e0001663_2123164.jpg本日は軽井沢へ出張。H工事の当面の設備リニューアル工事、無事完了。V工事も杭が始まりやれやれ一安心・・・の記事を書こうと思ったが、昨夜から続いた訃報4連発に心沈む。いずれも何のゆかりも無い方々なれど、各界でユニークな活動をなさった方ばかり。時代は確実に動いている。

今朝の新聞には米原万里氏と岡田真澄氏。夕方のニュースで今村昌平氏。夕刊で元鶴ヶ峰の井筒親方・・・ファンファンももろ差し名人も懐かしいが、今村映画の終焉はじーんと来てしまった。e0001663_21215881.jpg年齢的に初期のものは見逃しているが、「青春の殺人者」「復讐するは我にあり」以後の作品は殆ど観た。鑑賞後の感想は・・・どれも痛い!・・・最初に見た緒方拳の印象が強すぎ、それ以降の犯罪者描写がどれも物足りなく思えた。(パピヨンのマックイーンは犯罪者ではないが、迫力は競る。)最後に見たのは「赤い橋の下のぬるい水」か・・・。最後まで枯れない監督だった。もう一作だけでも観たかった。
ということで、今日は服喪。
ネームカードに載せてる写真の評判がすこぶる悪いので、適当に見繕って入れ替え。これでどーじゃ!・・・前のはとってもお茶目でキュートだ、と思ってた私がヘン?

公開している以上、読者の反応に素直になろう。最低でキモワルだったそうだ。加えて左上にあるロゴ画像。ここは一体何を載せればいいの?・・・初め、ムンクの「叫び」を載せていて何だか自分でもアブナイヒトのブログに見えてきたので、大好きなボッシュの「放蕩息子の帰宅」に入れ替えているのだが・・・。「放蕩亭主の帰宅」だって?・・・うーむ。
e0001663_19575628.jpg競馬を見始めて40年、府中東京競馬場でのダービー観戦初体験!3週間前になんとなく入場券を買っておいたおかげ。馬は世につれ世は馬につれ、で現場で観戦した今年はまさに私にとって画期的なダービーとなった。15万はゆうに入ってた(?)大観衆、7レースくらいから参加、およそかすらぬまま本番を迎える。

e0001663_2024027.jpgディープインパクト一色だった昨年と比べ戦国ダービーの呼び声高い今年、こんな年は意外と本命サイドで決まるんだよな、と過去の思い出だけに頼った予想。しぶといメイショウサムソンは当然本線・・・で素直に買えばよいものを、ヤマっ気たっぷりの読みは連を外さぬドリームパスポートへ向かう。「夢旅券」の名前に惹かれたのか、愚か者!
←念のためパドックでドリームさん撮影

e0001663_206549.jpgスタートしばらくの写真だが、2番手に評価した青葉賞のアドマイヤメイン、しぶとく逃げる。ややスロー。直線に入っても粘れる脚質と、重い馬場に期待は高まる。直線、ほかの先行馬が脱落する中、期待通りメインは粘る。・・・と、皐月賞の再現、きっちり差してきたサムソンの二冠達成とあいなった。夢旅券は3着・・・うー、かすったぞ!こういうかすり方は来週に引きずる。

自宅でメール注文してきた新保先生的中!府中まで電車乗り継いで出かけた社長、口惜しいオケラ街道トーボトボ。しかし、やっぱりナマは素晴らしい。青年よ、場外を捨て馬場に出よう、って、何のこっちゃ。
ただし、2分27秒は遅いぞ。レベルはここ二年に比べかなり低かったのかも。
朝からC興産諸氏と夢プロジェクト打ち合わせ。夢は拡がるどこまでも。実務認識ばかりのデザイナーと夢見る夢クライアント。反省しきり。来週頑張ります、はい。

e0001663_1351758.jpgゆったりなので、先週に引き続いての恩田陸世界。「ライオンハート」読了。解ったぞ、こいつ。「歴史オタク」だ。何故かあとがきで「歴史の苦手な私・・・」と述べておられる。これは本心であると同時に照れ隠しだろな。歴史の事象に対するアプローチが教科書レベル、しかも男の子の領域ばかり歩いてる。「ねじの回転」で思ったことは間違いでは無かったよな。

話はよくできている。発想、組立てとも非凡。が・・・もう少し練ってもう少し長いドラマにしても良かったかな。せっかく出逢った二人をもう少し遊ばせてやれよー、とはエンタの世界の意見。・・・少し薄い。
e0001663_17585779.jpg朝から東金エストーレホテル訪問。火急の用件は無いが、明日に向けての布石一手。また手薄い布陣で風呂敷拡げてからに…碁風は仕事にも通ず。
川勝総支配人に館内、とりわけこのホテルの目玉、チャペルからバンケットを案内していただく。自然の緑を借景で取入れたチャペル秀逸。木質系ではあるが安藤の水の教会彷彿。外観はモダン、ミースなくらいモダン。内装のトラバーチンにバルセロナパビリオンがよぎる。水の扱いはモダンではないが、東金の自然が生かされ、ホタルの時期は素敵な水辺になっていそうだ。ヤブ蚊も来そうだけど。

