e0001663_22022192.jpg
日曜日夜、お誘いを受けて神宮球場の阪神vsヤクルト戦へ。Mさん、いつも有り難うございます。本日はご子息T君のお隣の外野席。かあちゃんは偉いから内野で観戦とな(^^;

なんとなく14連敗して最下位独走の今のスワローズと戦うのは切ない感じ…「かっ飛ばせ~○○、ヤクルト倒せ~!」とは弱いものいじめみたいで言いにくい。生粋のタイガースファンじゃないのだなー。

展開は想像通り…三塁も踏ませない安定感抜群のメッセンジャー、が来日8年で初のホームラン。6回には一挙4点のビッグイニング…六甲おろし10回くらい歌えたぞ。神宮名物花火も心穏やかに見て、トータル3時間ちょっとでの完勝劇。

ご贔屓ライアン小川も、ほんのちょっとリズムがおかしい。山田君もバレちゃんも、どことなくスイングが鈍い。負けてるのに選手交替しないヤクルト…怪我人だらけで控えが底をついてるのかな。

打って変わって安全リードの阪神、西岡良くないと見るとすぐ替え、高山も上本もロジャースも引っ込め、原口、北條、大山、岡崎と、在庫虫干し起用は、金本っちゃん、余裕やねぇ。こんなええ日ばかりとちゃうぞー(^^;

他球場途中経過で、ご贔屓筒香のサヨナラアーチで横浜が読売を下した報を聞く…この私がヨシノブ君可哀想、と感じる今年のペナントレース、なんか変だ。と言ってる間にぶっちぎりカープは10点差つけて爆勝←これを何とかしましょう。
e0001663_22445665.jpg土曜日午前11時、新橋カラオケ館に60年以前生まれ中島みゆきカラオケオフ会の参加者集結。12時間の長丁場をスタートさせる。私の中では数あるみゆきイベントの中で最重点と位置付けておる会なのだ。今回は40名の参加だったが、いつも見る顔で居ない方も多数、参加者数青空天井にしたら一体何人来る事やら?

大部屋自己紹介ワンフレーズ歌唱も定番化、今回は枠を30分拡げて2.5時間、余裕を以って全員歌える。小部屋でじっくりもいいけれど、全員の方と語り合えないのが難…大部屋枠の拡大は正解だったと思います、H幹事。

連続TVドラマ「やすらぎの郷」が今回のキーワード。慕情もやすらぎ体操も再放送や録画で何十回も見ているに関わらずマスター出来ておらん、そんな入居者風の60年代に、はっぴーちゃんを始めとした若いスタッフ(^^;)も交え、楽しい楽しい12時間でありました。次回は秋、ですな。それまで年金に頼らず自分の足で歩いてゆくよう、ご自愛くださいませ♪

e0001663_22531338.jpg
金曜日。S保せんせ、I君と三人で大阪へ…と言っても皆バラバラの新幹線で向かう。大阪で現地駐在のH君と合流、それぞれあちこち、6件か7件のお仕事抱え関西を放浪する。

やれやれなんとか全部こなしたわいの夕刻、お気に入りの新大阪なにわ大食堂で祝杯のワイン…これだけは外しませんなぁ。どこか、スペインの街角にテーブル並べたようなBALの風情。好物サングリアがあとに続き、ほろ酔いの上機嫌で帰りの新幹線へ…祝杯上げるほどの成果があったわけではありませんがね(^^;
e0001663_22031557.jpg
大相撲史上最多勝、魁皇の持つ1,047勝に白鵬が並ぶ。時間の問題とは言われてたが大したもんだ。二日前には尊敬する千代の富士の記録を抜いて感激してたが、もう慣れたもんだよ、の余裕の表情。HAKUHO-METER、とはイチ・メーターのパクリだぞ。

言葉も習慣も解らぬ異国でひとり、モンゴルの少年が江戸時代から続く大相撲の歴史に燦然と輝く金字塔を打ち立てた…って、引退寸前によれよれで記録作ったのではなく、最強を誇る頂点にての記録、何勝まで行くのやら。

