく過ごしたおかげで、本日の講習は一時間で許していただく。二回やったら二時間のお仕置き。んでも、30年近くも守ってたゴールドカードがブルーになって帰ってきたのはとても悲しかった。

次の更新は5年後、存命であれば69歳…辛うじて高齢者講習一歩手前。そろそろ返納を考えてる頃だろうな。
e0001663_18452041.jpg
水曜日、某重大会議をなんとかしのぎ大阪とんぼ返りに成功、23日勤労感謝の日を勤労せずに過ごせることに。と、朝イチで、ギター仲間のGさん、hさんより横浜マークⅡでのみゆきデイへのお誘いを受ける。主宰のTさんには常々より大変お世話になっており、迷わずいそいそと参戦する。店内は懐かしき昭和のフォークソングシングル盤のジャケット。名前からして拓郎リスペクトのお店ですな。

折しもこの秋のニューアルバム「相聞」が昨日発売になったばかり。タイミングいいイベントだ。御苑オンリーイエスタデーよりちょっと狭い店内に25人の満員御礼…プロ並みなユニットの方も居られ、相変わらずの練習不足、イロモノ出演のワタクシ、恐縮しながら2曲を弾かせて頂く。演目も毎度同じ…誰も覚えてないからいいや…のドヤ顔。
e0001663_14422740.jpg

常連のGさん、「出がけのたこ焼き、帰り道のホットドッグ」をルーティンとしておられるとかで炭水化物お付き合いにアルコールお付き合い。ほろ酔い勤労感謝の日となりました。
e0001663_13133612.jpg
ちょっと前の新聞記事。社会の教科書で教えないことになった人物、事件が報じられる。坂本龍馬は只の武器商人だし吉田松陰は只のテロリスト、上杉謙信、武田信玄…川中島なんか地方大名の小競り合い、日本史に大きな影響を与えたとは言い難い、からだそうな。代わりに「共同体」「気候変動」「グローバル化」…日経ビジネス読んでるみたいだね。きっと眠たい。

世界史だとクレオパトラにガリレオにマリーアントワネットに金瓶梅…ドラマチックなロマンは排除しようとのこと。私だって教科書でもって歴史に興味を抱いたわけではないが、受験で選択した世界史のお陰でずぶずぶと嵌まっていったのは確か。社会の授業や教科書なんて所詮目次か梗概のようなもの、面白そうなテーマで釣って深みへ誘導した方がいいのにな、と思う。

ここに羅列された排除リスト一つ一つは、一幅の大河小説や映画になるものばかり。歴史を学んでもらっては不都合なり、グローバル経済のテクノロジー操るマネージャーを必要としておるのだ、てか?社会科と言っても歴史ばかり取り上げられてるが、取るに足らない国は地理で教えなくていい…にもなっているのかもね。思想強化書?
e0001663_20001374.jpg
某月某日、忙中有閑、赤坂見附より千代田線の赤坂まで歩く一ツ木通りの道すがら、店名に惹かれて入店する…その名も「Jazz Bar橋の下」。

そうか、ここは赤坂。あのアルカディアが上演されたactシアターの街ではないか。きっとみゆきさんにインスパイアされた方が命名されたに違いない。煉瓦のアーチがあしらわれたインテリア、今にもうすらでかい猫が現れ、放水警報が…と、そんな新しい店ではなさそう。聞くと橋の下でサックスの練習をしていたjazzマンから取ったとかですか…いやん、ソニー・ロリンズやん♪もう創業40年にもなるんだとか。

流れる音楽は60年代メインストリーム。壁を飾るはコルトレーン、ビルエヴァンスほか名盤LPのジャケット。みゆきさんよりもBeetlesより古いお付き合いの皆様達…ヨダレ出ますな。
e0001663_20001580.jpg
何より、ここは赤坂?と訝るくらいのリーズナブルな価格。ステーキ食べてアップルワインにスコッチ2杯引っかけて2,500円ちょっと。しかも美味い。これは癖になるかも…☆☆☆です!
e0001663_13053161.jpg
どーーでもええ話だと思うのに、新聞もテレビもこのニュース…北朝鮮問題や座間の9人殺しと同格で報じとる。大相撲のモンゴル人力士が集まった宴席で、横綱日馬富士が若手の貴ノ岩の頭をビール瓶で殴って頭蓋骨骨折したとの話題。親方衆の確執がよい味付けとなって、マスコミ的には香ばしいのだろう。

そうか、モンゴル人は生ジョッキでも缶ビールでもなく瓶ビールなのね…本気で殴ったら横綱のパンチはビール瓶より凶器だろ。骨折したのに貴ノ岩、翌日巡業で相撲取っとる。骨まで丈夫なのね…と問題はそこではなさそうだ。なんでも朝青龍健在の折から59場所中53場所でモンゴル勢が優勝してる…日本人のやっかみもあるのかな?近々では、空気読まずに被害届出した貴乃花が悪者になってるけど。

調べてるうちにコントで使われるビール瓶発見。飴菓子でできてるんだってね。初っ切りのネタにすると面白いのに。