続きだよ
【この項ネタばれ注意!】
e0001663_1429447.jpg←恩田陸、初めて読んだ。面白かったぞ!2・26事件を題材にしたタイムトラベルもの、と言えばまさに宮部の「蒲生邸事件」と重なる。文庫カバーの写真を見ると、まぁまるで宮部サンがダイエット失敗した写真。そっくりに見えたので、恩田未読の私は同一作家が、別名で書いてるのかと、本気で思った。(ドルリー・レーンみたいに。)読むと別作家なことは明らか。・・・で、これは間違いなく「蒲生~」より面白かった。
ロマンは宮部作品の方だけど、2・26と言う実在の事件のドラマ性を際立たせている意味でこちらに軍配を上げる。タイム・パラドクスは最後の80年遡行のくだりでわずかだけしか語られず、本格SFファンからは謗りもあるだろうな。あと、作家の思想についてまったく未知だが、アメリカについては、かなり明快な批判精神で語っている。SFを離れて現代社会の批評っぽくもあった。歴史上の人物の中で、私が贔屓にしている石原莞爾が主要な役割で登場するのも嬉しい理由かな?しかしチャンスがあっても東条を暗殺はしないだろ。ちょっと短絡。最初の「聖なる暗殺」は、誰を殺したのか?・・・おそらくは○○○ー。ヒントだけで説明が無かったのは、本筋には関係ないかもしれないが、欲求不満のタネだね。
是非、もう一冊読んでみよう。
e0001663_9313350.jpg夕刻よりイデア設計館野氏来社。今後の両社の協力関係について、前向きに検討することで合意。まるで日中首脳会談のようだが、会談はすぐ終了、歓迎レセプションとなったのもいつもどおり。村上氏を交え4人で歓談。新保大使、レセプション外交得意。・・冗談はさておき、イデア事務所は当社にとって、まことにかけがえのないパートナーだと実感。これからも美味しいお酒飲みましょうね。

               「日本海庄や」にて。→
2社が合併したのかな?三井住友銀行みたい^^
およそ勝負事の全般について極端な才能の無さを自覚している。麻雀、将棋、囲碁、パチンコ等、技術の習得を要するものから、宝くじ、競馬、ゴルフの握りに至るまで、勝った記憶が殆ど無い。麻雀にいたっては、カモがネギしょってコンロに火をつけ、タレをかぶって鍋に飛び込むが如し。麻雀を社技とする(?)C興産の面々も気の毒がって最近お誘いが無い。(ま、逃げてるんですけど。)

中で、学生時代に出会い魅せられた「囲碁」については特にその上達なきが最も哀しい。当時は木谷一門全盛、石田、武宮、加藤の三羽烏に続き、小林光一、趙治勲がぐいぐい台頭してきていた頃。迎え撃つ林海峯、大竹英雄、重鎮坂田と藤沢秀行ますます健在、と、今思えば、戦国動乱の囲碁黄金時代だったように思える。

碁の何に魅せられたかというと、筋道に従って構築される盤上の美しさ、だと思う。自分が一手打てば相手も一手打つ。自分が壁を作れば、すぐ傍に敵の壁もできる。スキマを空けて打てば大きく囲えるが、手薄となり敵の侵入を許す。固く城壁を築き、いざ攻撃、と思っても時期を逸すれば戦線に立ち遅れ惨敗を喫する。原点が石取りゲームである以上、緻密に手を読み、目数を計算する理科系の努力が必要なわけだが、これを苦手とする私が上達できなかったのは蓋し当然ともいえる。

傾向としては、主に序盤の布石段階、目一杯に広げて薄っぺらな布陣を張り、中盤以降ほぼ攻められまくり。この石さえしのげば勝てたのに~、のパターンが多い。中盤、石の競り合いになり手の読み比べをすべき時に、どこやらの新聞・雑誌で見たカッコいい手(筋ばった手と言って最悪らしい)で墓穴を掘り、一瞬で全局を失ったことの何と多いことか。

泣き言を言うと、職場、家庭に碁敵がいなかったことが残念。10数年前、9路盤から囲碁の手ほどきをしたNK設計落合氏は、隣人福岡氏という格好の碁敵を得たおかげでめきめき上達。私はというと、星目置かせてた相手に、今や置石置いて打たざるを得なくなった。悔ぢいが、しょうがない。と言いつつ、次に打ったら絶対勝ってやる~、と闘志が湧いてくるのも好きな証拠。
落合先生、是非今度揉んで下さい。
あまりの予想下手に、あちこちの競馬有料メルマガがトラバつけてくれた。どんどん増える。有難くて涙出ます。ダービーまでの予想の練習に・・・唐突だけどポスト小泉を予想してみる。結果出るのは9月、馬より当たるや否や?