発言も立ち居振舞いも堂々たるもの…先輩の朝青龍のやんちゃを愛していた私は、面白味のないやつだなぁ、とか思ってたが、ここまで非の打ち所がないとひれ伏すしかない。

その朝青龍君、母国で新しく大統領補佐官(?)とやらに就任してるらしい。モンゴルを中国依存から脱却し、日本との親善大使を勤めるぞ…適任だ。白鵬は日本国籍取得するらしいので、両横綱の日蒙首脳会談…なんて夢があっていいね♪
e0001663_21274706.jpg
やけに真面目に働いてるじゃん
君は下手だよと、大きなお世話聞こえない~よれよれ、よれよれ~

替え歌と言ってもなんだか順番が違うような気が…記憶なんてそんなもんです。先日の暗いみゆき会、しっかり覚えてる筈の「蕎麦屋」の弾き語り。

悔し涙を流しながら~あたし、たぬきうどんを食べている~
どうでもいいけどとんがらし、どうでもいいけどとんがらし~・・・
風はのれんをばたばた泣かせて、ラジオは知ったかぶりの大相撲中継
あいつの失敗話にけらけら笑って、あたし、たぬきうどんを食べている~

と歌って、「たぬきうどん、おかわり~」と突っ込まれたもんな。

と言うことで、もう少し上手くならむと、食卓の手の届くところに金物買ってきてギターを吊り下げてみる。この前まで普通にギタースタンドに立て掛けてたのだが、やんちゃなミルクちゃんに足を齧られ、しばらく撤収の憂き目に遭っていたのだ。窓の開けたてやブラインドの操作に邪魔なようだが、壁少ないのだ、我が家。

ミュージシャンの家のようでしょ…と、このギター、なんか農機具のように見えなくもない(^^;)


e0001663_20310211.jpg
連休明け、千葉幕張PJの図面を持って朝から外房白子町へ。どうなるか解らんが、それとなく楽しみにしているお仕事。なにしろ、公共交通機関では辿りつかぬ地ゆえ、S保センセに愛車を出してもらって窺う。…S社長、やってくれるかなぁ?

朝の渋滞路を2時間かけて行って20分で打合せ完了、帰りは少し早く帰れて早めのお昼ご飯Time…センセが前から狙ってたと言う街道沿いのラーメン屋へ。「蔵出し味噌田所屋」…まだ11時半と言うのに店内満席。こんなプレハブだけど人気店なのね。「北海道味噌-濃口」「信州味噌-やや濃口」「博多味噌-あっさり」の3カテゴリー。濃いのとやや濃いのをセンセと注文して味比べ…なるほど。

打合せよりは長い時間、お昼ご飯食べてました。


e0001663_19101277.jpg
三連休最終日、誰もいない事務所の午後、労働意欲喪失して映画へ。突然思い立っての検索で見たいもの見当たらず…ならばまるで知らないジャンル、闇鍋ムービーウォーカーを、と小栗旬主演の「銀魂」へ。信長協奏曲で面白かった記憶うっすら。

人気コミックの実写化、出ている若者俳優は殆ど知らないのだが、キャスト見ると中村勘九郎、長澤まさみ、堂本剛、佐藤二朗…となかなかの顔触れ。どんなんかなぁ?

いや、おじさんには無理だったみたい。回りの席が沸き立つシーンのどこが面白いのか、さっぱり解らない…理解できないのではなく、何をパロっているかが解らない。批評するレベルではないので、感想何も書きません。

たまにしか見ないのに…やっと映画館行けたのに…引きが弱いったら…ぶつぶつ。
e0001663_14334088.jpg
次々開設されるわけのわからんみゆき会。電車で10分くらいのご近所さんがカラオケに集まり、暗いみゆきを弾き語りでやろう…と。居るもんですなぁ、ご近所にも。