予想はここ
昨日日曜日午後より伊澤氏邸打合せ。2時から始めて6時までのロングラン。すっかり跡形も無く平面が変わり、ほぼふりだし。新保先生共々がっくり。
e0001663_9375969.jpg
6時になって、伊澤氏連休帰郷の折に富山より仕入れてこられた吟醸酒試飲品評会へと移行。新保先生共々にっこり。このメンバー、試飲が試飲で済むはずも無く、瞬く間に酩酊。久し振りの日本酒に今朝になっても余韻あり。即ち二日酔い。

おまけで
快晴の日曜日、朝からゆるゆると過ごしてる。午後からは伊澤氏邸の打ち合わせ。

で、今日。これまたあたったためしの無いレース「オークス」。昨日買いに行く余裕が無くまたしてもケン。戯れに予想を試みる。
3歳牝馬の2400、ほとんどの参加馬は2000までしか経験が無く、これまでの実績もマイルまでのG1,G2で格付けされている。古馬になって牡馬と対等に活躍できるだけの素質・スタミナがなかなかこの時点で見えない。かと思うと、桜花賞からぶっこ抜いてしまうやつも居る。最近の傾向からは桜花賞からの直行・善戦組に利があるようだが・・・普通に考えれば、アンカツ~武のキッス-キッスが本線だとは思うが、敢えて今回関東のコイウタからはどうだろう。桜花賞3着、横山の秘めたる闘志に期待。キッス・キッスは買わない。(ケンだから勝手な予想^^)
ヒモは久々シークレットコードとヤマト、ブロンコーネの2000経験フローラ組。馬単ウラオモテの¥6000勝負!どやっ!

なんか、予想サイトのトラックバックいっぱい付いたけど、あんまり予想下手だから気の毒に思ってくれたのかしらん・・・カワカミからパンドラだって。かすりもせんかった。
今週はダービー、道険し。
・1年前まで所属していたものの、何ヶ月も会費を無駄にした苦い記憶のコナミスポーツ銀座。設計健保の特典で、1回1,000円で使えることを知り、今日勇んで行かむ!と決意して事務所に出勤して来た。が、何と・・・

続き
いささか旧聞に属するが、村上ファンドによる阪神電鉄株買占め、ならびに役員送り込みと経営権取得構想について、異論反論オブジェクションが喧しい。阪神側がこともあろうに・・・

こともあろうに!
再び猪苗代へ。本日は快晴、さわやかな観光日和。ちと早く着き過ぎて待ち時間ができたので、この地の観光の目玉『野口英世記念館』見学。

e0001663_10221117.jpge0001663_10225842.jpg
茅ぶきの生家に巨大な天蓋を掛け保存を図っている。壁は無いのでどの程度保存効果があるかは不明だが、観光資源としてでもこういった一般民家が残されているのは貴重なり。野口博士の業績についてはガイドブックでこれから勉強。国内では毀誉褒貶さまざまあれど、先般小泉某のガーナ訪問の折りに「ガーナで野口博士の名前を知らぬ者無し」の報道には、我が浅薄なる「愛国心」もいささか鼓舞される。

遠足、修学旅行の定番、火傷して泣き叫ぶ清作の人形がある、とか聞いていたのだが、内部の展示物はそんなあざとさは無く好印象。職業柄、保存民家ばかりに気を取られ、記念館展示物をすっ飛ばしたのは被御免。いや、なかなか味のある民家古材じゃな、今回の内装にもってこい・・・といけないことを考えてたら、センターの三浦社長より現地で解体民家の古材を保存している方が居るとか。・・・内装イメージがこの瞬間一変、柿渋系のクリアな街並みは久米蔵系のダークな街並みとなった。・・・いいのかな?

e0001663_1047416.jpgホントの用件、滝沢氏の実験立会いは見事に大成功。常識を覆す予言の的中に、彼を紹介した私も面目躍如!顔に似合わず誠実で間違いの無い仕事をしてくれる。

           はて、何の実験でしょう??ヒ・ミ・ツ→
今日は朝から成田。どこへ飛び立つわけでもなく、建設会社、銀行の方々に連れられ、初めての客先へ訪問、セールス活動。突然現れた馬の骨設計士の話に真摯に耳を傾けていただき、感謝。当該地の視察を続いて行う。わずかな起伏の土地、建設上の工夫を要する、と共に、これを歩いて視察する体力の要請も火急!
ダイエットおぉぉ!

e0001663_21195941.jpg昨日緊急入院した我が家の愛娘・・・犬だけど、子宮蓄膿症とやらで、本日緊急手術となった。6歳のオバサン処女犬。最大の取り柄の食欲がこのところ減退し、一昨日はまったく餌を食べない。獣医にてレントゲン撮影の結果、子宮が腫れて胃を圧迫して危険だとか!かなり焦ったが、本日昼間、家人のメールで無事手術成功との知らせ。卵巣、子宮とも摘出せざるを得ず、とても可哀想だが、最悪の事態は免れて安堵。

↑こんな画像貼り付けてちゃ遺影みたいで縁起悪いな。でも可愛いでしょ。