ちょっとしばらくギターに触れてなかったため、左指の痛いこと…このレベルのものにもブランクの影響はあるのね。絶叫型の大型新人を交え終電まで騒ぐ…いや、ご近所っていいですなぁ。
e0001663_18421531.jpg
ノーベル平和賞受賞者、中国の劉暁波氏が肝臓癌のため61歳の若さで死去とのニュース。余命幾ばくもないとは報じられていたが、死の前月になって刑務所から病院へ移し、最期を海外でとの希望も「危篤だから無理」と…。病室にテレビを入れて中国政府がどれだけ治療を尽くしたかを語らせる醜悪さ…。ノーベル賞受賞のことも死去のことも一切の報道を禁じ、彼は犯罪者であり外国が彼を称賛するのは内政干渉だと…支持者は次々と拘束されてるらしい。あぁ見たくない聞きたくない。

詳しく知る訳ではないが、ダライ・ラマ師同様、非暴力の体制改革に声をあげ続け、苛烈な弾圧に屈せず国内に留まって生涯を終える…墓が聖地とならないよう、即時火葬に付して海に散骨、とは怯えてるんだなぁ。彼の名が中国の歴史で再評価されるのは、5年後か50年後か500年後か?

世界から劉氏への哀悼と中国政府への非難が溢れるなか、トランプと安倍は何にも言わん。商売上マイナスだと思っておるのだろう。あれだけ思いのまま報道を統制できる体制を羨ましく思ってるのかもしれない。

香港での追悼集会に掲げられた写真に添えられた名前、「刘」ではなく「劉」であることにほっこり。漢の高祖も武帝も光武帝も三国志も、刘なんかじゃないのだぞ。たしかに中国はひとつ、台湾と香港が協力して中国統一を果たす日が来ますように。
e0001663_19064885.jpg
大阪にて。朝から三軒こなしたラストの現場、なかなか珍しいメンバーと食事に相成る。クライアント筋から業者筋、呉越同舟、とまで言わないが米露同舟くらい…いや、仲悪いわけじゃないよ。

で、タクシーで北新地へ。銀座と同じく右も左も解らぬ土地、皆様の後を付いてゆく…クラブ900°…看板だけ撮った。皆様、と言って一番年の近い方で私の二回り下くらい…後を付いてってる場合じゃなかろう、とは思うが不案内なもんはしゃあない。

普段堅苦しい会議の席でしかまみえない面々との歓談、とても有意義でありました。
e0001663_10440721.jpg
ついにみゆきさんがセンテンススプリングに!男と女のサスペンスとな?

先週「やすらぎの郷」に二度にわたってカメオ出演を果たした倉本さんとみゆきさんが愛人関係!…どうせ絶対隙間埋めのヨタ記事に違いないと解っていながら購入、大阪へ向かう新幹線で拝読する。長年愛人関係と言い続けてるのに一回も写真週刊誌が来ない…と嘆く倉本さんのコメント。無理矢理頼み込んで書いてもらったな(^^;
e0001663_10462921.jpg
一回目の登場シーン↑やすらぎ体操の後ろを車椅子押して通るだけの14秒。ドラマ見てないのにここだけ録画して送ってくれた御仁あり(^^;…二度目は同じ車椅子で、乗ってる倉本さんが酸素吸入器を外してタバコに火を点けるシーン10秒くらい…時流にケンカ売っておられますな。

一昨日など、いまわの際の妻にファイト!を歌って励ます夫と、釣られて口ずさむ死の床の妻。天井には夜空と流れ星のセット…こーのー一生だーけーでは~は流れなかったけど、誰がどう見ても命のリレー…マニアだけか。

しかし、サスペンスはなかろう…ミステリー?…ホラー?…コメディ?(^^;
e0001663_19233366.jpg
中学生の頃から用いているサイン…こういうのサインって言うのかなぁ?花押?そんな大層な…猫なのかなんなのか、とにかく教科書にもノートにもカバンにもテニスラケットのカバーにも書いてた…ダサい?

手紙も議事録も自筆で書くことが稀になった昨今でも、クレジットカードのサインやホテルの宿帳で署名をする機会は多い。そんな時こそこれ使えば良いのだが、ちょっと気が引ける…まして銀行借り入れの連帯保証人の欄には…無理ですな。

で、今は飲み屋のボトルキープに書くくらい…これは、御苑のオンリーイエスタデーの私のボトルを飲ませろとの某氏のLINEに、このサインのあるブラックニッカだよー、と週刊誌の裏に書いて送ったものなり。
e0001663_19195601.jpg
60オフ常連のGさん、この度大阪への転勤が決まったとの報を受け、ささやかながらの送別会を催す。大企業の転勤情報は直前まで絶対社外秘、決まったら一週間で引越しする…とのことで、多忙を極まるGさんの隙間があったのが7/10の月曜日…平日、しかも直前の月曜日では余り集まらないかも…そん時ゃ2人でやりましょ、とお声掛けしたところあっという間に11人増えて、総勢13名の盛会となる。とりあえず取っておいた我が社の食堂「西八丁堀八眞茂登」…2階貸切でもキャパ15人…うち二席は炊飯器とポットの置場となってる…ぎりぎりですな。

これも明るく元気な会の人気者Gさんのお人柄。会は乾杯前から大盛り上がり…一杯も飲んどらんのに(^^)式次第もなんにもなしになし崩しに始まり、用意された色紙に皆で送別の辞を書き足して行く。なんか今生の別れのような切ない気持…にはとてもならないな。1階のお客様が居なくなったのを見計らいみゆきアカペラ大合唱まで始まる。「慕情」から始まって出るわ出るわ…そりゃ、カラオケオフ会で出会ったみんなだもんな…こうなることは想定内^^。

転勤、ってったってたかが大阪。わしゃ週に二回トンボ返りしたりしてるぞ。と、大阪での歓迎会を催すべく模索…東京と大阪で送別会と歓迎会の幹事できるとは冥利に尽きる。セパ両リーグで首位打者獲るようなもの?…そんなに偉くないか。ま、Gさん栄転をきっかけに大阪みゆき界が盛り上がってくれるといいね…待っててねMMさん(^^)/


e0001663_16193929.jpg
その箱根強羅にて。同行のお客様とランチ…何にも考えず歩いて見つけたステーキ屋さん。itoh dining by nobu…伊藤信夫さんのお店?あとで調べると京都にもお店を持つスーパーシェフさんのお店、おされなお客様にちょうどよい、カッコいいと入店。結構お待ちの方がいて30分ほどで席へ。

当たりでした♪黒毛和牛ステーキランチ、前菜サラダにスープ、中菜(?)のパスタ、とても美味しいパンに珈琲が付いて¥3,500-…観光地価格じゃないぞ、とてもリーズナブル。お店のインテリアもシンプルでおされにまとまり、サービスのおねいちゃんも愛想よい。こんなところで運を使ってしまいましたので、今後ともよろしくh社長^^;



e0001663_18454137.jpg
土曜日。箱根強羅へ温浴施設視察…毎日あちこちうろうろ…お仕事熱心なのか遊んでるのか(^^;)

本日のお題「箱根強羅温泉 楽々花(ららか)」。強羅と言ってもちょっと外れた場所。看板も案内もなく外観も安物の国民宿舎風情。日帰り入浴1,200円/人、あまり期待はできんな…と、失礼しました。なかなか素晴らしい佇まいの宿、とお風呂でした。

どこかが古い宿をリノベーションしたのかな?ロビーからの大文字の眺望は、箱根広しと言えど屈指のもの。大浴場、露天風呂はコンパクトではあるが、開放感たっぷり。なにより…源泉掛け流しの白濁湯の力はなにものにも勝る。成分は塩化物泉でさほどの濃度ではない単純泉。温泉は成分分析だけではわからないんだなぁ。

あ日帰り入浴の時間ぎりぎりに飛び込んだこともあり、完全貸切で微かな硫黄臭のお肌すべすべ、箱根をあとにしました。

e0001663_18454817.jpg